カテゴリ: 毎日が記念日

b9c03a5c.jpg

皆様、今晩は❣️

毎日慌ただしく過ぎて行き、
恒例(高齢じゃないですよ!)の
バースデーライブが近づいて
来ていることを忘れておりました。

d8f13a91.jpg

今年は八千代台駅から徒歩3分の
《LIVE CAFE 凡》さんが会場です。

いつもジャズユニットを組まさせて
頂き、チバテレビやBS12で放映中の
《Jソングアワー》という歌番組や、
色々なライブでお世話になっている
『隼トシヒデ&シーバード』さんを
今年もお招きし、パワフルで華麗な
演奏と私の拙い歌とでお届けする
真夏の歌のタイムスリップショー🎤

え❓タイムストリップショー⁉️
ちゃう💦ちゃう💦スリップです‼️

スリップ⁉️…下着の⁉️…😆💦
違います〜(≧∇≦)💦

タイムスリップ❣️…続けて言って‼️

そう!今年は懐かしい昭和の時代に
タイムスリップして頂こうと思い、
かなり古めの歌を用意しております。

img343

2部はガラッと変わって、新しめの
私のオリジナル曲を歌うつもりです。

歌で味わうタイムスリップショー🎶
皆様、どうぞお楽しみに*\(^o^)/*💕

水木翔子 バースデーライブ 2018
日時  7月8日(日)16時〜18時
会場  ❶LIVE  CAFE 『凡』
         ❷手しごと素材料理『戯之吉』

お問い合わせ  090-4545-3131(殿)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

98a4e675.jpg












皆様、今晩は。

今日は4月8日、お釈迦様のお誕生日。
相変わらずの忙しさで、灌仏会にも
参加出来ず、花祭りの行事も行えず、
罰当たりな一日を過ごしております。

昨日の強風で、ミナキーガーデンの
可愛い草花たちは茎や枝が折れたり、
鉢ごと吹っ飛んでバラバラになって、
崖から吹き上がって来る風の威力に
またもや嘆き悲しんだ一日でした

b6a27b02.jpg






















実は、5日の清明の日に佐倉市内の
勝寿寺という由緒あるお寺に参拝し、
ライブの打ち合わせをした際、本堂
正面の入口の階段下に、お釈迦様の
像が置かれ、甘茶を注ぎ、誕生日を
お祝い出来るようにしてくださって
あったので、今日、灌仏会に参加を
することが出来なかったけど、多少、
言い訳にはなるかな?と自分勝手に
解釈して、胸を撫で下ろしています。

840c821d.jpg






















お寺で初ライブをするという告知は
Facebookに投稿させて頂きました。

歌供養  ミナクルミナキー・ライブ
~ 弥勒菩薩と共に ~ In 勝寿寺

 日時:来月5月27日㈰15時~
 ライブ会場:勝寿寺の本堂
千葉県佐倉市弥勒町95-1
 詳細 090-4545-3131(殿)

今回は無料ご招待致しますが、
お席に限りがございますので、
お早めにお申し込みください

eb363afc.jpg





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

0429859a.jpg




















今日2月13日はイムさんのお誕生日。
なのに、イムさんはいない…

先月、帰らぬ人となったイムさんに
逢いたくて逢いたくてたまらない…

神様はどうして私の大切な人たちを
私から奪い去って行くのでしょう?

7e67345c.jpg



















昨年、日本に事務所を構え、新しい
奥様と、新しい事業を始めようと
していた矢先に癌の転移が見つかり、
あっけなく天国に召されてしまった
イムさんにもう一度逢いたいのです。

お誕生日おめでとう💖と言って、
ハグしたいのです。イムさん…

2011_1127_214919-CIMG4845













「手をつなごう」を世界に弘めよう、
「今年は韓国で2度目のコンサート」、
「東京を中心にライブ」をしながら、
「紅白出場」に向けて活動をしよう、
きちんとした組織の後援会を作ろう、
等と、瞳を輝かせ、こんな私の為に
色々と企画を練ってくださっていた
雑誌・音楽イベントプロデューサー
『イム・チョルシク』さんに、もう
逢えないなんて信じられないのです。

img097













私がこんなに辛いのだから、奥様は
どれだけ辛く悲しいことでしょう…


訃報と同時に届いた年賀状には
昨年結婚したばかりのお二人の
ウェディングの際の仲睦まじい
写真が4枚レイアウトされており、
思わず号泣してしまいました…

幸せそうなその写真が悲しみを皆に
伝えるものとして存在することに
なろうとは…運命の残酷さを身近に
教わったやりきれない知らせでした。

36B74321-1B9B-4244-8222-2843A835037B

























イムさんの死と共に、私の夢もまた

1つ消えたかのように思いましたが、
年の数が増えて行かないイムさんの
誕生日を迎えた今日、私の胸の中で
イムさんが生き続けている限り、
イムさんが遺してくれた情熱の灯が
私の夢をいざなってくれるという
確信をやっと心に燈せたのでした。

だけども、まだあの懐っこい笑顔で
突然現れ、ギュッとハグしてくれる
…そんな気がしてならないのです。

逢いたい…逢いたいよ、イムさん!

2011年11月 韓国クンポ市
イムさんとコンサート会場前にて。

img078























img077








b719b136.jpg






























    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ