カテゴリ: 季節の中で

窓の外に紅葉、中に猫20141102













皆様、今晩は。

暦の上では今日は寒露。

なのに、半袖姿の人が
まだまだ多い10月8日です。

年々、季節感が薄れてゆき、
旬のものを味わう喜びとか、
風とか雨とかに潜んでいる
季節の送り人の囁く声を
感じ取る術(すべ)すらも
失せてしまった人間たちの
無機質さを嘆くかのように、
またこの連休に大型台風が
やって来るそうなのですが、
皆様の予定は如何ですか?

というより、我が家も含め、
先の台風15号による被害の
後始末もまだ出来ていない
千葉県民も多いというのに、
もっと大きな台風が来る⁉
いったいどうなっちゃうの
…とりあえず、今日一日の
疲れをとって、明日への
英気を養うことが向い来る
災難や試練に打ち勝つ為の
パワーを与えてくれる源に
なることでしょう。!(^^)!

今日は船橋教室レッスン日。

船橋教室の生徒さんは皆、
永年に亘り、私を支えて
くれている方々ばかりです。

そんな生徒さんたちと共に
私のオリジナル作品を歌う
時間は、ありがたく嬉しい
感謝のひと時でもあります。

今年、通信カラオケ配信が
100曲を超えることになり、
シンガーソングライターと
してデビューしてから12月
15日で40周年を迎えます。

父の50回忌も併せますと、
記念の年だったんだ!…と、
気が付いたのがごく最近の
ことでしたので、大慌てで
今から企画を立てることに。

父の想い出は沢山あって、
過ごした月日はわずかでも、
今も鮮やかに蘇って来ては、
胸の扉を切なく叩きます。

私と同年代の方はご存知?
父が買ってくれたカンロ飴。

流石に子供の頃は寒露より
カンロ飴を知っていました。

また今日もとりとめもなく
書き綴ってしまいましたが、
寂しがり屋の私にとっては、
このブログこそがパワーの
源であるのかもしれません。

今日は二十四節気の寒露。

寒い露より甘い露が似合い
そうな気候の今年ですから、
父を思い出しながら、甘い
カンロ飴でも舐めてみます。

今日も一日お疲れ様でした。

カンロ飴
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

枯葉が何枚かノートの上












皆様、今晩は。

少し秋らしい気温に下がり、
体調を崩している方が多い
今日この頃ではありますが、
どんなに具合が悪くても、
休む訳には行かない理由を
抱えている私にとっては、
季節とか気温など関係なく、
一日一日が人生の勝負です。

レッスン日の今日も、無事、
授業を終わらせ、こうして
ブログ日記を書いていると、
とりあえず、今日の命に
感謝したくなるのですから
ブログ日記を続けることは
素晴らしいことなんですね。

父の50回忌が近づきました。

生きている父への親孝行が
本当はしたかったのだけど、
まさかあんなに早く天国に
召されるなんて、思っても
いなかっただけに、今回の
50回忌法要は私にとっての
大切な親孝行となるのです。

では、せめて50回忌法要の
当日を迎えられますように、
朝にならない内に休みます。

大事なことはまた明日中に
お知らせしたいと思います。

今日も一日お疲れ様でした。


7a673c92.jpg








    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ゾウの花子①












井の頭自然文化園で、当時
1番人気だったゾウの花子。



皆様、今晩は。

今日から10月がスタート!

子供の頃は「都民の日」で
学校が休みの為、吉祥寺に
生まれ育った私は、近くの
井の頭公園や自然文化園に
遊びに行ったものでした。

生れてからの15年間と、
千葉都民となってからの
30年余りの月日の濃さは、
やはり、生まれ故郷には
勝てないものがあります。

中身の充実は器の大きさや
過ごした時間の長さだけで
計れるものではないのだと
しみじみ思った今日でした。

今月は父の命日月でもあり、
何と!今年は50回忌となる
49度目の命日を迎えます。

お父さん子だった私はよく
井の頭自然文化園に連れて
行ってもらい、動物たちを
観察する度に、可哀そうで
もっと広い草原や山の中に
逃がしてあげたいと小さな
胸を痛めていたものでした。

それでも父はまるで友達か
恋人のように、当時人気の
あったゾウの花子さんとの
仲睦まじいところを見せて
くれたり、猿の習性などを
教えてくれたので、それは
楽しい想い出として、心に
今も鮮やかに残っています。

父の漕ぐ自転車に乗せられ、
おもちゃを買ってもらいに
吉祥寺の駅周辺を散策した
あの寒いクリスマスの頃の
温かい父の背中の頼もしさ。

父さえいればどんなことも
恐くなかったあの幼い日々。

ある日突然、全ての幸せを
捥ぎ取られた49年前の涙。

考えてみたら、親孝行すら
出来ない内に、運命は父を
神様のもとへと連れ去って
しまったのものですから、
未だに未練や悔いが残って
悶々としていましたところ、
50回忌として、護摩法要を
個人的に焚いて頂けるとの
ありがたいお知らせを頂き、
永年の父への思いがやっと
成就する時が来たのだと
胸を震わせた今日でした。

ちなみに今も、都民の日は
文化園は無料なのかしら?

父との想い出は他にも沢山
あって数え切れない程です。

沢山の想い出をくれた父に
感謝を込めた50回忌法要を
お護摩を焚いて供養出来る
有難さを噛みしめています。

愛する父への初の親孝行が
出来ると知らされた今日は
奇しくも想い出の都民の日。

aaa64c8a.jpg





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ