カテゴリ: 草花に癒されて

FullSizeRender


















皆様、今晩は。

今日は四万六千日ですが、
昨年・今年と新型コロナ
ウィルス拡大防止の為に
中止となったほおずき市。

残念ですが、浅草寺には
行かず、ミナキーガーデン
の、ほおずきたちを眺めて
過ごすことにした私です。

ほおずきの実が朱くなる頃、
冥途からご先祖様たちが
家族と共にお盆を過ごす為、
それぞれ家に帰って来ます。

まるで、そのご精霊たちの
お御霊のようなほおずきを
見ていると、亡くなった
方々の生き生きとした顔が
浮かんで来ては、その頬の
赤みと共に一緒に過ごした
懐かしい日々が蘇ります。

今年、新盆を迎える知人の
皆様の魂が安らかな思いで
戻って来られるようにとの
願いを込めて、万燈供養の
申し込みを行ないました。

もうすぐ東京はお盆です。

命の大切さを噛みしめ乍ら、
朱いほおずきを眺めている
四万六千日の今日の私です。


FullSizeRender















































    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

FullSizeRender



















皆様、今晩は。

6月も後半となり、
だいぶ蒸し暑い日が多く
なってまいりましたが、
如何お過ごしでしょうか?

FullSizeRender















新型コロナウィルス
緊急事態宣言から
まん延防止等重点措置に
移行する21日を目前に控え、
都内の飲食店や酒店等は
久々の規制緩和に期待を
膨らませている様子ですが、
まだまだウィルスの行方は
分からず、油断出来ない
状況下にあり、手放しでは
喜べない緊急事態宣言解除、
及び、各地のまん延防止等
重点措置解除であります。

FullSizeRender
















オリンピック開催に向けて、
募る不安や、感染防止対策、
ワクチン接種や医療対策の
充実など、問題は山積みで、
果たしてどうなることやら、
恐々としながらの毎日です。

FullSizeRender
























カラオケ業界もかなりの
痛手を負っているようです。

なんだか他人ごとのように
書いてしまいましたけれど、
勿論、私も困っております。

FullSizeRender

















とりあえず、自給自足の
毎日を送ってはおりますが、
<一日一生>の精神での
暮らし方を実行し、いつ
死んでもいいように…と、
思うだけで( ̄▽ ̄;)、実は、
このまま死んだら、恥だと
片付かない部屋を眺めては
溜息をついてる私なのです。

FullSizeRender













せめてミナキーガーデンの
花や野菜を愛で、心と体の
栄養にしたいと思いながら、
諸々の反省を繰り返すのも
幸せなことなのかもしれず、
今日も感謝の思いでブログ
を書かせて頂いております。

皆様もどうぞ、コロナ禍に
負けず、頑張ってください。

それでは、また明日~

FullSizeRender































    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

FullSizeRender

























皆様、おはようございます。

最近、また目が痛くなって
辛いので、緑を見て過ごす
時間を最低でも15分は設け、
リフレッシュを心がけよう
と思い、緑の草花の写真を
撮りましたので、ご一緒に
ご覧頂き、心身を休ませて
頂ければ嬉しく思います💖

ミナキーガーデンで生まれ、
育った緑の子どもたちです。


FullSizeRenderFullSizeRender


















FullSizeRenderFullSizeRenderFullSizeRenderFullSizeRenderFullSizeRenderFullSizeRenderFullSizeRenderFullSizeRenderFullSizeRenderFullSizeRenderFullSizeRenderFullSizeRenderFullSizeRenderFullSizeRenderFullSizeRenderFullSizeRenderFullSizeRenderFullSizeRenderFullSizeRenderFullSizeRenderFullSizeRenderFullSizeRenderFullSizeRenderFullSizeRender
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ