カテゴリ: 想い出の小箱

FullSizeRender


皆様、おはようございます。

考えてみると、3月という
月は、色々な意味で、何と
騒がしい月なのでしょうか。

吉凶合わせると、毎日が
忘れられない記念日だらけ。

先ずはおめでたいことから
あげると、親しい人たちの
誕生日が結構多く、例えば
うちのおばあちゃんは25日。

他に、親友、恩人等、割と
気の合う人の誕生日が多く、
命日も季節柄多いようです。

行事もこの時期はひな祭り、
ホワイトデー、春分の日、
卒業式、お花見等といった
大事なイベントが目白押し。

ところが、コロナウィルス
騒動で、卒業式もお花見も、
中止にするというところが
多くなってしまい、まるで
街はゴーストタウンのよう。

ゴーストタウンと言えば、
9年前の東日本大震災の為、
原発のある福島県楢葉町の
田舎の親戚は全員、故郷を
捨てざるを得ず、ゴースト
タウンと化してしまった
あの恐ろしい3月11日から、
私の中の3月は災難の方の
占める割合が圧倒的に高く
なってしまったのでした。

そして、少し遡り25年前の
今日3月20日に新宿にある
仕事関係の店の開店祝いに
向かった際、サリン事件が
起き、電車が不通となって
大変な目に遭い、その3日
後に、私は過労が引き金と
なり、持病が悪化、意識が
無くなるほどの激痛と共に
入院し、手術で一命を取り
留めたのでございました😅

もっと遡れば、父が他界し、
悲しみのあまり、この世に
未練が無くなって死のうと
したのも3月のことでした。

まだまだ思い起こせば色々
3月の記念日はある筈です。

激震の3月‼️激痛の3月‼️

インターネットTV歌番組
ミナキーの洒落と歌の日々
スタートしたのも4年前の
3月でしたし…あっという
間に5年目突入なんですね。

私の人生において3月ほど
激動の月は無いでしょう。

皆様は、如何でしょうか?


FullSizeRender





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

FullSizeRender


















大寒の今日は久しぶりに
想い出の街・渋谷へと
その当時、お世話になった
音楽事務所の元社長さんに
お会いしに出かけました。

松戸在住新進気鋭の実力派
シンガーソングライターの
吉崎さとしくんをご紹介し、
今後のプロモート活動など、
時代を読みながらの貴重な
アドバイスやヒントになる
お話をして頂きながらの
楽しい会食となりました🍷

FullSizeRender














40周年の私のパーティーに
いらしてくださるという
元アートユニオン社長の
藤井さんは今年85歳にも
なるというのに、超元気!

インターネットTV歌番組
ミナキーの洒落と歌の日々
ご出演の依頼も含めてまだ
頑張ってもらわなくては!
と、思うことも、私なりの
恩返しだと思っています

img172













当時、藤井さんの事務所で
藤井さんに写して頂いた
お気に入りのスナップ写真。


想い出に生きるのではなく、
想い出と共に明日へ向かう
生き方が私らしい生き方と
誇れるような日々を送ろう
と、改めて思った次第です。

残念なことに、みんなでの
写真を撮るのを忘れました。

さとしくんが撮った料理の
写真をお借りしましたので
どうぞ目で召し上がれ(笑)

FullSizeRender














アメブロさんの方にも多く
写真等を載せましたので、
ご覧頂けると嬉しいです💕

こちらをクリックしてネ!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
https://ameblo.jp/karankoe612-15/entry-12568712427.html


FullSizeRender































    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

誕生日ケーキピンク20140702


















皆様、今晩は。

今日もあっという間に
一日が過ぎてしまい、
昨日の充実も、遠い昔の
ことのように思える時間の
不思議を感じながら、ふと、
令和1年11月11日という
今日の日付に気付いて、
ブログを書き始めました。

今日は私の作詞の恩師、
丹古晴己先生の誕生日。

丹古先生は1という数字が
好きで、競馬では必ず1を
どんな時でも外しません。

大正11年11月11日生まれ。
しかも、11時ジャストに
産声をあげたと言うのです
から、先生らしいというか、
「1」の申し子みたいな(笑)
やはり普通ではない何かを
感じさせる誕生日ですよね。

とは言え、思ったより早く
お亡くなりになられた時は、
哀しかったのは勿論だけど、
先生も普通の人間だったと
驚いた方が先の私でした💧

111歳まで先生は生きると
信じて疑わなかったから

自由奔放に生きられた先生。

結構、お世話が大変でした
けど、私の才能や人間性を
心の底から信じ、推薦して
下さったお陰で、こうして
何とか、音楽業界の片隅で
生きていられる訳ですから、
感謝すると同時に、もっと
頑張らなければいけないと
改めて反省した次第です💦

ト音記号モノクロ20140620












その丹古先生に紹介された
瀬戸田博さんも義理人情に
厚い方で、丹古先生を慕い、
亡くなられてからは先生の
たった一人の作家としての
弟子の私を信頼して作品の
依頼をして下さり、なんと、
今月も通信カラオケDAMに
瀬戸田さんの為に書かせて
頂いた曲が7曲配信される
というのですから、ご縁に
感謝して、お二人の期待に
応える為にも、素晴らしい
曲を作り続けてゆきたいと
丹古先生の誕生日でもある
今日に誓いを立てたのです。

ギター右手黒服女性後ろ姿20140620












10年後の今日、地球がまだ
滅びないで存在していれば、
令和11年11月11日ですから、
きっとその日に生まれるで
あろう人は不思議な運命を
背負って生まれて来るかも
知れないな…なんてことを
考えながら、丹古先生との
想い出に浸っている夜です。

Kichan ブルーの幻想的な夜 20140716






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ