オリオン座20141022











皆様、ただいま~

先程は、珍しく早く、ちょっと手抜きの「夕暮れブログ」を
書かせて頂いてから、今までバタバタしておりましたが、
実は、とても悲しいことがあって、オイオイ泣いてしまいました。

以前、皆様にご紹介した「子ヤモリ」が死んでしまったのです。
7456eebd.jpge49d5662.jpg












元気だった頃のヤモちゃん。壁を伝わって歩いています。

時々現れては、その愛らしい姿で愛嬌をふりまいていたのに、
今日、仏壇の下のお供物の箱の隙間から仮死状態で見つかり、
慌てて人工呼吸をほどこそうとしましたが、あまりにも小さ過ぎて
どうして良いか分からず、硬直した体をそのまま手のひらに載せ、
生き返らないかと祈りつつ、しばらく様子を観ておりましたところ、
ヒクッと喉の辺りが動いたので、ガンバレ!ガンバレ!と、必死で
声をかけていたら、その思いが通じたのでしょうか、息を吹き返し、
痩せた体で、最後の力を振り絞り、私の手の上を歩き始めたのです。
b964a72a.jpg382b3d07.jpg












硬直した状態で、息を吹き返した瞬間のヤモちゃん。

74aa35d2.jpg10367129.jpg












何とか私の腕の方へと歩いて来たところ。 なんて可愛い手足・・・

0f3c3428.jpgbc3a4ff2.jpg












その調子!その調子! ピアノでも弾いてみるか(笑)・・・
ってなくらいに一瞬復活したのに、突然、またパタッとひっくり返り、
見つけた時と同じ状態に・・・それっきり未だに動いてくれません。
062c001d.jpg3c2a06ed.jpg












ヤモリは、家を守ってくれる神様のようなもの。
そのヤモリを守り切れなかった哀しさで、今は胸がいっぱいです。

たぶん、食べ物にありつけなかったのでしょう。

こんな小さなヤモリでも、親の力を借りずに自立して、
一生懸命生きているというのに、イイ歳の大人が
親のスネをかじって生きている人間が多いという昨今・・・

そして、小さなもの、弱いものを守ったり助けたりもせず、
それどころか信じられないことに、何の抵抗も出来ない
自分の幼い子供までもを虐待する親がいるということに
戦慄を覚えながら、私もヤモリの前では無力だったことに
嘆きつつ、もう何時間も経っているのに動かないヤモリが
もう一度、奇跡の復活を遂げやしないかと祈るばかりです。

あ! 流れ星に祈ろう! どうかな? 晴れたかな?
ちょっと、外、見て来ますね~ オリオン座流星群、見えるかなぁ・・・

※ この夏、ジュリーに弄ばれた「トカゲ」が死んだふりなのか、
恐ろしさに気を失ったのかは分かりませんが、身体を硬直させて、
ピクリとも動かなくなったことがあり、そのまま死んでしまったのかと思い、
お墓を作ってあげようかと、手のひらに載せて様子を窺っていたところ、
可愛い舌をペロッと出したものですから、おおっ!生きてたー!と、
嬉しくなり、ジュリーの目の届かない場所にトカゲを放したことがありました。

ですから、皆様も、もし、死んだヤモリやトカゲを発見したら、
すぐに埋葬しないで、手のひらで温めてあげてください。

何かのショックで、仮死状態になってしまうのだと思うのです。
それとも、意図的に死んだふりをするのか・・・どちらにしても
小さな生き物が身に着けた精一杯の命の在り方なのですから。

さあ、夜空は晴れているかしら? 一つでもいいから流れ星が見たい!

星空20140707