走るペンギン










こんなふうに元気に走り回りたいよう!

残暑はまだまだ厳しいけれど、ツクツク法師が鳴き始めたり、
秋を知らせる虫の音が聴こえて来たりで、《処暑》の今日、
暦を眺めながら、季節の移ろいに命の儚さと尊さを感じている私です。

皆様、如何お過ごしでいらっしゃいますか?

夏バテ気味の方も、もう少しの辛抱ですね。

今日は、相変わらずの足の痛みと痺れを取ってもらう為、
久しぶりに整骨をして頂いたのですけど、かなり重症で、
さすがの無鉄砲ミナキーも、ひっそりと、骨折の後遺症と闘っております。

病気は滅多にしませんが、怪我はしょっちゅう…
一見落ち着いているようで、実は慌て者、ということが窺い知れますね。

<イチロー>さんを見習わなくては…と、思うのは、私ばかりではないでしょう。

出来そうで出来ないのが自己管理。
毎日、同じことを続けるということは簡単そうで1番難しい…

人との関わり合いの中で生きている私たちは、
日々、勃発する何らかの事件に遭遇しながら暮らしています。

当然、徹夜しなければならないことも起こりうるでしょうし、
精神をかき乱されるような悲しい出来事等に、
日常生活が一変してしまうこともあります。

そんな中で、冷静に、自分と周囲を見つめ、
淡々と物事を処理してゆく能力を与えられている人間というのは、
そうはいないでしょう。いえ、殆どいないはずです。

それは、生きて行く途中で身につくものだからです。

でも、身につく人も、少ない。

私なんか、自分の人生を「その場しのぎ人生」等と呼んでるくらい、
情に流され、時間に流され、事件に流され…

だから、怪我が多いのでしょうね。

この足の痛みが和らいだら、先ず、部屋の整理整頓から始めようかと…
毎年、思ってはいるんですよ、このブログでも証明されるように。

でも、もう3年近く、衣替えもしていない、大掃除もしていない…

やれやれ… 《気合い》だけは一人前なんですけどね~

痛みの限界が来ました。明日までには治します!

  今日の疲れを癒してくれる虫の音のBGMを聴きながら…オヤスミナサイ!