カテゴリ: 空を見上げて

FullSizeRender

























皆様、今晩は。

ミナキーガーデンから
撮った満開のミモザの写真。

その頭上高くの空に清々と
上弦の月が昇っていました。

FullSizeRender

























まるで月の彩を纏った様な
ミモザの艶やかな黄色が
青空に映え、盗み取られた
色を奪い返すこともせずに
月は悠々と、その大らかな
心を私たちに半分透かして
みせてくれていたのでした。

FullSizeRender


















最初は30㎝にも満たない
小さなミモザが、今では
数メートルの大木に育ち、
晩冬の空を黄色に染めて
春を手招きするかのように
風に揺れながら、私たちを
見守ってくれています。

FullSizeRender


































    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

FullSizeRender


















皆様、今晩は。

この家に越して来て、昨年
10月で、ちょうど35年が
経った訳ですけど、なんと、
ベランダから富士山らしき
シルエットの山がおぼろに
見えるではありませんか⁉

こんな遠くから富士山が⁉

慌てて、うちのオジサンに
iPhoneで撮ったフジサンの
写真を見せたところ、おぉ、
これは紛れもなく富士山だ
と、感動しておりました。

今までに何度もベランダで
西の空や沈む夕日に染まる
街を写していたのに、全く
気付かなかったのは、多分、
時間と大気の状態、そして
何よりも我が家の2階から
富士山が見える訳がないと
思い込んでいたからでした。

今日は、空気が澄んでいて、
夕日が沈んだ後だったから
たまたま見えたのでしょう。

それにしても、200kmほど
離れた千葉県の低い家から
電線や木に邪魔されつつも
富士山としてのあの雄大な
シルエットを35年経った今、
拝ませてくれたのは、何か
意味があるのではないかと、
まるで、おみくじの大吉を
引いたような嬉しさを感じ、
思わず、合掌した私でした。

よく目を凝らして見ないと、
判らないかも知れませんが、
写真をアップしてみますね。

気のせいか、涙目の痛みが
緩和したような気がします。

富士山パワーで頑張るぞ

FullSizeRender





























    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

FullSizeRender






















月の写真右斜め上に接近し、
光っているのが火星です★


皆様、今晩は。

昨夜は上弦の月と火星が
冬の寒い空でランデブー。

そして、今夜も月と火星の
デートは続き、昨夜よりも
空は晴れて、ため息が出る
ほど、ロマンティックな夜。

火星だけに、燃える想いを
月に伝えているかのように
赤く光り輝いておりました。

冬の夜空は美しく冴え渡り、
星々を繋ぐ星座がきらめく
ダイヤのブローチのように
見えて、しばらくボーっと
宇宙への心の旅をしていた
21日と22日の夜更けでした。

FullSizeRender


















空を見上げていると、涙が
不思議とこぼれないのです。

ま、こぼれないように歌を
歌うのでしょうけどね(笑)

上を向いて歩こう
涙がこぼれないように

でも、こうしてパソコンや
スマホを見ていると、涙が
ざぶざぶと流れて困ります。

睡眠時間を摂るようにして
多少は気をつけているのに
なかなか涙目が治りません。

美しい月や星がいつまでも
見れるように、SNSの使用
をもっと少なくしようかと
思っているところですが、
今月いっぱいで2018年8月
8日から2020年8月19日迄の
再放送がご覧頂けなくなる
ことになり、必死で投稿を
Facebookに続けている為、
目の具合がまたしても悪く
なって来てしまい、焦って
いる懲りない私であります。

目は大事ですからね👁👁

皆様もどうぞお気をつけて。

FullSizeRender
















21日、ちょうど空を見たら、
雲が邪魔して、月がこんな
感じで、迷惑そうでしたが、
右隣に火星の寄り添う姿が
確認出来、ホッとしました。

ズームしてみますね(*^^)v
FullSizeRenderFullSizeRender















































































    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ