カテゴリ: ライブ・コンサート情報

da033a11.jpg






















皆様、今晩は。

来る3月11日(日)は平尾昌晃さんの
ご子息でもありますアーティストの
平尾勇気さんのバースデーライブが
千葉市中央区栄町のライブハウス
<なんちゃって Bar 庭>さんで
行なわれ、スペシャルゲストとして
私もお祝いに駆けつける予定です。

平尾昌晃さんの曲の中で大好きな
あの曲や、オールディーズの数々を
お届けしようと思っていますよ🎶。

まだ若干お席が空いているようです。
皆様のご参加をお待ちしております。

明日はちょうど、平尾昌晃さんと
同じ歳の私の大切な生徒さんとの
永遠のお別れの日でもありまして、
悲しく切ない夜を過ごしています。

本来なら誰よりも平尾勇気さんとの
ライブを喜んでくれたはずなのに
残念がっているに違いありません。

エルビス・プレスリーさんの熱烈な
ファンだったYさんはロカビリーの
3人男の一人だった平尾昌晃さんも
お好きだったはずで、そのご子息の
勇気さんのステージも見たかったと
思うと胸が痛んでならないのです。

生前Yさんはいつも私がステージに
向かう前に、そっと背中を撫でて
「大丈夫!頑張って!」と呪文を
唱えるように送り出してくれました。

すると、不思議なことにスーッと
必ず緊張感が解けたものでした。

母親のようにいつも私を見守って
いてくれたYさんの目も手も声も
もう二度と見ることも触れることも
聞くことも出来なくなってしまう…

明日は、私がYさんを天国という
美しいステージに送り出す番です。

恐くないよ。ご主人も、岡村さんも
矢島さんも、みんな揃って、笑顔で
迎えてくれるはずだよ。 そして、
今までのように、みんなで私の歌を
歌って、空から私を見守っていてね。

Yさん、たくさんの愛をありがとう。
11日は、辛いけど、頑張ります!

天国からそっと背中を撫でてね

420badd3.jpg










    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ea5b43c9.jpg

























皆様、今晩は。

今日17日はおばあちゃんの月命日。

日頃から睡眠時間の少ない私は、
滅多に夢を見なくなりました。

そんな私が、15日の朝、なんと!
おばあちゃんに抱きしめられて
ぽかぽか寝ている夢を見たのです。

訳あって、生まれた時から私は
ずっとおばあちゃんが母だと思い、
何の疑いも持たずに育ちました。

でも、男のようなおばあちゃんは
私にとっては恐いし、がさつだし、
子供の頃には愛情を感じたことが
無かったほどでしたが、だんだんと
色々なことが明らかになると同時に
おばあちゃんへの愛情が少しずつ
湧いては来たものの、もちろん
ただの一度も抱きしめてもらった
経験は無かったので、夢の中で
感じたおばあちゃんのぬくもりの
温かさが不思議なほど生々しい
感覚で残り、目が覚めたのでした。

15日は日韓文化交流のステージを
控えていたので、余計心配でした。

亡くなった人に抱きしめられる夢は
良い兆しなのか、不吉なことなのか、
マネージャーが調べてみたところ、
良いことが起きる前ぶれだそうで、
ホッと胸を撫で下ろしながらの
舞台は、格別の思いで務めました。

テーマソングを含めて5曲しか
歌えませんでしたが、それなりに
充実した時間を過ごさせて頂き、
とても楽しいコンサートでした。

果たしてまだ良いことがあるかな?
おばあちゃん、私の夢を叶えて

0be859a1.jpg

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

92b9fe0a.jpg



















皆様、今晩は。

本日、八千代市民会館大ホールで
行なわれた日韓文化交流フェスタ
<手をつなごうコンサート>は、
第3回目となり、今回は市制施行
50周年を記念しての開催でした。

韓国舞踊などのパフォーマンスを
楽しみながらの歌と演奏の祭典は、
今年も無事、成功に終わりました。

色々な仕事をこなしながらの日々、
なかなか、このコンサートだけに
集中することが出来ず、集客に
苦労しましたが、急なお声かけに
快く来て下さる方もおられる一方、
雨のせいか、ドタキャンの方も…

でも、久々に応援に駆けつけて
温かい声援とペンライトを振って
下さった大切なファンや生徒の
皆様に、改めて感謝申し上げます。

共演して下さったアーティストの
皆様、スタッフの皆様、お客様、
今日は本当に有難うございました。

e48cb30f.jpg
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ