カテゴリ: ライブ・コンサート情報

98a4e675.jpg












皆様、今晩は。

今日は4月8日、お釈迦様のお誕生日。
相変わらずの忙しさで、灌仏会にも
参加出来ず、花祭りの行事も行えず、
罰当たりな一日を過ごしております。

昨日の強風で、ミナキーガーデンの
可愛い草花たちは茎や枝が折れたり、
鉢ごと吹っ飛んでバラバラになって、
崖から吹き上がって来る風の威力に
またもや嘆き悲しんだ一日でした

b6a27b02.jpg






















実は、5日の清明の日に佐倉市内の
勝寿寺という由緒あるお寺に参拝し、
ライブの打ち合わせをした際、本堂
正面の入口の階段下に、お釈迦様の
像が置かれ、甘茶を注ぎ、誕生日を
お祝い出来るようにしてくださって
あったので、今日、灌仏会に参加を
することが出来なかったけど、多少、
言い訳にはなるかな?と自分勝手に
解釈して、胸を撫で下ろしています。

840c821d.jpg






















お寺で初ライブをするという告知は
Facebookに投稿させて頂きました。

歌供養  ミナクルミナキー・ライブ
~ 弥勒菩薩と共に ~ In 勝寿寺

 日時:来月5月27日㈰15時~
 ライブ会場:勝寿寺の本堂
千葉県佐倉市弥勒町95-1
 詳細 090-4545-3131(殿)

今回は無料ご招待致しますが、
お席に限りがございますので、
お早めにお申し込みください

eb363afc.jpg





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

d0b41b98.jpg












佐倉市の京成臼井駅近くにある
洒落た珈琲店「銹釉(さびゆう)」

ユーカリが丘のウィシュトンホテル
マンダリンキャップさんでランチし、
ライブの打ち合わせ後、銹釉さんで
美味しい珈琲をご馳走になりました。

※銹釉=茶色に発色する鉄ぐすり。


皆様、今晩は。

昨日はご心配をおかけしました。

工事でインターネットが使えず、
不便な思いをしましたが、無事に
本日開通!パソコンからの投稿です。

毎日何かに追われるように過ごし、
ゆっくりとご先祖様と向き合う
余裕すら無かったお彼岸でしたが、
彼岸の入りにはお墓参りに行き、
春分の日にはインターネットTV
<ミナキーの洒落と歌の日々>で
心を込めたセットリストによる
ささやかな歌供養も出来ました。

何よりも、精一杯生きている姿を
それなりに見せられた気がして、
明日の彼岸明けにはご先祖様を
何とか霊界にお見送りすることが
出来そうで胸を撫で下ろしています。

今日はたまたま五月に行なう予定の
ライブ会場でもある佐倉の勝寿寺へ
足を運び、企画をしてくださった
湯浅様と共に打ち合わせ兼お食事の
ひと時を愉しんでまいりました

弥勒菩薩様が安置されている
勝寿寺の本堂にはピアノもあり、
久々に、杉江道雄さんのピアノで
カンツォーネやポピュラーソング、
弾き語りでフォークやカントリー、
オリジナル曲や懐メロ歌謡などを
歌わさせて頂くつもりでおります。

詳細はまた後日、お知らせ致します。

明日は日頃応援して頂いている
小田原のスナック・ヒーロさんへ
お礼かたがたミニキャンペーンを
させて頂きに出掛けてまいります。

頭蓋骨痛や顎の腫瘍が治まるよう、
今夜は早めに寝ようと思います。

今日も何とか生き延びましたよ!
皆様の今日はどんな一日でしたか?

お疲れ様でした!おやすみなさい

279cee1a.jpg
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

da033a11.jpg






















皆様、今晩は。

来る3月11日(日)は平尾昌晃さんの
ご子息でもありますアーティストの
平尾勇気さんのバースデーライブが
千葉市中央区栄町のライブハウス
<なんちゃって Bar 庭>さんで
行なわれ、スペシャルゲストとして
私もお祝いに駆けつける予定です。

平尾昌晃さんの曲の中で大好きな
あの曲や、オールディーズの数々を
お届けしようと思っていますよ🎶。

まだ若干お席が空いているようです。
皆様のご参加をお待ちしております。

明日はちょうど、平尾昌晃さんと
同じ歳の私の大切な生徒さんとの
永遠のお別れの日でもありまして、
悲しく切ない夜を過ごしています。

本来なら誰よりも平尾勇気さんとの
ライブを喜んでくれたはずなのに
残念がっているに違いありません。

エルビス・プレスリーさんの熱烈な
ファンだったYさんはロカビリーの
3人男の一人だった平尾昌晃さんも
お好きだったはずで、そのご子息の
勇気さんのステージも見たかったと
思うと胸が痛んでならないのです。

生前Yさんはいつも私がステージに
向かう前に、そっと背中を撫でて
「大丈夫!頑張って!」と呪文を
唱えるように送り出してくれました。

すると、不思議なことにスーッと
必ず緊張感が解けたものでした。

母親のようにいつも私を見守って
いてくれたYさんの目も手も声も
もう二度と見ることも触れることも
聞くことも出来なくなってしまう…

明日は、私がYさんを天国という
美しいステージに送り出す番です。

恐くないよ。ご主人も、岡村さんも
矢島さんも、みんな揃って、笑顔で
迎えてくれるはずだよ。 そして、
今までのように、みんなで私の歌を
歌って、空から私を見守っていてね。

Yさん、たくさんの愛をありがとう。
11日は、辛いけど、頑張ります!

天国からそっと背中を撫でてね

420badd3.jpg










    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ