カテゴリ:ふと思うこと > 命を見つめる人生の言葉

FullSizeRender














皆様、今晩は。

今日は久しぶりに
台風一過ではない(笑)
青空が広がりました。

千葉では先月、台風15号が、
そして、先週は台風19号が
猛威を振るい、関東から
東北に、まるで川津波とも
言えるような恐ろしい雨の
被害をもたらしたのでした。

我が家もまだ15号の爪痕が
ミナキーガーデンを悲惨な
状態にしたままで、日々の
暮らしに追われ、なかなか
片づけられずにおりますが、
とりあえずは、命が無事で
あったことに感謝をしつつ、
父が天に召された49年前の
10月に思いを馳せています。

青空とコスモスSP①














当時の青空の美しいまでの
哀しみや、風に揺れていた
薄紅色の秋桜と赤い鶏頭の
涙を焦がすほどの鮮やかな
想い出を綴らせて頂いてる
今の私が、こうしてここに
存在しているのは、あの日、
死ぬことより生きることを
選んだからに他なりません。

今も被災地で苦しんでいる
被災者の皆様、天を恨まず、
この哀しみを、この運命を、
希望の色に塗り替え、空を
爽やかな気持ちで、仰げる
日が来ることを信じながら
頑張ってほしいと思います。

父を追って死のうとした
少女の私がこうして今月、
父の五十回忌法要を営み、
あんなに悲しかった青空も
今では美しく思えるように
なったこの年月を振り返り、
少しでも悲しんでいる人の
役に立てるようなことを
させて頂くことが、人々に
優しかった父へのご供養に
なるのではないかと信じて
これからも、私は私なりの
出来ることで、人に尽くし、
社会に奉仕してまいります。

FullSizeRender














只今、宮城県に救助活動に
行っている知人から連絡が
入りましたが、テレビ等で
報道されている以上に酷い
状況のようで、雨の、水の
恐ろしさを目の当たりにし、
今も必死に作業中とのこと。

泥の中に埋もれないように
気をつけて救助活動に励む
ように…と、伝えましたが、
そういった方々も、本当に
大変で、救援物資も足らず、
今日一日、おにぎり1つで
労働しておられたそうです。

それでも、被災者の方々を
慮り、自分の健康も顧みず、
救助活動に従事されている
関係者及び作業員の方々に、
心から感謝と労いの言葉を
送らせて頂きたく存じます。

どうぞ呉々もお気をつけて。

アメブロの記事も読んで
頂ければ嬉しく思います💖

下記をクリックしてネ
 ↓  ↓  ↓  ↓
https://ameblo.jp/karankoe612-15/entry-12537681707.html

天は地にあり、神は人にあり

FullSizeRender
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

8519e91d.jpg













皆様、今晩は。

今日は個人レッスンの日でした。

レッスン後、先日のコンサートの
打ち上げも兼ねて、三鶴さんで
お食事会を愉しみました

99ccc418.jpg













今月もあと僅か…

慌しくも、それなりに充実した
10月ではありましたけど、
年頭に誓った諸々のことが
今年も出来ず仕舞いに終わるのか
…と、思うと情けなくなります。

2f1bbfe8.jpg













ま、目的は果たせずとも、無事、
今日まで生きて来られたのだから
良しとしなくてはいけませんね

大事な生徒さんたちと一緒に
美味しい時間を共有出来ただけでも
今日という日の値打ちがあります。

心寄せ合える人がいることに感謝!
美味しいものを頂けることに感謝!

92b9fe0a.jpg



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

af908ab3.jpg
























先日、雨の重みで折れてしまった
ダリアの妹たちが咲き始めました。

でも、連日の雨にまた折れそうで
可哀そうでなりません(´;ω;`)…

一夜花の夜顔はもっと可哀そうです。
今夜、蕾のまま朽ち果てる運命です。
b7651415.jpg

























皆様、今晩は。

今年の季節係は、出番の少なかった
夏を、無理矢理どかして、しかも
秋の晴れ舞台も、ろくに演出せずに
冬の氷雨をもう連れて来てしまった
…そんな感じの日々に右往左往して
せっかくの幸運期を今年もまたもや
逃してしまうのかと焦るばかりです。

自他ともに認める不遇な私の人生…

でも、思い出せば意外とラッキーな
こともあり、悪いことの方が目立ち、
良いことの方が忘れやすいものだと
いうことを改めて感じるこの頃です。

中でも最近になって採り上げられる
ようになった家の中での落雷事故

窓から飛び込んで来た雷に右手を
直撃されながら、命に別状もなく、
1か月近く右手が使えなかったと
いうだけで、今はこの通りピンピン。

1億ボルトの電流を手に受けながら
80%の死亡率をものともせずに
生き残った私…これをラッキーと
言わずして何と言うのでしょうか

ま、他にもいくつかラッキーな
出来事があったからこそ、今まで
生きて来られた訳ですから、人生、
まだまだ捨てたもんじゃないですね。

今日は、シダックスカルチャー教室。

雨の中、レッスンにお越し下さった
生徒の皆様、今日もお疲れ様でした。

急激な寒さに、ミナキーガーデンの
草花たちも震え上がって咲けません。

どうぞ皆様もお風邪など引かぬよう、
お気をつけてお過ごし下さいネ

e27ef147.jpg





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ