以前にも申したかと思いますが、私、一日一食で毎日過ごしているんです(b^-゜)ラーメンビールおにぎりお茶

一日三食、二食と言われる方々が「一食じゃ体に悪い!」と言ってくださるのだけど、お腹も空いていないのに、無理して三食きちんと食べなきゃ…なんて方がよっぽど体に悪いんじゃないかと思うアタシでございますかお


大事なことは、お腹がぺこぺこ状態になってから食べるということ…

そうすると、どんなものでも美味しく食べられますし、食事の時間がかけがえのないものとして捉えることが出来、その料理を作ってくれた人、そしてその食材を採(捕・獲・取)りに行ってくれたり、作り、育成してくれた人たちへの感謝の気持ちが湧き起こり、待ってました!とばかりに五臓六腑も魂も歓喜の叫びをあげて、ミナキーの一日一生が輝きを放つのですキラキラ\(^o^)/キラキラ

キラキラキラキラキラキラ一日一 晴れ 一日一キラキラキラキラキラキラ

ただし、私、一回に食べる量が半端ではございません(^▽^;)汗

例えば、今夜は京成大和田駅近くの中華料理店「栄香楼」さんから出前をしてもらい、五目そばと八宝菜(写真)をペロリとたいらげました( ̄▽ ̄)=3


ミナキーの一日一生(笑)ブログ-120202_180354.jpg
スゴイ量ですじゅる・・

しかし、美味しいから食べられちゃうのですチョキ

出前をしてくれる店というのは、往々にして味は二の次になる店が多いのですが、「栄香楼」さんは、違うビックリマーク

味付けと言い、具の多さと言い、ご主人の人間性と言い、天下一品なのであります!!

銀座、赤坂、神宮前あたりの一流中国料理店と比べても引けを取らない美味しさです。

特に、酢豚と八宝菜は最高アップ めっちゃ旨いですぺこ

八千代に移り住んで、26年になりますが、味も量も当時と全く変わっていません。


余談になりますが、「栄香楼」のご主人、歌の上手さはプロ級カラオケ(^ε^)♪

心に響く歌唱力を持つ人が、プロでも最近少なくなって来たのに、ホント!素晴らしいんですラブラブ


料理を作ることも、歌を作ったり歌ったりすることも、相手に喜びや感動を与えたいという思いから来ているものと思います(*⌒∇⌒*)ドキドキ

もちろん、空腹では声も出ませんから、先ずは食べること…生きるためには一番大事なことかもしれません。

でも、飽食の時代と言われたこの何年か前までにも、心が餓死してこの世を去って行った人たちも少なくはありません。

歌どころじゃない…と言う人も多い中、歌によって命が救われたと言う人も少なからずいます。私もそのひとりですが…

今も貧乏ですけど、青春時代はもっと貧乏で、一日一食どころか、何日も食べることが出来ない日もあり、かと言って、女ですから銭湯にだけは行きたいと思い、行くと、その度に立ちくらみがしてしばらく動けず、心細い思いをしながら寒いアパートへと帰ったものでした。

そんな時、ひとりギターを手にして、見えない明日でも夢を託す歌を口ずさみ、栄養失調の体を労りつつも、精神だけは栄養不足にならないようにと、詞を書き、曲をつけ、必死に今日まで生きて来た私にとって、歌は食べ物と同じかそれ以上の、命を支えてくれる大切なものなのですキラキラ


一日一食ではありますが、毎日こんなに美味しいものを食べることが出来る幸せに感謝して、今日も、一日一生を終えたいと思います(^-^)/


ちなみに、一日一食主義ということではありませんので、誤解無きように…あせる

温泉なんかに行った日にゃ、朝ご飯も食べたくなる無節操な私でございます(;´▽`A``…

ちなみに×2、わたし、家ではお酒お酒呑みませんので…ホントですにゃ