FullSizeRender

















皆様、今晩は。

考えてみますと、
なんて寂しい誕生月!

今年はコロナウィルスの
せいで、デビュー40周年を
飾るバースデーライヴも
開催出来ず、誰にも祝って
もらえないバースデーと
なりそうで、初めてのこと。

ハッピーバースデー20150724③












恐らく、他のことでも
寂しい想いをされている
方々が多いかと思いますが、
めげずに頑張りましょう!

新型コロナウィルス感染者、
またも100人以上となり、
レッスンを再開することも
ライヴを開催することも
またしばらく延期となって
しまいましたが、いつかは
ワクチンや特効薬が出来る
と信じ、ウィルスに負けず、
生き抜くしかありませんね。

今日の命に感謝を捧げて、
笑顔で明日を迎えましょう。

おやすみなさい(-_-)zzz

FullSizeRender

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

FullSizeRender
















皆様、今晩は。

振り返り日誌は一旦休止し、
今年後半の初日でもある
7月1日の今日から、また
改めてリアルブログ書きを
スタートさせて頂きますが、
どうぞお許しくださいませ。

FullSizeRender














昨日は、夏越の大祓式は
新型コロナウィルス感染
防止対策として、中止と
なりましたが、茅の輪は
自由にくぐれましたので、
毎年訪ねている野田市の
櫻木神社へ行き、個人で
大祓の儀式が出来たこと、
そして、久々に丸嶋屋の
最中を購入出来、しかも
仏蘭西料理で厄落としが
出来たことなど、大祓に
相応し過ぎる吉日となり、
楽しく有意義な一日でした。

FullSizeRender














ところが、今日は暗転して
インターネットTV歌番組
ミナキーの洒落と歌の日々、
照明のせいなのか、本人の
せいなのか?酷い顔をした
私が喋り、歌っていました。

IMG_6100












昨日はあんなに楽しいこと
ばかりで、今日はこんなに
愕然とするような出来事が
起きるなんて💧一寸先は闇。

気持ちが落ち着きましたら、
今日のセトリを公開します。

番組は勿論、ご覧になって
頂きたいのは山々ですが、
あまりにも老けて見える
私の姿を晒したくはないし、
そっとしておこうかと(笑)

とりあえず、半夏生の今日、
ブルーな気持ちでスタート。

明日はきっと良い日になる
と信じて、頑張るのみです。

FullSizeRender







































    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

FullSizeRender













【本日お薦めの逸曲№17】



 今夜の雨はいい奴
「沢田研二」

作詞:岡田冨美子
作曲:加瀬邦彦
編曲:後藤次利


リリース 1980年7月21日

スタジオ・アルバム
「BAD TUNING」から

インターネットTV歌番組
ミナキーの洒落と歌の日々


2020.6.24㈬第222回放送
テーマ:沢田研二さん特集
お誕生日イヴを記念して🎂

こちらからもご覧頂けます。
  ↓  ↓  ↓  ↓
https://www.ustream.tv/channel/22002572

IMG_3696











梅雨真っ只中で
コロナウィルスも
蔓延っている今年の6月。

ジュリーのお誕生日は明日。

解説の川倉浩輔さんとは
リモート通信での放送と
なり、画面でジュリーへの
お祝いをさせて頂きました。

LIVEも中止となり、
今年は寂しい限りですが、
こうしてジュリーの甘く
気怠い歌声を聴くだけでも
慰められますね💕(*^^)v

雨のしずくの窓ガラスの向こうに黄色い町の灯











この曲は、お馴染み、
加瀬邦彦さんの作曲ですが、
歌謡曲調のスローバラード。

作詞は、岡田冨美子さん。

岡田さんは野口五郎さんの
「泣き上手」も書いており、
野口さんの歌の中では、
グッドラック、青いリンゴ、
オレンジの雨と並んで
好きな曲の1つなのですが、
岡田さんが男性を主人公に
した歌詞を書いてくれると、
女心を鷲掴みにしてくれる
言葉がふんだんにあるので、
好きな作詞家のお一人です。

雨の日にダラダラと聴いて、
「今夜の雨はいい奴」か
どうか、感じ取って下さい。

「沢田研二さん特集」
次は8月19日です。
川倉浩輔さん、次回も
宜しくお願い致しますね♬

FullSizeRender





























    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ