カテゴリ: 友人・知人の宣伝。応援。

114238ba.jpg
















皆様、今晩は。

全世界・全世代・全ジャンルの歌で
全人類の心をつなぎたい歌番組
<ミナキーの洒落と歌の日々>
第103回のゲストは真木洋介さん。

真木さんは菅原洋一さんの弟子で、
主にポピュラーソングを歌われ、
美空ひばりさんから一本の鉛筆を
歌うことを許された唯一の歌手です。

広島出身ということもあり、
美空ひばりさんのオリジナル曲を
平和の為に歌い継ぐことを決心され、
地道に活動の場を広げておられます。

爽やかで誠実なその姿勢は、多くの
ファンの共感と、私の創作意欲をも
刺激し、久々の新曲を真木さんに
提供させて頂くことになるかもです。

2018.2.14(水)<セットリスト>

①あなたへ贈る歌「erica」
②Tattooed Heart「Ariana Grande」
③愛の迷路「真木洋介」
④一本の鉛筆「真木洋介」
⑤LOVE IS ALL「椎名恵」
⑥マイファニー・ヴァレンタイン
「弘田三枝子」
⑦粋な再会「真木洋介」
⑧ロマンス「水木翔子」
⑨Velentine's RADIO「松任谷由実」

ネトラジ ミナキーの洒落と歌の日々











http://www.ustream.tv/recorded/112844319

修正無しの(笑)再放送は半永久的に
パソコンやスマホでご覧頂けます。

今回の生歌は、真木さんが、洒落た
シャンソン風の『粋な再会』という
オリジナル曲をご披露され、私が
岩崎宏美さんの名曲『ロマンス』を
ぶりぶりぶりっこで熱唱

カミカミトークもいつもに増して
絶口調噛み具合をお愉しみ下さい。

本の上のカギの形をした懐中時計風キーホルダー?




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

53b5b97d.jpg

皆様、今晩は❣️

昨日は、チバテレビさんで
人気歌番組《Jソングアワー》の
収録後、東京のパラオリンクス
放送局へと向かい、私が担当する
インターネットテレビ歌番組
《ミナキーの洒落と歌の日々》の
生放送を全世界にお届けし(笑)
ゲストの川島義行さんをご自宅へ
お送りして、深夜帰宅しました。

みぞれ流船橋芝六太鼓の親方でも
あり、折り紙講師としても人気の
川島義行さんとは、コンサートも
一緒に企画し、太鼓の手ほどきも
して頂くなど、当時大変お世話に
なりまして、この度の放送でも、
徹夜して、折り紙と私の写真とで
作って下さった栞を何十枚も持参、
他にも懐かしい写真やオリジナル
CDを大切に保管して下さっていた
ことを知り、改めて川島さんとの
温かい絆を感じて、心から感動を
お伝えした私なのでありました💖

今回のテーマは《和洋太鼓と歌》

和太鼓、ドラム、ティンパニー、
そして、湯桶?を叩く音などを
生かしたアレンジが印象に残る
歌のセットリストを組みました。

全世界・全世代・全ジャンルの
歌で全人類の心をつなぐ歌番組
《ミナキーの洒落と歌の日々》

2018.2.7(水)21時〜第102回

❶千本桜『和楽器バンド』
❷TAKIOのソーラン節『伊藤多喜雄』
❸One Fine Day『Opera Babes』
❹恋のフーガ『ザ・ピーナッツ』
❺嵐を呼ぶ男『石原裕次郎』
❻まつり『ミナキー』
❼芝六音頭『ミナキー』
❽まだよ『ミナキー』

こちらからご覧頂けます😊🎶
      ↓      ↓      ↓

ネトラジ ミナキーの洒落と歌の日々

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

FullSizeRender

皆様、今晩は❣️

何度も申し上げてクドイようですが、
今年から半永久的にご覧頂くことが
可能となったインターネットTV📺
《ミナキーの洒落と歌の日々》の
1月3日放送分は番組ホームページ
写真下の『Ustream期限終了後の
放送を見る場合はここをタップして
進んで下さい。』と書いてある通り、
進み、ダウンロードしてご覧下さい。

ゲストにTV《ウルトラマンA》で
ご活躍された俳優の佐野光洋さんを
お迎えし、『GO!』をテーマに
新春に相応しい楽しいトークと歌で
スタートした第97回放送分が修正
無しで(泣笑)たっぷり見れます😅

まだ映像が粗く見辛いようですが、
改善されて行くと思います📺🎶

佐野さんに励まされ、続けて来た
この番組も三月で三年目を迎えます。

どうぞこれからも番組共々、末永く
(半永久的に)応援、お付き合いの程、
宜しくお願い致しますm(_ _)m💖🎶


ネトラジ ミナキーの洒落と歌の日々

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ