カテゴリ: 神社仏閣 訪問

a30f8598.jpg

















皆様、今晩は。

昨日は、目眩と嘔吐で苦しんだ
最悪の1日でしたが、何とか回復、
遠い地に住む親戚から頼まれた
卒塔婆を納めに、八柱霊園にある
先祖のお墓を何十年ぶりかで訪ね、
篤くご供養を捧げてまいりました。

父と母と祖母のお墓参りには毎年、
何度となく、お参りに行きますが、
父の兄弟やその親が眠っている
八柱霊園には、私が行かなくても、
それぞれの家族がお参りに行くから
行かなくてもいいだろうと思って
気にはなっていたものの、長い間、
ご無沙汰をしてしまっておりました。

久しぶりに訪ねたご本家のお墓は
百日紅の木と、山茶花が植えられ、
立派な灯籠までもが建てられており、
だいぶ昔とは変わっておりましたが、
場所位置は、記憶に導かれるまま、
懐かしい匂いのする所にありました。

ざわざわ…気のせいでしょうか?
お墓を見つけた途端、ご先祖様が
喜ばれたようなどよめきや騒めきを
感じ、急いでお墓に駆け寄りました。

もしかすると、今年は誰もお参りに
来られていないのでは?と思える程、
玉砂利を覆うように雑草が生い茂り、
植木の手入れもしていない状態で、
お参りというよりは、1時間以上も
草取りと掃除に時を費やしてしまい、
病み上がりの身には堪えましたが、
気持ちは清々しさで満ち足りました。

昨今は、お墓なんかなくても良いと
考える人が増えて来たようですが、
霊魂というものを信じるのであれば、
やはり、魂の安息場所としてお墓の
存在は大事であると思う私は古い?
等と考えながら、故人の眠る墓石に
向かい、手を合わせてまいりました。

年内に済ませておきたいことの
1つでもあったご先祖様や親戚が
眠るお墓へのお参りが出来たことは
本当に嬉しくもあり、来年に向けて
飛び立つための肩の荷が少し軽く
なったような気がして、酉年の鳥は
手羽元を希望に震わせるのでした

飛ぶニワトリ



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

c4d87bbe.jpg













皆様、今晩は。

今日11月11日は、一の酉。
世界平和記念日であり、一粒万倍日。

縁起を担いで、昨年の熊手を担いで、
浅草の鷲神社へ行ってまいりました。

7aee3d95.jpg













江戸時代から続く「酉の市」は、
今もこうして、商売繁盛や家内安全、
福徳宝生を望む人々で賑わっており、
参拝するその姿に、衆生や凡夫の
命の愛しさ、儚さなどを感じながら、
礼拝する順番を待つ私がいます。

96e2480e.jpg













昨年同様、霧雨が降っていましたが、
それほど濡れず、意外と暖かでした。

境内は傘をさすことが出来ないので、
昨年はかなり髪も服も濡れてしまい、
往生しましたので、今年は濡れても
いいように、ボロを着て行きました。

8f1abd89.jpg













熊手は濡れないようにビニールを
かけてもらい、力持ちの叔父さんに
持ってもらいました。ご苦労様です。

鷲神社を後にして、浅草寺へも
お参りに行くのが私の楽しみです。

9aee11d0.jpg













相変わらず、外人さんが多い浅草寺。

今回はおみくじ、凶が何回出たか…
って? いや~よくご存じで(笑)

毎年、浅草寺のおみくじは凶が
面白い位に(本当は面白くない)
出るので、恐くはないんですけど、
今日は妹夫婦や風吹丸さんなど、
連れが多かったものですから、
おみくじ引くのは止めときました。

d0162d4e.jpg













この後、洋食の「ヨシカミ」へ行き、
チキンライスや、オムライスを頂き、
ポークソテーや、ハンバーグなどを
おかずに、今日の命に乾杯!

b75c3f35.jpg













みんな、雨に濡れてもいいように
ボロを着て…え⁉…ボロじゃない!
ですって⁉…失礼致しました~

今年の熊手のおかめさんも美人です。

407c452c.jpg



















来年は「ミナキークラブ」で酉の市
浅草ツアーでも企画しましょうか

ああ…人間て、滑稽で、哀しくて、
可愛い生き物なのに、どうして
時として、恐ろしい悪魔に心を
売り渡してしまうのでしょうかねぇ

悪魔の手に惑わされないで、
あくまでも(笑)熊手を手に入れて
幸せを搔っ込んで下さいよ~

猫の手も借りたい人にはコチラ、
ジュリーの手をお貸し致します。

cdf2e6a0.jpg



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

a8a042ba.jpg















毎年3月3日・4日は、調布市深大寺で
春を告げる《だるま市》が催されます。

9c534dfb.jpg















昨年のダルマの右目に梵字で「うん」を
入れて頂き、今日購入したダルマには
「あ」を入れて頂き、開眼に導く訳です。

9882747a.jpg















今日は色々と忙しく、家を出たのが14時半。
深大寺に到着したのは16時を回ってしまい、
帰り支度をするだるま屋さんも…大慌てで
お墓参りよりも先に「元三大師」様を訪ね、
昨年と同じ大きさのだるまを求めてから、
知人のお墓参りへと向かったのでした。

ef32a274.jpg















お供物を供え、手を合わせた後、
近くのお地蔵様のところへと行き、
こちらにもお供物を捧げました。

cae38edb.jpg















こちらがお地蔵様でいらっしゃいます。

63ee366c.jpg




















他の皆様にもお線香を。

fa72830d.jpg















どうぞ、お墓を守ってくださいね。

4c79451d.jpg















だるまさんが転んで起きた!(笑)

ec5f36b8.jpg














皆様、今晩は。

只今、深大寺から帰ってまいりました。

金曜日の夜8時過ぎ頃だというのに、
首都高はガラガラに空いておりまして、
なんと!1時間足らずで、深大寺から
八千代の我が家に着いてしまいました。 

まるで、深夜の高速道路のようで、
金曜日なのに不思議な感じでしたね。

不思議と言えば、だるま市の帰りに
いつもお邪魔するお蕎麦屋さんが、
今日は珍しく早々と閉まっており、
別のお蕎麦屋さんに行くことにしたら、
皆いっせいに帰り支度を始めていて、
一軒だけ、高級なレストランのような
お蕎麦屋さんが営業されていたので
入ることに…そうしたら、女将さんの
応対がとても感じ良く、お料理の味も
美味しくて、すっかり気に入り、次回は
懐石料理や一品料理等をじっくりと
味わいに来ようかと思ったほどでした。

36f2420f.jpg















だるまを持っている人には静岡産の
開運ダルマのお酒を1杯サービス。

もう1杯頼もうとしたら、運転手さんの
分としてサービスして下さり、感激!

こういうことが大事なんですよね~

早速、開運!(笑) ご馳走様です!

また来ようと心から思いました

ce8d257e.jpg














よく看板を拝見し直しましたところ、
《日本料理・水神苑》となっておりまして
池が見える窓は全面ガラスで、照明も
美しく、店内から見ても、外から見ても、
イベントに使えそうな洒落た建物でした。

774e59d5.jpg















たまたま今月、佐倉のユーカリが丘に
森山愛子さんと君島怜奈さんを招き、
開催するライブ会場が蕎麦レストラン
《SobaCafe3〇1》という洒落たお店と
あって、蕎麦どころ深大寺との見えない
繋がりを感じた今日のだるま市でしたね。

深大寺は、私の故郷・吉祥寺の隣町。
子供の頃はよく遊びに来ておりました。

神代植物公園にも、よく行ったなぁ…

やっぱり武蔵野は私の感性のルーツかも。

お墓参りとだるま市。

今年も三月が懐かしい想い出と共に
新しい風を連れてやって来ましたよ~

あ!それと、日本料理《水神苑》さんでは、
土、日、祝日の夜、ワンちゃんと同伴で、
美味しい日本料理が愉しめるということで、
犬を家族とする方々に好評を得ているそう。

f5e30a4b.jpg




















深大寺と言えば、動物霊園があることで、
昔は有名でして、動物愛護の町のような
イメージが子供の頃の記憶に残っています。

不思議と、皆、繋がっているんですね~

人間の勝手で捨てられたりして、保健所で
殺処分になりそうな犬や猫の情報などを
ネットラジオで公開して行くつもりです。

1度動物を飼ったら最後まで家族のように
愛し抜き、大切に看取ってほしいものです。

そして、土・日・祝日の夜は、日本料理
《水神苑》さんで、食事をさせてあげて

だるまさんのバスタオルも可愛いですね!


b32b8061.jpg




















とりあえず、深大寺ルポでした~

《日本料理・水神苑》さんの外観。

163ab920.jpg


















その名の通り、水神様が棲んでいるような…

a0e57986.jpg














いつまでも、見送ってくれた女将さん。

a4abdc3e.jpg













21日は《SobaCafe3〇1》のお蕎麦

883fee79.jpg




 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ