カテゴリ: 毎日が記念日

誕生日ケーキピンク20140702


















皆様、今晩は。

今日もあっという間に
一日が過ぎてしまい、
昨日の充実も、遠い昔の
ことのように思える時間の
不思議を感じながら、ふと、
令和1年11月11日という
今日の日付に気付いて、
ブログを書き始めました。

今日は私の作詞の恩師、
丹古晴己先生の誕生日。

丹古先生は1という数字が
好きで、競馬では必ず1を
どんな時でも外しません。

大正11年11月11日生まれ。
しかも、11時ジャストに
産声をあげたと言うのです
から、先生らしいというか、
「1」の申し子みたいな(笑)
やはり普通ではない何かを
感じさせる誕生日ですよね。

とは言え、思ったより早く
お亡くなりになられた時は、
哀しかったのは勿論だけど、
先生も普通の人間だったと
驚いた方が先の私でした💧

111歳まで先生は生きると
信じて疑わなかったから

自由奔放に生きられた先生。

結構、お世話が大変でした
けど、私の才能や人間性を
心の底から信じ、推薦して
下さったお陰で、こうして
何とか、音楽業界の片隅で
生きていられる訳ですから、
感謝すると同時に、もっと
頑張らなければいけないと
改めて反省した次第です💦

ト音記号モノクロ20140620












その丹古先生に紹介された
瀬戸田博さんも義理人情に
厚い方で、丹古先生を慕い、
亡くなられてからは先生の
たった一人の作家としての
弟子の私を信頼して作品の
依頼をして下さり、なんと、
今月も通信カラオケDAMに
瀬戸田さんの為に書かせて
頂いた曲が7曲配信される
というのですから、ご縁に
感謝して、お二人の期待に
応える為にも、素晴らしい
曲を作り続けてゆきたいと
丹古先生の誕生日でもある
今日に誓いを立てたのです。

ギター右手黒服女性後ろ姿20140620












10年後の今日、地球がまだ
滅びないで存在していれば、
令和11年11月11日ですから、
きっとその日に生まれるで
あろう人は不思議な運命を
背負って生まれて来るかも
知れないな…なんてことを
考えながら、丹古先生との
想い出に浸っている夜です。

Kichan ブルーの幻想的な夜 20140716






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

FullSizeRender

立冬の昨日は、一の酉でも
あり、浅草の鷲神社へ参拝、
一年経った熊手を納めて、
新しい熊手を買い、ふぐの
三浦屋さんで、とらふぐの
お料理をしこたまご馳走に
なり、ふく(福)三昧の時を
過ごさせて頂いて来ました。

雨も降らず、風も吹かず、
気温もそれほど低過ぎず、
参拝日和の酉の市でした。

詳しくはアメブロさんにて。
 ↓  ↓  ↓  ↓
https://ameblo.jp/karankoe612-15/entry-12543591667.html

FullSizeRender

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

枯葉手のひらで立っている















皆様、今晩は。

晴れの特異日でもある
11月3日の今日でしたが、
あまりからっとは晴れず、
むしろ昨日の天気の方が
良かったように思えます。

平成6年の今日、私の
産みの母が亡くなりました。

早いもので、あれから25年。

アメブロさんに母への
思いを綴りましたので、
ご覧頂ければ嬉しいです。
  ↓  ↓  ↓  ↓

https://ameblo.jp/karankoe612-15/entry-12542027300.html





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ