カテゴリ:ふと思うこと > 命を見つめる人生の言葉

FullSizeRender












皆様、今晩は。

楽しいはずのクリスマスが
近づいてまいりました。

でも、今年は盛り上がりは
しないであろう暗さが漂う
12月半ばのお歳暮時期です。

新型コロナウィルスが
蔓延、拡大している世界

やっと先月からレッスンを
再開し、新曲もリリースし、
頑張ろうと思い始めた時に、
またもや飲食店やカラオケ
店や、それに携わる仕事を
している我々のような者に
とっては痛手となる営業時
短要請が来年1月11日迄
延長されるとのニュースが
耳に入り、キャンペーンも
出来ない状況となりました。

<さよならはまだよ>は、
そんな痛手を背負っている
人々へのエールのつもりで
元々、作った作品ですから、
皆様と一緒に私も頑張って
まいりたいと思っています。

私も実は今人生で2番目の
どん底を味わっております。

でも、周囲の方々の応援に
支えられ、かろうじて命を
繋いでいる毎日であります。

命や夢にさよならをしよう
と、苦しみ藻掻かれている
方がいたら、どうかこの曲
<さよならはまだよ>を
聴いて頂けたら嬉しいです。

何度も死にかけた私が歌に
救われて、今日まで生きて
来られた奇跡と軌跡の証が
込められた集大成とも言う
べき私の人生の応援歌です。

皆様もどうか負けないで!

このコロナの荒海を一緒に
生き抜いてまいりましょう。

後悔のない人生の航海を!



















    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

FullSizeRender


















皆様、今晩は。

たった今、帰省中の(笑)
父や祖母やご先祖様を
お見送りしたところです。

名残り惜しくて、ついつい
引き留め、危なく日付けが
変わってしまうとこでした。

FullSizeRender
















一般的には、日が沈む前に
送り火を焚いてご先祖様を
お見送りしなければならず、
夕食も早々と済ませないと
ならないようなのですけど、
我が家では、ギリギリまで
団欒を共にして、しばしの
別れを惜しみつつ、お盆を
過ごさせて頂いております。

FullSizeRender

















お盆以外にも地方によって
風習が違うことがあります。

また色々な行事がそれぞれ
様々なスタイルで行われて
いることを、違っていると、
とやかく批判する人もいて、
余計なお世話だと言いたく
なる時も、実はありますが、
教えて頂き、ありがとうと
素直に感謝するも、形式と
いうものにはこだわらずに、
相手とか対象とするものを
先ずは第一に尊重しながら、
実行するようにしています。

お供物も故人が好きだった
食べ物を用意して、一緒に
頂く楽しさを味わうのです。

ご先祖様や故人を敬い偲ぶ
お盆を、皆様はどのように
お過ごしでしたでしょうか。

FullSizeRender


















































    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

FullSizeRender














皆様、今晩は。

今日は久しぶりに
台風一過ではない(笑)
青空が広がりました。

千葉では先月、台風15号が、
そして、先週は台風19号が
猛威を振るい、関東から
東北に、まるで川津波とも
言えるような恐ろしい雨の
被害をもたらしたのでした。

我が家もまだ15号の爪痕が
ミナキーガーデンを悲惨な
状態にしたままで、日々の
暮らしに追われ、なかなか
片づけられずにおりますが、
とりあえずは、命が無事で
あったことに感謝をしつつ、
父が天に召された49年前の
10月に思いを馳せています。

青空とコスモスSP①














当時の青空の美しいまでの
哀しみや、風に揺れていた
薄紅色の秋桜と赤い鶏頭の
涙を焦がすほどの鮮やかな
想い出を綴らせて頂いてる
今の私が、こうしてここに
存在しているのは、あの日、
死ぬことより生きることを
選んだからに他なりません。

今も被災地で苦しんでいる
被災者の皆様、天を恨まず、
この哀しみを、この運命を、
希望の色に塗り替え、空を
爽やかな気持ちで、仰げる
日が来ることを信じながら
頑張ってほしいと思います。

父を追って死のうとした
少女の私がこうして今月、
父の五十回忌法要を営み、
あんなに悲しかった青空も
今では美しく思えるように
なったこの年月を振り返り、
少しでも悲しんでいる人の
役に立てるようなことを
させて頂くことが、人々に
優しかった父へのご供養に
なるのではないかと信じて
これからも、私は私なりの
出来ることで、人に尽くし、
社会に奉仕してまいります。

FullSizeRender














只今、宮城県に救助活動に
行っている知人から連絡が
入りましたが、テレビ等で
報道されている以上に酷い
状況のようで、雨の、水の
恐ろしさを目の当たりにし、
今も必死に作業中とのこと。

泥の中に埋もれないように
気をつけて救助活動に励む
ように…と、伝えましたが、
そういった方々も、本当に
大変で、救援物資も足らず、
今日一日、おにぎり1つで
労働しておられたそうです。

それでも、被災者の方々を
慮り、自分の健康も顧みず、
救助活動に従事されている
関係者及び作業員の方々に、
心から感謝と労いの言葉を
送らせて頂きたく存じます。

どうぞ呉々もお気をつけて。

アメブロの記事も読んで
頂ければ嬉しく思います💖

下記をクリックしてネ
 ↓  ↓  ↓  ↓
https://ameblo.jp/karankoe612-15/entry-12537681707.html

天は地にあり、神は人にあり

FullSizeRender
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ