2014年04月

右上から16分音符














皆様、改めまして、今晩は。

先程の記事は、明日のジャズライブのお知らせの
速達ブログレターでございまして、落ち着きのない
文章で、申し訳ございませんでした!m(__)m

さて、腹ごしらえもして来たし(笑)、今月最後の夜を
雨音でも聴きながら、皆様と共に過ごしたいと思います。

ついこの間、今年になったという感覚しかない今ですが、
あと少しで、もう5月・・・この時間の速さは悪夢のよう。

思えば、2011年の3月に東日本大震災に遭い、
莫大な出費を重ねた為、5月にリリースした<三面鏡>の
プロモート費と、続いて起きた骨折の治療費が捻出できず、
この3年間は、非常に苦しく悔しい思いをしてまいりました。

そして、何よりも悲しかったのは、<手をつなごう>という
作品を作るキッカケとなった恩人・岡村氏の突然の訃報。

お会いして間もなく、「平和の歌を作ってもらえますか?」と、
おっしゃって、先に原稿料を全額支払ってくださったその姿勢。

昼食をご一緒しながらの、やや緊張気味なやりとりでしたが、
その時の部屋の佇まいと、岡村氏そのものの佇まいとが、
見事に調和され、空気までが美しく感じられたひと時でした。

人望が篤く、本当の紳士で、人々から好かれており、
歌が大好きで、私の作品はほとんど覚えてくださっており、
来年はオリジナル曲を作ってほしいとまで、頼まれたのに・・・

どういう訳か、風になった人たちを思い出すのは雨の夜・・・

2005年の3月、祖母を看取り、過労で倒れながらも、
死に物狂いで、当時の後援会長、ヒロくんとのステージを務め、
再起を懸けて頑張ろうと思った矢先、ヒロくんが難病で倒れ・・・

私の人生、振り返ると、いつも後ろは崖っぷちでした。

我が家も崖っぷちに建っておりますから(笑)、地震の際に崩れ、
土留め工事はしたものの、今もこうして、住人共に、崖っぷち。

でも、よくここまで生きて来られたなぁ・・・と、感心してるんです。

これだけ悪いことが続いたのだもの、必ず今度こそ、良くなる!
・・・そう信じ続けて来たから、たとえ、良いことが起こらなくても、
今日まで生きて来られたのだと思うのです。

いえ、このこと自体が、実は、良いことなのかもしれません。

今、私は人生で、2番目の大ピンチに陥っておりますが、
岡村氏が目指した平和への思いを受け継いで、彼が愛した歌
<手をつなごう>を支持してくださる方々と共に、この歌を弘め、
決意新たに、出来る範囲の活動を続けて行くつもりでおります。

良いことが起こらなくても、いつかは良いことが巡って来ると
考えた時点で、それはもう良いことの始まりであると思うのです。

目標を達成出来る日を描き、夢を信じて歩き続けることを
生きると言うのなら、災難だらけの人生であっても、命は常に
瑞々しく輝き、その鼓動は誇らしげに時を刻むでしょう。

このピンチを切り抜ければ、次のピンチも切りぬける自信が湧き、
まるで、ゲームのように障害を越える面白さを味わえる力がつく。

皆様にこうして「手紙」を書くだけで、どんどん元気が出てまいります。
皆様と出逢えただけでも、あの骨折は良い前兆だったとも思えます。

だから、毎日皆様に、このブログレターを書きたくなるのです。
皆様、本当に、ありがとう! 私を見つけてくれて、ありがとう!

さあ、明日は<ジャズライブ>。譜面を書き直さないと。

今日も、最後までこの「手紙」をお読み頂き、ありがとうございました。

ce9b0819.jpgb1dc157b.jpg












雨に濡れてる我が家の草花たち。右は、大きくなったミニバラ(笑)

音符紙のバラピアノ
















皆様、今晩は。

早速ですが、明日の定期ジャズライブのお知らせを(^^♪

毎月第一木曜日午後7時から、松戸市みのり台駅改札隣にある
『イベントハウス・メロディー』にて、ジャズライブを行っております。

出演は、<水木翔子 with 隼トシヒデ&シーバード>。

ジャズの他にも、ポップス、ラテン、シャンソン、カンツォーネ、
懐メロ、演歌等、隠れた名曲を揃えて、皆様の大切な夜を
楽しく、優しく、心地よく、彩らせて頂いております。

まだ、先月から本格的に、始めたばかりですので、当日でも
お申し込みは大丈夫! 充分、お席は空いております。

何と言っても、<隼トシヒデ&シーバード>のパワフルで
キレの良い演奏は、聴衆の耳を唸らせるものがございます。

さすが、長山洋子さん、小林旭さん、水森かおりさん等、一流歌手の
現役バックバンドを務めておられるだけあって、ため息が出るほど。

そんな素晴らしいメンバーの方々と、ジャズユニットを
組ませて頂けるだけでも光栄なのに、毎月一度、ライブを
ご一緒出来るなんて、本当に、ラッキー!ハッピー!ミナキー!(笑)
・・・なんですが、何故か、いつも雨。 松戸に私が行くと、雨・・・

どうも、「雨女」が定着して来たらしく、明日も危なさそうな空模様・・・

でも、会場の『イベントハウス・メロディー』は、新京成線「みのり台」駅
改札口を出てすぐ隣のビルの2階。雨に濡れること無く、0分で到着。

天気には左右されない超便利な場所にある為、風の日も雨の日も、
電車が止まらない限りは、雪の日も、台風の日も、ご来店OKです!

普段の日は、カラオケが楽しめる「カラオケ喫茶」としても営業中。

とりあえず、明日5月1日(木)19:00~『イベントハウス・メロディー』で、
<水木翔子 with 隼トシヒデ&シーバード>及び、<店主・スタッフ>
一同、皆様のお越しを、心よりお待ち致しております!

詳細は、『イベントハウス・メロディー』 ☎ 047-711-7691まで。

※尚、<手をつなごう会>に、ご入会頂くと、会員特典として、
イベント参加会費が、かなりの割引きとなり、大変お得です。

『手をつなごう会』では、毎月第三土曜日に定例会を開き、
ご飲食頂きながら、歌を中心に楽しい交流をさせて頂いております。

詳しいご案内は、追ってお知らせ致しますので、ご検討下さい。

では、明日!(^o^)丿 皆様にお会い出来るのを楽しみにしております。 
お気をつけて、お越しくださいませ~~~

img280三面鏡の服で微笑む



img298img299













皆様、今晩は!

今日は昭和天皇の誕生日でもある『昭和の日』ですが、
改めて、『昭和』という時代を振り返ってみますと、
満州事変・日中戦争・太平洋戦争という、いわゆる、
十五年戦争と、昭和恐慌などが起きた多難な時世を、
天皇と共に国民が背負わされたものの、戦後、見事に
それらを教訓として、あの焼野原の中から立ち上がり、
一丸となって復興を成し遂げた、日本国民の熱い涙で
刻まれた「光と影」の時代だったのではないかと思われます。

最近、昭和回顧の催しや、雑誌記事を多く見かけますが、
私も、昭和の時代の人々の思いや背景をジャズにして、
<隼トシヒデ&シーバード>のメンバーの方々と共に、
ライブでお披露目出来たらいいなと思っているところです。

とりあえず、明後日5月1日(木)19:00~の定期ジャズライブ、
<隼トシヒデ&シーバード>のパワフルでキレの良い演奏と、
あなたの心の「光と影」を愛にいざなう水木翔子の歌声で(笑)、
懐かしい曲の数々をお楽しみ頂ければ・・・と思っております。

思うことばかりの今日でしたが(笑)、『昭和』が、私たち日本人に
遺して行った宝物は、<二度と戦争をしない平和な国家>であり、
過ちを認め、苦しみを乗り越え、必死に努力して生まれ変わった
国民に宛がわれた<人間としての誇り>なのではないでしょうか。

<誇り>を得る為には、常に試練が心に付きまといます。
手放しで得られる<誇り>や<喜び>は、無いに等しい。
あったとしても、楽に手に入れたものは感動までは得られません。

人は、神様ではありませんから、人として生まれたからには
無意識であっても、たくさんの過ちを犯しながら生きています。

でも、その度に悩み、苦しみ、傷つき、反省し、生まれ変わる・・・
そこから<誇り>や<喜び>も、生まれて来るのだと思うのです。


さて、今日は、昨日、皆様にもお願いしたように、有線放送局に、自ら
『手をつなごう』のリクエストを何度かしました。恥ずかしかったけど(笑)

きっと、皆様も、ご協力してくださったことと、信じております。
今日一日『手をつなごう』を忘れずにいてくださっただけでも嬉しい!

<手をつなごう 感謝感激! 昭和の日>・・・ヒネリ無し(笑)

実は、今日のテーマ?の<誇り>をテーマとして歌っている曲が、
<手をつなごう>のカップリング曲でもある<マイウェイが歌えたら>。

<手をつなごう>や<三面鏡>に負けずと劣らない人気曲でして、
世代を超えた老若男女に、支持されている作品でもあります。

『昭和の日』に、相応しい<手をつなごう>と<マイウェイが歌えたら>。
ご昭和・・・じゃない・・・「ご唱和」頂ければ、嬉しく存じます(笑)。

今日も、拙いブログレターを最後までお読み頂き、ありがとうございました!
皆様の今夜の夢が、明日の目覚めを快適にしてくれる夢でありますように。

img297













<松戸みのり台・メロディー・定期ジャズライブ>のお問い合わせは、
『イベントハウス・メロディー』 ☎ 047-711-7691 まで。 
又は、『手をつなごう会事務局』 ☎ 047-711-7690 まで。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ