なんとか朝ブロ~♨おはようサン晴れ 


一応、お断りしておきますが、別に朝、髪のブローをするってことでもなく、朝、風呂に入るってことでもないっすからね

( ´艸`)


朝、ブログを始めることが私にとっての開運アクションなのだ(*゜▽゜ノノ゛☆


そんなわけで、翔子ちゃんの為にも、7月25日から始めた独学パソコン、頑張って続けるぞ~パソコン
からんこのブログ-20110802100711.jpg


気になる翔子ちゃんのその後の容体ですが、この桐の木のように、なんとか頑張って?静かにしているようで、左足膝骨折の痛みは軽くなった模様。


でも、なかなか腫れは退かないらしく、鉄腕アトムのような足を眺めては溜息をついてるとか(ノ_・。)…


そう言えば、翔子ちゃんのおばあちゃんの脚も、元々この桐の木のように立派な太い足でしたねぇ


翔子ちゃんがおばあちゃんと東京から千葉へ越して来た時から、この桐の木はありました。


西日を遮ってくれ、緑の葉も風にそよぎ、夏にはセミや鳥が集い、それはそれは美しく、25年の間にすくすくと育ち、二階の部屋からも仰ぎ見る立派な大木となったのです。


ところが、裏の崖下に家が建つことになり、水木邸の土地が勝手に削られ、しかも桐の葉っぱが落ちて来て困ると言われたそうで、理不尽な話だな~と思いましたが、翔子ちゃんは秋になると、叔父さんやしんちゃんに頼んで枯葉を取り除き、ある時は枝を切り、大切に育ててきました。


そして、この三月の地震の為、裏の崖が崩れ、危ないからと、とうとう桐の木が倒されることになったのです。


しかし、右上の写真のように、ほんの少しだけ残してもらい、様子を見ていたところ、なんと!芽が…(*^o^*)ってことで、今はこんなに緑の葉が繁り、翔子ちゃんの心を慰めてくれているそうです。


もっと大きくて立派な時に写真を撮っておいてあげればよかったと、翔子ちゃんは嘆いておりましたが、きっと翔子ちゃんの足の回復を願って、桐の木もまたすくすくと育ってくれるに違いありません。枇杷の木の分も…


考えてみると、翔子ちゃんの大怪我は突然ではなく、様々な要因に誘発されての出来事だったかもしれないと感じるのは私だけかもしれませんが、実際、私たちは自然の法則の中で生かされているのだと思えば、大事にしなければならない色々なものが見えて来て、もう少し注意することが出来たかもしれません。


翔子ちゃん、これからはもう少し自分の体を労って、応援する私たちを安心させてくださいねドキドキ


27日のカラオケ大会にはゲストで復帰予定だそうです。


素敵な笑顔と魅惑の歌声を久しぶりに楽しみにしてますよ~カラオケ音譜おとめ座