今日は八月八日、立秋。


からんこのブログ-20110808165815.jpg


暑すぎる~ヽ(;´Д`)ノ晴れ でも、今日は何となくいい予感のする末広がり月日ですドキドキ

翔子ちゃんも、今日は真面目に?足を休ませているとか…( ̄▽ ̄)=3


それにしても、私は幸せだな~と、つくづく思います。


人類の長い歴史の中で、戦争にも遭わず、四季の美しい日本の中心、東京に生まれ、努力さえすれば何でも手に入る暮らしが出来るという恵まれた世代。


ところが、水木翔子の歌「手をつなごう」の歌詞のように「見えない敵におびえて暮らしている」人はたくさんいるのです。


この度の東日本大震災による原子力発電の放射能漏れ。


これは福島に限らず、世界中の原子力発電所に携わる人や国を震撼させました。


「見えない敵」は、地震や津波そのものとも解釈できますが、そういった天災よりも恐いものは「人」です。


豊かな暮らしの為に日夜開発されてゆく文明機器。


豊かな暮らしは粗末な心を生み出し、便利な通信器具は情報過多の電磁波で人間の脳を破壊し、知性が知能に支配され、人そのものがロボット化してゆく…


そんな人類に警笛を鳴らすかのように、世界のあちらこちらで自然災害が起きています。


地球にとって「見える敵」になってしまった人間。


人間の娯楽の為に地中深く穴を掘られ、美しい森の緑を伐採され、放射能で空も海も風も雨も大地も汚され、地球は泣いています。


愚かな人間たちはそれでもまだ、限りある資源を奪い合うために戦争をして、矛盾にもその資源を破壊しています。


地球の悲鳴や涙が、時として地震や、津波、雷、竜巻、干ばつ、集中豪雨という形となって、私たちにその苦しみを訴えているのではないかと思うとき、平和な国に生まれ、幸せだと思い込んでいる私たちの世代にも、その得体のしれない「見えない敵」は電磁波の如く、脳へと忍び込み、「いにしえ人のあやまち」を繰り返させる準備をしているのかもしれません。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


からんこのブログ-20110806175207.jpg
今日は久しぶりの暑さ晴れ(@Д@;


翔子ちゃんが昨夜からまた足が痛み出したと言うので、お見舞いに行って来ました。


どうも(?_?)昨日、無理して15分以上立っていたからではないかと思うのです。


翔子ちゃんは、大の花好きで、足を骨折してから花の世話が出来ず、嘆いておりました。


それでとうとう我慢できなくなって、咲き終わった花や枯れた葉を取り除く作業を始めたというのです。


痛みも忘れて夢中になるのが彼女の昔からの悪い癖…夏でなくても熱中症⁉の翔子ちゃんは反省しきり(w_-;


そうですよ!みんな、一日も早い回復を祈って待っていてくれるというのに…ヾ(。`Д´。)ノ


でも、今日、翔子ちゃんを見守るその花たちは、熱く照りつける日射しにも負けず、清々と美しく輝いて「ありがとうヒマワリラブラブ」と言っているように見えました。


写真は、翔子ちゃんが育てた二年目のハイビスカス。 


今日は、八月七日。鼻の日だそうですが、私たちは花の日としましょう(=⌒▽⌒=)ブーケ1


翔子ちゃん、お大事にして、歌で、もうひと花咲かせてくださいね音譜(*゜▽゜ノノ゛☆カラオケコスモス      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


からんこのブログ-20110801131924.jpg
翔子ちゃん命のからんこの他に、ゆずみっちゃん、こみっちゃんという強力な協力をしてくれる応援隊のトップがいます。


毎日欠かさずカラオケボックスへ行き、数十回のリクエスト。

有線放送へもリクエスト。

ラジオへもリクエスト。

本当に、その熱意、誠意には涙が出ます。


人は、知らず知らずのうちに、何かの応援をしながら生きています。


例えば家族。

最近は家族の情愛も薄れつつありますが…(ノ_-。)

当たり前のこととして、親は子供を守り、一人前の大人に育てるという応援を。


子供だって、そんな親の気持ちに応えようと一生懸命勉強し、いつかは親を楽にしてあげたい…そんな子供が今時いるかどうかは別にして、とにかく最低ラインとして家族は応援し合っていると信じたいからんこには、親も無く、子も無く、兄弟もいない(TωT)


…だけど、からんこには翔子ちゃんがいる(^∇^)ラブラブ音譜


翔子ちゃんとの出逢いは、デビュー曲のB面を聴いた時でした。


「みず色の朝」という美しい旋律に乗って、まだ初々しいその声と歌詞が流れて来た時、孤独だったからんこの胸は何か温かいものに包まれ、生きる希望が湧いて来たのです。


その日から、水木翔子の作品の虜になり、少しでも多くの人にこの感動を伝えたい為に、応援を続けています。


そして、まさしく、翔子ちゃんの歌に、からんこは応援してもらい生きているのですベル


    ゚・*:.。..。.:*・゚゚ みず色の朝 ゚゚・*:.。..。.:*・゚


  朝の気配は みず色  耀う光に 

  あなたの腕の中 しあわせと揺れてる

  めぐり逢うことなど もう無い夢だと

  あきらめきっていた 不思議な出逢い


     昨日までの悲しみは 忘れて忘れて

     この愛に賭けよう 今から今から…



  満ち足りた目覚めに からだをあずけて

  未来を感じてる 新たな出逢い


     昨日までの悲しみは 忘れて忘れて

     この愛に賭けよう 今から今から…

     この愛に賭けよう 今から今から…







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ