カテゴリ: 流行歌(歌謡曲・演歌・懐メロ)

d66b8a0a.jpg













皆様、今晩は。

第三金曜日は「まほうの家」の
ボイトレ&歌謡教室レッスン日。

今日も入居者の皆さんを中心に、
リハビリも兼ねての発声訓練や
発音・活舌・呼吸法等の訓練後、
懐メロの歌唱指導を行ないました。

課題曲は田端義夫さんのヒット曲
「かえり船」でしたが、もちろん
聴いたことはあっても、歌うのは
初めてで、詞の内容すら知らず、
てっきり漠然と、海の歌、船の歌、
漁師さんの歌だとばかり思い込んで
いたので、今日改めて歌詞を拝見し、
戦地からの引き揚げ船の歌だったと
知り、涙が込み上げてまいりました。

反戦歌の一環として歌わさせて頂く
懐メロの中に「星の流れに」がある
私ですが「かえり船」と同じ作詞家
『清水みのる』さんが作られたもの
ということも、今日初めて知らされ、
私自身も勉強になった今日でした。

高齢の男性の入居者の方々に最後、
仕上げの歌唱をして頂いたところ、
お若い時に耳にしておられたせいか、
お上手にお歌いになられた方が多く、
中には泣き出してしまわれた方も…

故国に帰ることの出来ぬ戦友を思い、
故国で待つ家族を思い、戦争という
悲惨な体験に打ちひしがれながらも、
波の背の背にゆられてゆれて故国に
帰る途中の船上で「あの娘」への
思慕を募らせ、熱い涙を流す主人公。

日頃は平和の歌<手をつなごう>を
歌い、穏やかに反戦を唱えている
私ですけど、こういった懐メロにも
穏やかな反戦歌があり、胸を打つ
名曲が沢山あることを知りました。



2ee8105d.jpg
























皆様、今晩は! 

早朝の地震に驚かされましたが、
今日は伊藤楽器歌謡教室の日で、
気温も上がり、青空が広がったので、
相変わらずの少ない睡眠でも、
元気を出して出掛けてまいりました。

昨日今日と、偶然に、レッスン曲は、
昭和の懐かしい歌謡ポップスでした。

昨日のたんぽぽ教室では、
中原理恵さんの「東京ららばい」を、
今日は山本あきさんが2010年に
カヴァーした高田みづえさんの
「愛の終わりに」をレッスン。

実は、この「愛の終わりに」は、
高田みづえさんのオリジナル曲と
ずっと思い込んでいたのですが、
フォークグループ「音つばめ」が
1981年にリリースし、翌1982年に
高田みづえさんがカヴァーした曲と
今頃になって初めて知りました

「硝子坂」「ガラスの花」と共に
「愛の終わりに」も、当時ヒットし、
私もよく弾き語りで歌ったものです。

作詞作曲が「花岡優平」さん。

花岡さんと言えば、秋元順子さんの
一連の曲を手掛け、大ブレイクした
作詞作曲家として、記憶に新しいと
思いますが、実は「音つばめ」の
リーダーとしても活躍されていた
フォークシンガーでもあったのです。

秋元順子さんの作品はどこか
懐かしい時代の歌謡ポップスの
匂いがして、私も大好きでした。

だから「愛の終わりに」を久々に
聴いた時、ブレイクの陰に歴史あり
…と、感動せずにはいられない
今日の授業のひと時だったのです。

人でも物でも、良いものは急に
生まれるものではなく、ある程度の
時間と努力を要するものであり、
またそれは何度でも繰り返されて
人の心の琴線に懐かしさと新鮮さの
波動を送り続けるのではないかと、
良い楽曲を聴く度に思う私です。

「東京ららばい」も、改めて歌うと、
曲と詞の素晴らしさは勿論ですが、
その構成、編曲の心地良さに、
言葉までが自然に心を伴って、
この歌の主人公の居場所へと
いざなって行ってくれるのですから、
名曲中の名曲と言われる所以ですね。

作詞は大御所の「松本隆」さん、
作・編曲は、私の最も尊敬する
筒美京平さんで、コンビの作品は
ほとんどがヒットしているという
お二人が作られた珠玉の曲です。

ああ…やっぱり昭和の曲はいいなぁ

…ということで、更に昭和を遡って、
ネットラジオ・パラオリンクス放送局
<ミナキーの洒落と歌の日々>は、
明日、1972年の歌謡曲を中心に、
その時代に活躍された吉村公三こと
TV「ウルトラマンA」のTAC隊員、
俳優・歌手の『佐野光洋』さんを
お招きして、当時を振り返りながら、
楽しい1時間を過ごしてまいります。

明日は、その前にケアハウスに
慰問に出掛け、歌謡ショーを済ませ、
ラジオ局に向かうので、大変です。

まだ衣装も、何を歌うかさえも
決めておらず、徹夜は間違いなし…

ラジオはゲストの佐野さん頼りだな。

そんな訳で、生きていたら(笑)
Webラジオでお会い致しましょう!

ネトラジ ミナキーの洒落と歌の日々





リンダ・コラソン 猫のファド











皆様、今晩は~

好評を頂いているネットラジオ
<ミナキーの洒落と歌の日々>は、
早いもので明日で第29回目となり、
まだまだドキドキ緊張はするものの、
意外に頑張って続けております

毎回、上手く喋ることが出来ずに
落ち込む私の呟きを目にされた
ツイ友?の俳優「佐野光洋」様が、
それはそのまま「自分流」としての
輝きに変わる時が、必ず来るから
心配はいらないよ…みたいな言葉で
私を慰め、励まして下さったことが
ありましたが、そんな手応えを少し
感じ始めて来た今日この頃の私です。

さて、今週は2000年にデビューし、
2002年に「FOREVER」で
日本作曲家協会グランプリを受賞、
2004年に「猫のファド~あしたも
生きるあさっても~」をリリース、
そして、今年の7月21日発売の
ニューシングル「たそがれ」が
好評の『リンダ・コラソン』さんを
ゲストにお招きする予定です。

リンダ・コラソン たそがれ









その歌唱力には定評があり、
ファンも多く、私の生徒さんたちも
リンダさんのこれまでの作品を
レッスン曲に選んで来られました。

14日には、そんな思い出話や
リンダさんのド迫力な生歌も
ご披露して下さるそうですよ!

皆様、ぜひ、14日(水)21:00~
生放送をご覧頂きたいと思います。

放送終了直後から「Ustream」で
全世界に配信されておりますから、
一か月間、毎日見放題聴き放題

外国に住む家族や友人、知人に
知らせてあげたら、きっと喜ぶはず。

それにしても、お、お、恐るべし!
インターネットラジオ!(笑)

失敗も「自分流」と捉え、その分、
心を込めて、ゲストの方と視聴者の
皆様を楽しませる歌番組にしたいと
考えている新米パーソナリティーの
ミナキーこと水木翔子でございます。

番組宛に、リンダさんへのお便りも
頂けたら、とても嬉しいですね

みんなで応援致しましょう

ネトラジ ミナキーの洒落と歌の日々





このページのトップヘ