皆さん、今晩は~(^∇^)
今日(昨日)は、ラッピー合唱隊の皆様にお会いしに、北習志野の「豆屋珈琲店」さんへ行って来ました

あいにくの雨でしたが、集まった方々は元気に懐かしい歌を合唱しておられました(*^o^)乂(^-^*)

ちょうど私がお店に入る時、「あなたを待てば雨が降る~」という文句が流れて来て、月に1度の「歌声喫茶タイム」は盛り上がっているところ…私を待っていてくれたかのような歌詞に思わず苦笑してしまいました(´∀`)

何曲か一緒に歌った後、歌声サロンを開いているという先生と、地元のシンガーソングライター・大谷治さんがソロで歌い、ミナキーの出番となりました

主催者の藤原千恵子さんとトークしながら、「三面鏡」のCDをかけて頂き、先ずは踊りました(笑)

振付を主に(;^_^Aワンポイントアドバイス後、もう1度皆さんで歌ってもらい、次に「今日は久しぶりに」を輪唱。

藤原さんが作詞したという「北習讃歌」を挟んで、会の最後に「手をつなごう」を合唱。充実した歌声喫茶のひとときでありました

大変好評で、CDも用意させて頂いたので、販売。

カラオケ好きの方々とは、また違った感性のお客様が多く、興味深かったです(;´▽`A``…

歌声喫茶終了後、藤原さん、御主人、伊藤さん(常連のダンディな方)、岩元さん(藤原さんのマブダチ )、大谷さん、岡村さん、マスターと打ち上げ?をし、「ミナキーを紅白に出す会」を設立。
大いに盛り上がりました('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) …

2001年、藤原さんプロデュースの「エイズコンサート」では、船橋のアリーナを会場に、当時流行っていた「陽だまりの詩」のル・クプル等、豪華な出演者と共に出演させて頂き、リリースしたばかりの「マイウェイが歌えたら」「熱い記憶」を熱唱、手話ダンスの方々と「見上げてごらん夜の星を」をステージから降りて、広い会場いっぱいに移動しながら歌ったのを懐かしく思い出します:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

藤原さんの行動力、人と人の心と才能を繋ぐプロデュース力には、根底に「愛」があります。
初めてお会いしてから12年以上も経ちますが、変わらぬ思いで応援してくださるその思いに報いることが出来るよう、頑張りたい!と、決意を新たにした今夜のミナキーでしたo(^-^)o

この頃また人気が再燃し始めた「マイウェイが歌えたら」は、人知れず苦労をされた方ほど胸にしみる曲だと言ってくださいます。

当時、レッスンをされた方の多くが、歌っている途中で泣いて歌えなくなるという現象が起き、自分ばかりでなく、皆も人生の苦しみや悲しみから立ち直って、それぞれのマイウェイを歩んで来たのだな~と、感銘を受けたものでした

当時の藤原さんのご苦労も相当なものだったに違いありません
でも、愚痴もこぼさず、あの大きなプロジェクトを成し遂げた「愛の力」には敬服致します(^^ゞ

11年経った今、またこうして「情熱のかけら」を燃やせる時間を共有出来る縁に感謝して、「愛がいっぱい」のプロジェクトチームを作ってくださることを祈念致します(。-人-。)

「豆屋珈琲店」のマスター、岩元さん、伊藤さん、大谷さん、そして、藤原さん、応援宜しくお願い致しますね 

ラッピー合唱隊の皆さん、「今日は久しぶりに」を毎回歌って頂きまして、ありがとうございます 
今日は久しぶりに楽しかったで~す\(^o^)/

おやすみなさい