からんこのブログ-20110804121945.jpg 昼に近い朝ブロ、間違って消してしまった

(ノ_-。)…

ブランチを終えて休憩。

気を取り直して、もう一度初めから、からんこ日誌の始まり始まり~ベル


不思議と、メールでもそうですが、誤って消した記事って、また最初から同じことを書くのは大儀なもので、いくらいい話題であっても別の話がしたくなるもの…何故なんでしょうね~(^▽^;)


さて、翔子ちゃんの骨折事件から二週間が過ぎ、またじわじわと暑くなって来ましたが、この期間、不幸中の幸いで、翔子ちゃんが療養するにはもってこいの涼しさでした晴れ


「不幸中の幸い」「万事塞翁が馬」などと、人は昔から言い、災いが起きる度、気持ちを切り替えるすべを学んで来ました。


翔子ちゃんの人生は波乱に満ちていて、まさしく「万事塞翁が馬」「万事翔子ちゃんが馬」と言うのに相応しい生き方をして来たようです。


その内、水木翔子ヒストリーという自叙伝が本屋さんに並ぶかもしれません⁉


その前に、馬というよりゾウと形容した方がいいような?両足の怪我を、しっかり治して「三面鏡」のCDがレコード店に並ぶよう、心から祈ってますゾウ♪CD


余談ですが(・∀・)翔子ちゃん、サラブレッドじゃなくてよかったね( ´艸`) 骨折っても使ってもらえそうだし、何度も言うけど、ここで人生骨休めしなければ、もっと大事な時に怪我して泣くことになったかもしれない…きっと良いことが待ってるよ(=⌒▽⌒=)頑張れ!翔子ちゃんクラッカー馬馬馬馬馬馬馬馬馬 必ず、うまくゆく(馬九行く)虹


   *:..。o○☆゚・:,。*:.. お知らせ *:..。o○☆゚・:,。*:..


水木翔子の記事が「エリート」という、八千代、佐倉、成田方面の地域にお住いの方々に届けられる地域新聞に、来る6日(土)、掲載されます。


新曲「三面鏡」のPRと共に、翔子ちゃんのプロフィールも書かれてありますので、ご覧になってくださいましメモ 


編集長さんがとても素敵な方だと、翔子ちゃんが言っておりましたので、ぜ、ぜひ!わたくしもお会いしとうございますうドキドキо(ж>▽<)y ☆ からんこでしたベル





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


からんこのブログ-20110803091710.jpg
来世があると信じることが出来るから、この世で辛いことがあっても生きて行けるんだと思うの。


からんこの人生は、翔子ちゃんと似て、結構波乱に満ちた人生でありました。


どうして自分だけがこんな目に遭わなければいけないのか…何も悪いことなどしていないのに…むしろ真面目に、人にやさしく、物を大切に、世の中の為に一生懸命働いているというのに、なぜ不運なことばかり続くのか…


神様を恨んだこともありました。


でも、翔子ちゃんと出会い、次から次へと襲い来る災難にもめげず、愚痴も言わずに黙々と笑顔で明日へと立ち向かってゆくその姿に、私は胸を打たれ、今までの自分を反省し、現世を翔子ちゃんと共に生きようと思ったのでした。


そう、ファン倶楽部会員1号というよりも、翔子如来さまの1番弟子と、勝手に思っている次第です。次第じゃない、1番弟子!?


輪廻転生を信じる翔子ちゃんは、人間は皆、平等だと言います。


だから、今がどんなに辛くても一生懸命生きる努力を真面目に続ければ、来世は必ず幸せになれるんだと言います。


死んだら「無」になると考えてる人も多いでしょう。


でも、それは、今が悲惨な状況の人にとっては「生きることを止める」ことにもつながり、また悪いことをしていても幸せな暮らしが出来ていると感じている人たちは、死ねば罪も消えると思い、もっと悪いことをしかねません。


今をどう生きるかで、明日が、未来が、来世が決まる…と思えれば、人はもう少し強く、やさしく、手をつないで生きてゆけるのだと思います。

翔子ちゃんの名曲、「マイウェイが歌えたら」「手をつなごう」が聴きたくなりましたカラオケおとめ座音譜

          「三面鏡」もよろしくね口紅ベル





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

   なんとか朝ブロ~♨おはようサン晴れ 


一応、お断りしておきますが、別に朝、髪のブローをするってことでもなく、朝、風呂に入るってことでもないっすからね

( ´艸`)


朝、ブログを始めることが私にとっての開運アクションなのだ(*゜▽゜ノノ゛☆


そんなわけで、翔子ちゃんの為にも、7月25日から始めた独学パソコン、頑張って続けるぞ~パソコン
からんこのブログ-20110802100711.jpg


気になる翔子ちゃんのその後の容体ですが、この桐の木のように、なんとか頑張って?静かにしているようで、左足膝骨折の痛みは軽くなった模様。


でも、なかなか腫れは退かないらしく、鉄腕アトムのような足を眺めては溜息をついてるとか(ノ_・。)…


そう言えば、翔子ちゃんのおばあちゃんの脚も、元々この桐の木のように立派な太い足でしたねぇ


翔子ちゃんがおばあちゃんと東京から千葉へ越して来た時から、この桐の木はありました。


西日を遮ってくれ、緑の葉も風にそよぎ、夏にはセミや鳥が集い、それはそれは美しく、25年の間にすくすくと育ち、二階の部屋からも仰ぎ見る立派な大木となったのです。


ところが、裏の崖下に家が建つことになり、水木邸の土地が勝手に削られ、しかも桐の葉っぱが落ちて来て困ると言われたそうで、理不尽な話だな~と思いましたが、翔子ちゃんは秋になると、叔父さんやしんちゃんに頼んで枯葉を取り除き、ある時は枝を切り、大切に育ててきました。


そして、この三月の地震の為、裏の崖が崩れ、危ないからと、とうとう桐の木が倒されることになったのです。


しかし、右上の写真のように、ほんの少しだけ残してもらい、様子を見ていたところ、なんと!芽が…(*^o^*)ってことで、今はこんなに緑の葉が繁り、翔子ちゃんの心を慰めてくれているそうです。


もっと大きくて立派な時に写真を撮っておいてあげればよかったと、翔子ちゃんは嘆いておりましたが、きっと翔子ちゃんの足の回復を願って、桐の木もまたすくすくと育ってくれるに違いありません。枇杷の木の分も…


考えてみると、翔子ちゃんの大怪我は突然ではなく、様々な要因に誘発されての出来事だったかもしれないと感じるのは私だけかもしれませんが、実際、私たちは自然の法則の中で生かされているのだと思えば、大事にしなければならない色々なものが見えて来て、もう少し注意することが出来たかもしれません。


翔子ちゃん、これからはもう少し自分の体を労って、応援する私たちを安心させてくださいねドキドキ


27日のカラオケ大会にはゲストで復帰予定だそうです。


素敵な笑顔と魅惑の歌声を久しぶりに楽しみにしてますよ~カラオケ音譜おとめ座



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ