66年前の今日、8月15日、日本は降伏した。

終戦記念日は、お盆でもある。戦争という名の悪魔に命を弄ばれた人たちが、家族の、子孫の元へと、帰ってくる日だ。

兵隊も、民間人も、多くの犠牲者を出した戦争。生きながらにして地獄だったその魂は、果たして成仏できたのであろうか…

未だ見つかっていない亡骸は数えきれないという。おそらく自分が死んだことすら判らずに、その霊たちはさ迷い歩いているのではないか?

お国の為にと言いながらも、無謀な戦略で、負けると判っていながら、家族を残し死ななければならなかった兵士の無念さ、また、民間人でありながら殺された人たちの恐怖…そして、原爆症でこの世を去った人たちも含め、あらゆる死に方で戦争の犠牲になった、途方もない数の霊魂の慟哭を、慰め、鎮めるために…祈ろうお月見

あなたたちの犠牲の上に、私たちは生かさせてもらっているのだと感謝して。

あの時代、誰もが飢えていた。敵と戦う前に餓死した兵士たち、親を亡くした子供たち…泥棒でもしなければ生きてゆけなかった子供たちを誰が責めることなど出来よう。

私も、家出した遠い昔、独り暮らしのアパートで病気になり、お金も無く餓死寸前になったことがあるが、食べられないほど辛いものはない…と、つくづく思ったものである。

口福こそ、幸福。自分の口で美味しいと感じながら食べることの出来る幸せドキドキ…  家出したものの、私は情けなくも餓死寸前で家族に降伏したのでありました(;´Д`)ノ

明日は、ご先祖様や所縁の精霊たちがお帰りになる日。せめて、精いっぱい用意したお供物を食べてから出掛けてもらいたいと思います。おにぎりリンゴぶどう

この時代に生かさせて頂いていることに感謝しながら、御下がりのおはぎをご馳走になりま~すo(〃^▽^〃)o  合掌 ベル 満月

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ひなびた温泉巡りをしていた頃は、お盆休みだというのに、ご先祖様の供養もそっちのけで旅をしていたものだった。


お盆休み=夏休みという感覚だったのだから、私たちは罰当たりな子孫である。

でも、一番近い先祖とも言えるおばあちゃんを、いろいろな温泉に連れて行ってあげたのだもの、生きながらにして供養できて良かったんじゃないかと勝手に思っている次第であります。(b^-゜)


満月を見ながらの露天風呂は最高でっせ~(≧▽≦)音譜お月見


どんな時代にあっても、月は私たちの心を見つめるように照らしてくれてきた。脳天気な私たちでさえ、すべてを許してくれるかのように。


今もなお、東日本大震災による被害に苦しむ人たちがたくさんいるが、その地を、浜を、まだ見つかっていない親族の魂を、月はどういう思いで照らしているのか…


東北の温泉を旅した頃、美しい満月を見ながら露天風呂に入る度に言ってた口癖がある。

「こうして温泉に浸かりながら死ねたら本望だわ」満月温泉


火山国でもある日本が、地震が多いのは当たり前。

だから、大の温泉好きだった私はいつもそんな風に覚悟はしていた。


でも、今はそんなことが言えない心情である。


もう長いこと温泉に入ってないが、本来、お盆というものは家に帰ってくるご先祖様の御霊をお迎えするもの…

お月様と共に、このお盆は我が家で先祖供養に努めようと思います。(。-人-。)


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

から~ん…こ温泉…やはり温泉は真夜中に1人で入るもの…と思っていた時期がありまして、うす暗い大浴場にこわごわ入りに行ったものでした(^~^)

今日もからんこのブログは朝ブロに入りそびれて、真夜中のブログとなってしまいましたが、とりあえず続けることが大事と言い聞かせて、深夜ブロに入ってま~す星空温泉


ところで、30年以上前の温泉は、まだまだ本当にひなびていて、深夜に入ると、「この温泉は全部自分の物」と勘違いしてしまいそうな錯覚に襲われまして、疲れた手足をいっぱいに広げ、栄養のありそうな?湯気を鼻からも口からも吸い込み、ふう~っと大きな溜息を吐く度に、《ホットスプリングス・エクスタシー》を感じていたものです( ̄▽ ̄)=3ドキドキ

さすがに、まるっきりの露天風呂は、いつ熊に襲われるかわからないこともあって、1人では深夜に入りに行こうとは思いませんでしたが、半露天風呂はたいがい旅館の中にありますから、皆が寝静まった頃、よく温泉を独り占めしましたね~(‐^▽^‐)音譜


例えば、福島の土湯に近い川上温泉。比較的きれいな半露天と、泳げてしまいそうに広い大浴場。本当によく泳いだものでしたよ≧(´▽`)≦もちろん裸でビックリマーク

萩の間という一番奥にある客室には、小さな内風呂が付いていて、いつも湯船から滔々とお湯が溢れ出し、髪を洗ったりするには落ち着いて入れてよかったv(^-^)v

おばあちゃんが生きていたらもう一度連れて行ってあげたい温泉の一つです温泉

どこかに温泉へ行った時の写真があると思うので、その内お見せしたいと思います。

では、また~(@ ̄ρ ̄@)zzzz おやすみなさい満月

から~ん…こ(真夜中の浴場に響く桶の音も大好きなからんこです)ベル 


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ