今日の豪雨は凄かった((゚m゚;)…この頃、気象が不安定で何が起こるかわからず、恐ろしいと思うと同時に、改めて自然には逆らえない人間の非力というものを感じている。雨雷台風


八月もあと少しで終わる…いよいよ本格的な台風のシーズン到来だ。


歌謡界で台風の目となることを期待されている翔子ちゃんも、そろそろキャンペーンに向けて準備しないとならない頃だが、骨折だけではない為、なかなか足の腫れが退かずやきもきしているらしい。


明日は、アースメイトのカラオケ大会。午後は雨も上がると言うが、花火大会はどうなることか?  隅田川の花火大会も明日だけど、さあ、如何なものでしょう(?_?)

夏の終わりを有終の美…有終の花火!?打ち上げ花火で飾ることが出来るでしょうか(^o^;)

 

あー夏休み チョイト終わらないで もっと まだまだBABY 音譜


水木翔子、明日、復活です☆-( ^-゚)v ちょっとだけよドキドキおとめ座


からんこも歌うから、みんなも来てね~ベル


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


からんこのブログ-20110825205221.jpg
1958(昭和33)年の今日、日清食品が世界初の即席ラーメン(チキンラーメン)を発売したとのこと。


どうせなら、前の年の32年に発売してくれたらよかったのに…酉年なのでチキンラーメン誕生に相応しかったんじゃない!?


右の写真は瀬戸田博さんですが、チキチキのチキン年であります。


私はチャキチャキの江戸っ子美容院 


若い頃はチョキチョキと髪をカットするのがチュキチュキ大チュキでしたが、近頃はトシのせいか、ショートカットにするとオバサンのようになってしまうので、長い間?ロングで?過ごしておりますおとめ座


広島では翔子ちゃん共々、大変お世話になっているからんこですが、今日はお祝いに駆けつけることが出来ず、とっても残念です(_ _。)


一見、恐そうに見えるらしいけど、実にやさしく、親切で、義理人情に厚く、ユーモアもありの魅力溢れるキャラでありまして、可愛い奥様と賢い息子と美しい自然に囲まれて暮らしておいでです。


からんこは思います。魅力的な人の周りには必ずそれを支えるさらに素敵な人たちがいっぱいいて、その人間力を互いに高め合うすべを無意識のうちに発信し合いながら交流しているから、自然と魅力が磨かれ、輝きが増すのだと。(*^o^*)


瀬戸田さんも、翔子ちゃんも、素晴らしい仲間や応援者に囲まれているからこそ、その輝きを維持することが出来るのでしょう。


お客様やファンの方に感謝!ですね(^∇^)ドキドキもちろん、家族にも。


翔子ちゃんの家族は生徒さんだね。故郷は広島。

そして、恋人は瀬戸田博さん…の息子、未來くん(///∇//)…(翔子ちゃんが勝手に思っているだけです。未來くんが小学校を卒業するまでは胸に秘めておくとか…)ずっと秘めておきなさい!(-""-;)


瀬戸田さんの奥様は翔子ちゃんにとって実の妹のようだし…(*^.^*)本当の家族がいても邪魔者扱いされているような人たちに比べたら翔子ちゃんは幸せだと思います。


それは、翔子ちゃん自身が知らないうちに、幸せになる努力をしているからですね(=⌒▽⌒=)きっとチョキ


ところで今日、からんこはローソンの焼うどんを食べました。

お肉にもしっかり味がついていて、野菜も多く、美味しかったこと!о(ж>▽<)y ☆ 

これで398円目…や、や、安すぎる~ヽ(゜▽、゜)ノ…

どうせなら即席ラーメンにしろって!? 

それもチキンラーメンねラーメン 

酉年の瀬戸田さんの話題に免じて許してちょーだい(;^_^A


そう言えば、トシ、バラしてしまったけどマズかったかな~!?…(°Д°;≡°Д°;)


最近のお気に入りは「ジェラシーライト」 水木翔子作曲・コーラス付きであります音譜


広島では、美しい奥様と瀬戸田さんのファンの方々がコーラス隊を結成、なかなか華があって好評だそうですチューリップ黄チューリップ赤チューリップ紫


瀬戸田さんの趣味は、カラオケDAMに自分のオリジナルを入れること。


翔子ちゃんが、お誕生日に寄せて新曲を作っているそうですので、お楽しみに~ヒヨコ音譜



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


からんこのブログ-20110814145232.jpg
昨日、22日の分を今朝2時に書くつもりでいたが、メンテナンス中ということで、とうとう1日分を空けた恰好になってしまった…

( ̄ー ̄)


とりあえず、からんこ日誌が続いているだけでもスゴかったんだけど、出来ればその日のうちに書けるといいのに…と思いますメモ 


22日に書いておけば、確実だったのに。


さて、今日は処暑ですね。


昼間はなるほど、残暑が戻った感がありましたが、暦の通り、今のこの時間、風がひんやりとカーテンを揺らし、足元を冷たい指でくすぐるようにすり抜けてゆきます彡


夏の花たちも、心なしか過ぎる季節を惜しむかのように美しくイキイキと咲いています。


セミたちも今とばかりに鳴いています。


夏は短い…短いからこそ輝く命ドキドキ


それにしても、戦争では多くの若者たちが尊い命をお国の為にと捧げ、短い一生を終えましたが、果たしてそれは輝いていたのか?…


花のように無心に咲いて散れたのか?…この時期、多くの戦争体験者の話を聞くと、なんだかやりきれないものが込み上げてきます。


今年は行けませんでしたが、私は毎年お盆に、千鳥ヶ淵にある戦没者墓苑に参拝しに出掛けます。


きっと誰もが心の中では戦争を憎んでいたはず。


同じ人間同士が殺し合うなんて惨いことだとわかっていながら狂気の世界へ突き進んでいった日本人。


何故?…と私たちが思うように、兵士たちもあの世を彷徨っているに違いない。


何故?何故?何故こんなことになってしまったのか⁉…


ましてや、家族の元にも帰れない無縁仏の魂は成仏できるわけがない。


だから、せめてもの慰めになればとお参りに出掛けるのです。


山の端の 日の嬉しさや 木綿とり     浪化


綿がふき始める頃らしい。


成仏しきれない霊魂を、せめて綿のようなふっくりとした思いで、その哀しみを包んであげられたら…と思う。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ