カテゴリ: 不思議な出来事

ベツレヘムの星①



















ベツレヘムの星と
おばあちゃんの夢を見た。

今日はお祭りの筈なのに
花火の音も人の声もしない。

田舎風の平屋の家に
私たちは住んでいるらしく、
庭なのか、公道なのか
分からないけど、玄関前の
真っ暗な所で、iPhoneを
持ち、モミの木のてっぺん
近くに移動して来た星の
写真を撮っている私。

まるでベツレヘムの星の
ように見えるその光景は
美しく、夢中でアングルを
変えながら、シャッター
いえ、iPhoneを使い(笑)
何枚も激写していたという
まさに夢中な夢の中の話。

いい写真が撮れたはず…
どれ…確かめようとして
ふと、あまりにも町が
静かなので、気になり、
懐中電灯の代わりに
このiPhoneの灯りを点け、
真っ暗な夜の町へ
出かけようとしたら、
おばあちゃんも一緒に
行くと言ったので、
家の灯りは消さずに、
開いている戸を閉めて
さあ、行こうと思った時に
目が覚めた…という訳です。

夢は何故か忘れてしまう
ことが多いので、ブログに
記させて頂きました。

夢は何かを暗示することが
あると言いますが、
おばあちゃんの夢を
見たのは、単純に考えると
今月が誕生日で命日だから。

そして、懐中電灯が無く、
iPhoneを代わりに点けた時、
途中で消えたらどうしよう
と、日頃思っているからで、
大地震への備えが出来て
いないことへの焦りから
このような夢を見たのだと
思うのです。(分かり易い)

だけど、ベツレヘムの星を
撮っている時のあの感動は
言葉では言い表せない程で、
何故、そんな夢を見たのか、
大変気になる目覚めでした。

この夢のキーワードは、
「灯り」かもしれません。

ベツレヘムの星③



































    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

b5cd33c7.jpg













皆様、今晩は。

昨日もお知らせしましたように、
私の作品を愛し、私の歌手活動を
心から応援してくださっていた
韓国の音楽イベントプロデューサー
イム・チョルシクさんが急逝し、
悲しみに打ちひしがれていた私を
まるで慰めに来てくれたかのような
イムさんの気配を感じる出来事が
彼のお誕生日でもある昨日の晩に
起きたので、不思議でなりません。

c22936e9.jpg














と、言うのは、火曜日の昨日は
船橋教室のレッスンが終わってから、
インターネットTV生歌コーナーで
14日の今日、歌う曲のカラオケを
録音しに行かなければならないので、
先ずは、イムさんのお誕生日である
ことに献杯して、近くのカラオケ
ボックスに伺ったところ、なんと!
灯りが消えているではないですか⁉

ff000d5e.jpg














そこで、急遽、もう1件に電話して
みたところ、そちらも応答ナシで、
仕方なくユーカリが丘店の方へと
足を運ぶ途中、ふと気が付きました。

イムさんと初めてお逢いした場所が
偶然にもユーカリが丘だったのです。

ef34f9b0.jpg














そして昨日、写真でご紹介しました
粋な地酒の注ぎ方をしてくれる店の
隣にあるカラオケボックスへと行き、
今後の生歌コーナー用のカラオケを
何曲か録音している内に、懐かしい
イムさんとの想い出が、蘇って来て
思わず涙が溢れて来てしまいました。

いつもこの場所でお逢いし、帰り際、
明日の夢に乾杯をし、ハグを交わし、
次回の再会を楽しみにして来たのに、
もう二度と逢えないなんて…

IMG_4248














それにしても、2件のカラオケ店が
一番混みそうな時間帯にも拘らず、
営業していなかった為に、少し遠い
イムさんとの想い出の場所にある
店の方へと来たのは、もしかして
イムさんが私を想い出の入り口へ
呼び寄せ、あの日々のように私を
励ましたかったのではないか?と、
思えてならず、情熱の塊のような
イムさんのぬくもりを感じながら
ユーカリが丘を後にしたのでした。

0767785e.jpg














今は悲しいけれど、イムさんの夢に
応えることがこれからの私の使命。

心から私に期待を寄せてくれていた
イムさんの愛情に深く感謝すると
同時に、ご冥福をお祈り申し上げ、
弛まぬ努力を続けることを誓います。

イムさん、ずっと見守っていてね

9c3344f3.jpg








    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ea5b43c9.jpg

























皆様、今晩は。

今日17日はおばあちゃんの月命日。

日頃から睡眠時間の少ない私は、
滅多に夢を見なくなりました。

そんな私が、15日の朝、なんと!
おばあちゃんに抱きしめられて
ぽかぽか寝ている夢を見たのです。

訳あって、生まれた時から私は
ずっとおばあちゃんが母だと思い、
何の疑いも持たずに育ちました。

でも、男のようなおばあちゃんは
私にとっては恐いし、がさつだし、
子供の頃には愛情を感じたことが
無かったほどでしたが、だんだんと
色々なことが明らかになると同時に
おばあちゃんへの愛情が少しずつ
湧いては来たものの、もちろん
ただの一度も抱きしめてもらった
経験は無かったので、夢の中で
感じたおばあちゃんのぬくもりの
温かさが不思議なほど生々しい
感覚で残り、目が覚めたのでした。

15日は日韓文化交流のステージを
控えていたので、余計心配でした。

亡くなった人に抱きしめられる夢は
良い兆しなのか、不吉なことなのか、
マネージャーが調べてみたところ、
良いことが起きる前ぶれだそうで、
ホッと胸を撫で下ろしながらの
舞台は、格別の思いで務めました。

テーマソングを含めて5曲しか
歌えませんでしたが、それなりに
充実した時間を過ごさせて頂き、
とても楽しいコンサートでした。

果たしてまだ良いことがあるかな?
おばあちゃん、私の夢を叶えて

0be859a1.jpg

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ