2013年11月

黒と赤の箱から手を出す猫



















皆様、今晩は。

猫の手も借りたいほどの雑用の多さに溜息をつく暇も無く、
明日の準備をし始めたところですが、左目が痛くなってから
2~3週間が経ち、涙が止まらないものですから、目尻が爛れて
切れてしまい、失明寸前の痛みの中、こうしてブログ書いてます。

オマケに明日、ギターの弾き語りをしなければならないというのに、
左手の親指と人差し指の間を、紙でスーッと切ってしまいまして、
ネックを持つのが痛いわ、弦を押さえるのにも力が入らないわで、
トホホな状態の私なのではありますが、気合いを入れてもらう為に
皆様に会いにやって来たという訳です…って言うか、甘えに来たの(^^ゞ

雑用も、天から授けられた仕事の内… ボランティアも然りです。
報酬を頂くことばかりが仕事じゃないんだと、自分に言い聞かせ、
世の為、人の為、そして、自分の為に、目の前の雑用から1つずつ
片付けて行こうかと思います。どんなことでも為になる、と、考えて。

やっぱり、皆様とお会いしてヨカッタ… ここに来ると、いつも何だか
パワーを頂けて、前向きな気持ちになれるのですから、不思議です。

皆様、ありがとうございます。お陰で明日は頑張れそうな気がします。
でも、ああ…やっぱり目が痛いので、今夜はこれで失礼致しますね。

今日も一日、お疲れ様でございました!

ちなみに、今日(もう昨日)は「11月29日」で、「いい服の日」。
いい服は買えないけれど、「いい福」が来るように念じましょう。

熊手もあるし、おかめさんもいらっしゃるし、クロネコの手もあるし、
手を尽くせば(笑)、なんだっ手(て)ある!…パンダ(熊猫)も?

明日のトリは<手をつなごう>。酉の市から3日目…3歩歩いて忘れぬように。

足も大事、手も大事、目も大事…みんな大事! おやすみなさい…

14 手をつなぐゾウたちと虹
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

4fa38f5d.jpg280df22c.jpg















昨日、言いそびれた話のもう1つを、
先程、また言いそびれてしまいましたので、
お伝えしに、またもや、やってまいりました。

世にも厳しい浅草寺のおみくじのお話(笑)…

子供の頃から数えてみますと…(?_?)……
数えきれないほど(笑)訪れている浅草寺で、
おみくじを引くと必ず「凶」だというお話は、
以前も、お伝えしたかとは思いますが、
そんな私と浅草寺のおみくじの歴史の中で、
初めて「大吉」が出たのが、昨年暮れのこと。
確か「羽子板市」の時だったかと思います。

「え~っ?」と、あまりにも意外でしたので、
嬉しいはずが、中途半端な喜び方に(笑)…

一緒に行った連れの方は、私とは逆に、
初めて「凶」が出て、「興(凶)醒め」(・・;)…

通常、「凶」が出た場合には、私のように
「吉」が出るまで、おみくじを引き直しては
ならないことになっており、木の枝や柵に、
その「凶」のおみくじを結びつけて帰る訳ですが、
その連れの方もそのようにしたところ…

それぞれのジンクスというものがあり、
これまでの私の人生を振り返りますと、
吉凶半々の出来事の中で、ここぞと思う時は、
自分の直感や感性を信じて決断して来ました。

だから私は、これからも「吉」が出るまで
「凶」のおみくじを引き続けるつもりです。

それがいいか、悪いかは別として、
私の1つのジンクスとして、大事なことだから。

昨年の「酉の市」の時は、通常通り「凶」が、
4回ほど出まして、5回目にしてやっと「中吉」。

最高に「凶」に憑りつかれた時が、連続6回…
7回目にして「大吉」が出た時は、
6度の「凶」の不運も吹っ飛び、思わず、
「ラッキー7!」と、叫んでしまいましたよ(爆)
泣きながら(ToT)…

とにかく、「凶」の多い浅草寺、皆様もぜひ、
おみくじを引かれて、「凶」に強い精神力づくりに
精出してくださいませ!

「凶」が呼ぶ「強運」を信じて、私も頑張ります!
凶も…じゃない…今日も、一日お疲れ様でした~!

ちなみに、昨日のおみくじは、妥当に(笑)、
1度目が「凶」で、2度目が「吉」。 おーっ!
早くも「吉」なんて…昨日はラッキーでした~
 
今日(凶)を結び、明日を読み、「吉」を呼べたら良いですね!

雷門の大提灯


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

青いガラスのような花














皆様、今晩は。
昨日は「三の酉」でしたが、お知らせそびれたことが二つあります。

1つは、先月20周年記念ライブを武道館で行った<DEEN>の新曲が
昨日、11月27日に発売されたということと、浅草寺のおみくじのこと…。

メインヴォーカルの池森秀一さんが歌い上げる新曲<もう泣かないで>は、
どちらかと言うと、私好みのマイナー調のしっとりしたバラードで、秀一…秀逸!!

本当は武道館で、秀ちゃんのソロシングルが発表されると期待していたのだけど、
<DEEN>としての新曲をもう1枚出してから…ってことで、オアズケに!?…

でも、この<もう泣かないで>も覚えやすく、秀ちゃんの独特な歌い回しが
けっこう似合っていて、最近歌唱力が落ちたと囁かれている秀ちゃんには、
名誉挽回の作品となるのではないかと言うような気がしました。

90年代のビーイング系アーティストたちの楽曲の特徴として、
私個人が感じたことは、どのアーティストたちも、それぞれの個性より、
その時代の流行であった楽曲重視の波に乗ることで人気を得てしまい、
誰でもが歌えるような歌を、誰でも(観客も)が、仲良く爽やかに歌って、
その一体感を愉しんだだけという気がして、何か物足りなさが残ったものです。

秀ちゃんの声は、当時から、非常に個性的な音色があったにも拘らず、
他のアーティストたちが歌ってもいいような爽やか系の曲ばかり歌ってらして、
ひそかに私は、ヒットしなくてもいいから、この声質、このコクッとした歌唱に
合った、もっと色っぽい大人の歌を聴かせてほしいと悶々としておりました(笑)…

以前にもお伝え致しましたが、秀ちゃんにはジャズが、そして、歌謡曲が、
絶対、似合うような気がするのです。

お顔は少年のように爽やかなイケメンですが、元々青空を突き抜けて行く歌声でも
歌い方でもなく、ジャズバーの片隅、あるいは高級クラブの弾き語りかなんかしながら、
ネチッこく(笑)言葉を吐息に包んで、耳元で囁くように歌うのが、彼の真骨頂では?
…等と、新曲<もう泣かないで>を聴きながら、妄想に耽る私なのであります…。

来春あたり、新曲が出るとしたら、恐らく「ジャズ歌謡」的な大人の洒落た歌であると、
私は予想しております。ふっふっふっ…

とりあえず、<もう泣かないで>のヒットをお祈りしておりますよん(*^^)v~♪
皆様も、応援ヨロシクお願い致しますね!

もう泣かないで [DVD付初回生産限定盤][CD] / DEEN
もう泣かないで [DVD付初回生産限定盤][CD] / DEEN





このページのトップヘ