から~ん…こ温泉…やはり温泉は真夜中に1人で入るもの…と思っていた時期がありまして、うす暗い大浴場にこわごわ入りに行ったものでした(^~^)

今日もからんこのブログは朝ブロに入りそびれて、真夜中のブログとなってしまいましたが、とりあえず続けることが大事と言い聞かせて、深夜ブロに入ってま~す星空温泉


ところで、30年以上前の温泉は、まだまだ本当にひなびていて、深夜に入ると、「この温泉は全部自分の物」と勘違いしてしまいそうな錯覚に襲われまして、疲れた手足をいっぱいに広げ、栄養のありそうな?湯気を鼻からも口からも吸い込み、ふう~っと大きな溜息を吐く度に、《ホットスプリングス・エクスタシー》を感じていたものです( ̄▽ ̄)=3ドキドキ

さすがに、まるっきりの露天風呂は、いつ熊に襲われるかわからないこともあって、1人では深夜に入りに行こうとは思いませんでしたが、半露天風呂はたいがい旅館の中にありますから、皆が寝静まった頃、よく温泉を独り占めしましたね~(‐^▽^‐)音譜


例えば、福島の土湯に近い川上温泉。比較的きれいな半露天と、泳げてしまいそうに広い大浴場。本当によく泳いだものでしたよ≧(´▽`)≦もちろん裸でビックリマーク

萩の間という一番奥にある客室には、小さな内風呂が付いていて、いつも湯船から滔々とお湯が溢れ出し、髪を洗ったりするには落ち着いて入れてよかったv(^-^)v

おばあちゃんが生きていたらもう一度連れて行ってあげたい温泉の一つです温泉

どこかに温泉へ行った時の写真があると思うので、その内お見せしたいと思います。

では、また~(@ ̄ρ ̄@)zzzz おやすみなさい満月

から~ん…こ(真夜中の浴場に響く桶の音も大好きなからんこです)ベル