その日は、朝からゴロゴロピカピカ雷雨


それはそれは凄い雷雨の日でありまして、雷様も相当腹の虫の居所が悪かったんでしょうか…ドス~ン!グラグラ…

Y(>_<、)Y…まるで私たちを脅すかのように暴れまくっておりました。


そんな中、ふと翔子ちゃんちの方を見てみると、何やらあの光る小枝のような稲光が異様なくらい水木邸の屋根に集まり、金閣寺の如く崇高な建造物と化しているではありませんか目!?


思わず私は、今年こそ翔子ちゃんに良いことが起きるに違いないと、手を合わせておりました(^人^)


さて、その頃、翔子ちゃんの家では、熱心にも、歌のお弟子さんが来ていて、雷もなんのその、「ろく~でなし~」カラオケと、発表会のための猛特訓をしていたということです(゚Ω゚;)


もちろん、時々ドッカ~ンダウンと、近くに落ちたような気配に「あ~びっくりした!」などと言いつつ、勇敢にも二人はレッスンを止めることなく続けていたそうな…


と、その時です!あの小枝のような光る稲妻が翔子ちゃんの右手めがけて、窓越しに飛び込んで来たというのです叫び


ぴかーーっ雷うぎゃ~ヽ((◎д◎ ))ゝ…


その瞬間、翔子ちゃんは椅子のまま後ろにのけぞり、お弟子さんは持ってたマイクを放り投げ、いったい何が起きたのか…考えつくまでにしばらく時間がかかりました。


「これって、落雷?」でも、家の中にいて落雷に遭うなんて聞いたことがないよ…


二人は信じられない出来事にただ茫然とするだけでした。


その晩、右腕がまったく動かなくなってしまった翔子ちゃんは、病院へ行き、やはり完全に感電だと知ったのでありました。


右手が使えないのも不便ですが、足が使えないのもまた不便であります。


日頃、何気なく酷使している自分の体を大事にしなさいよ!と、「のど元過ぎれば熱さを忘れる」私たちに、神様が雷を落とすのでしょう雷


今日も、通り雨が雷雲を連れて警告に来ましたねベル 


折からの節電で、今年は大丈夫かとは思いますが、自然を甘く見てはいけないよということを、肝に銘じながら、自然の偉大さ、美しさを愛せる人間でいたいと思います。虹


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


からんこのブログ-20110804121945.jpg 昼に近い朝ブロ、間違って消してしまった

(ノ_-。)…

ブランチを終えて休憩。

気を取り直して、もう一度初めから、からんこ日誌の始まり始まり~ベル


不思議と、メールでもそうですが、誤って消した記事って、また最初から同じことを書くのは大儀なもので、いくらいい話題であっても別の話がしたくなるもの…何故なんでしょうね~(^▽^;)


さて、翔子ちゃんの骨折事件から二週間が過ぎ、またじわじわと暑くなって来ましたが、この期間、不幸中の幸いで、翔子ちゃんが療養するにはもってこいの涼しさでした晴れ


「不幸中の幸い」「万事塞翁が馬」などと、人は昔から言い、災いが起きる度、気持ちを切り替えるすべを学んで来ました。


翔子ちゃんの人生は波乱に満ちていて、まさしく「万事塞翁が馬」「万事翔子ちゃんが馬」と言うのに相応しい生き方をして来たようです。


その内、水木翔子ヒストリーという自叙伝が本屋さんに並ぶかもしれません⁉


その前に、馬というよりゾウと形容した方がいいような?両足の怪我を、しっかり治して「三面鏡」のCDがレコード店に並ぶよう、心から祈ってますゾウ♪CD


余談ですが(・∀・)翔子ちゃん、サラブレッドじゃなくてよかったね( ´艸`) 骨折っても使ってもらえそうだし、何度も言うけど、ここで人生骨休めしなければ、もっと大事な時に怪我して泣くことになったかもしれない…きっと良いことが待ってるよ(=⌒▽⌒=)頑張れ!翔子ちゃんクラッカー馬馬馬馬馬馬馬馬馬 必ず、うまくゆく(馬九行く)虹


   *:..。o○☆゚・:,。*:.. お知らせ *:..。o○☆゚・:,。*:..


水木翔子の記事が「エリート」という、八千代、佐倉、成田方面の地域にお住いの方々に届けられる地域新聞に、来る6日(土)、掲載されます。


新曲「三面鏡」のPRと共に、翔子ちゃんのプロフィールも書かれてありますので、ご覧になってくださいましメモ 


編集長さんがとても素敵な方だと、翔子ちゃんが言っておりましたので、ぜ、ぜひ!わたくしもお会いしとうございますうドキドキо(ж>▽<)y ☆ からんこでしたベル





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


からんこのブログ-20110803091710.jpg
来世があると信じることが出来るから、この世で辛いことがあっても生きて行けるんだと思うの。


からんこの人生は、翔子ちゃんと似て、結構波乱に満ちた人生でありました。


どうして自分だけがこんな目に遭わなければいけないのか…何も悪いことなどしていないのに…むしろ真面目に、人にやさしく、物を大切に、世の中の為に一生懸命働いているというのに、なぜ不運なことばかり続くのか…


神様を恨んだこともありました。


でも、翔子ちゃんと出会い、次から次へと襲い来る災難にもめげず、愚痴も言わずに黙々と笑顔で明日へと立ち向かってゆくその姿に、私は胸を打たれ、今までの自分を反省し、現世を翔子ちゃんと共に生きようと思ったのでした。


そう、ファン倶楽部会員1号というよりも、翔子如来さまの1番弟子と、勝手に思っている次第です。次第じゃない、1番弟子!?


輪廻転生を信じる翔子ちゃんは、人間は皆、平等だと言います。


だから、今がどんなに辛くても一生懸命生きる努力を真面目に続ければ、来世は必ず幸せになれるんだと言います。


死んだら「無」になると考えてる人も多いでしょう。


でも、それは、今が悲惨な状況の人にとっては「生きることを止める」ことにもつながり、また悪いことをしていても幸せな暮らしが出来ていると感じている人たちは、死ねば罪も消えると思い、もっと悪いことをしかねません。


今をどう生きるかで、明日が、未来が、来世が決まる…と思えれば、人はもう少し強く、やさしく、手をつないで生きてゆけるのだと思います。

翔子ちゃんの名曲、「マイウェイが歌えたら」「手をつなごう」が聴きたくなりましたカラオケおとめ座音譜

          「三面鏡」もよろしくね口紅ベル





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ