演歌百撰ロゴ字だけ












皆様、おはようございます。

12月2日㈬に発売されます
デビュー40周年記念新曲
<さよならはまだよ>
MVが、発売に先駆けて
テレビBS11チャンネルの
歌番組「演歌」にて
初の公開放映となります。

メインは伍代夏子さん。
他に、山崎ていじさんも。


11月28日㈯20:30~21:00
BS11テレビ「
演歌

11月30日㈪21:30~22:00
ラジオ関西「演歌
撰」

12月12日㈯17:00~17:30
ラジオ大阪「演歌撰」



<さよならはまだよ>は、
演歌ではございませんが、
<手をつなごう・三面鏡>
同様、良い歌はジャンルに
関係なく放送したいとの
姿勢で、関西放送さんが
制作されており、特別に
お世話になったことも含め、
お礼の意味も込めまして、
CD発売前に、出演させて
頂くことに致した次第です。

もう明後日ですので、ぜひ、
観てみて下さいね(*^^)v

IMG_9263
















































    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

FullSizeRender





















皆様、こんばんは。

今夜も、我が歌番組を
ご視聴頂きまして、誠に
ありがとうございます!

今回は生歌ナシでしたので、
期待してくださっていた
皆様には、物足りなかった
かもしれませんが、楽曲が
素晴らし過ぎると、結局
誰が歌っても、満足のいく
充実した内容になるのだと
改めて納得した次第です。

とりあえず、まだ写真は
撮っておりませんので、
セトリだけお知らせします。

インターネットTV歌番組
第243回「新・ミナキーの
洒落と歌の日々」筒美京平
作品特集第4弾!(最終回)

①望むものはすべて「ヒデとロザンナ」
②あの場所から「Kとブルンネン」
③だからわたしは北国へ「チェリッシュ」
④愛の挽歌「つなき&みどり」
⑤かもめ町みなと町「五木ひろし」
⑥ともだち「南沙織」
⑦こころの炎燃やしただけで「尾崎紀世彦」
⑧リップスティック「桜田淳子」
⑨よろしかったら「梓みちよ」
⑩女優「岩崎宏美」
⑪枯葉のうわさ「弘田三枝子」
⑫誰も知らない「伊東ゆかり」
⑬黄色いレモン「望月浩」

また改めて、写真付きで
ご案内致しますね!(*^^)v

FullSizeRender





















































    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

FullSizeRender
























皆様、今晩は。

新型コロナウィルス感染を
恐れて8ヶ月もの長い期間、
休止していた我が教室も
今月から再開し、命懸けで
生徒さんたちが通って来て
くれるようになりましたが、
本当にありがたいことです。

まだ再開していない教室も
ありますし、コロナを機に
やめてしまわれた方もいて、
寂しく思っておりましたが、
たんぽぽ教室再開に続いて、
古くからの生徒さんが多い
船橋教室のレッスン風景は
心温まる大切な空間です💗

新しい生徒さんも来られて、
活気ある一日となりました。

FullSizeRender














歌のある暮らしは何よりも
幸せを呼び込み、魔を斬る
力を生み出すものであると、
このコロナ禍に改めて確認。

怯えるのではなく注意して、
歌と向き合い、付き合って
行くことを、強要したりは
しませんが、推奨致します。

何度も歌に命を助けられて
今日まで生きて来られた私。

でも、歌だけでは生きては
来られなかったでしょうね。

同じ思いで歌を大切にする
方々が支えて下さったから
ここに私は居るのでしょう。

コロナ感染者が寒さと共に
増えて来ることはあっても
まだ収束するすべなどなく、
また生活困難者が私を含め、
多くなることと思いますが、
決して自ら命を投げ出すと
いうようなことはしないで
頑張ってほしいと思います。

新曲「さよならはまだよ」

どんな困難に見舞われても
生きることをあきらめずに
頑張ろうという願いを込め、
デビュー40周年の令和2年、
12月2日㈬に発売されます。

たんぽぽ教室、船橋教室の
次回のレッスン曲は、勿論、
「さよならはまだよ」です。

ミナキヴォーカル教室は
12月も元気に開講致します。


いらすとや 合唱団2015.8.11
















各教室への参加申し込みは、
ミュージックアトリエ・ミナキ
090-4545-3131 まで。



















    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ