カテゴリ: シャンソン・カンツォーネetc.

カフェ クラシカルなカフェ 20150515












皆様、今晩は。

若い時は、シャンソンよりも圧倒的に
カンツォーネを好んで歌った私でしたが、
齢を重ねるにつれて、徐々にシャンソンの
詩に、人生の哀愁というものをしみじみと
感じるようになり、歌とは語るものなんだ
…と、気付いてからは、それまであまり
興味の無かった日本のシャンソン歌手にも
少しは耳を傾けるようになったのでした。

「銀巴里」という銀座のシャンソン喫茶は、
あまりにも有名ですが、1951年に開店、
1990年に閉店するまで、沢山の歌手を
輩出し、作家の三島由紀夫、吉行淳之介、
寺山修司、中原淳一、なかにし礼さん等が
集い、演出にご尽力されたとのことでした。

歌手の登竜門でもある老舗のライブ会場が、
時代を牽引した芸術家たちの熱い情熱に
よって支えられていたことを窺わせる話で、
昭和に花開いた「芸能」という荒れ地にも
根を張れる草花の逞しい美しさは「芸術」
という「水やり人」たちのお陰で、脈々と
今も詩人たちの魂をアコルデオンの調べに
乗せ、その香りを漂わせているのでしょう。

実は、私も2度ほど「銀巴里」に足を運び、
間近で、美輪明宏さんの歌声とお姿を
拝見させて頂いたことがありましたが、
そのインパクトと言ったら、恐いくらいに
強烈で(笑)、その日の共演者が記憶から
消し去られるほどのパワーを感じました。

それでは早速、今夜はその美輪明宏さんが
作られた『老女優は去りゆく』という和製
シャンソンを紹介させて頂こうと思います。

この頃の美輪明宏さんが、一番魅力的だと
私的には思っておりますが、その類い稀な
歌の表現力に、改めて敬意を表します。



今夜は『大女優?美輪明宏』さんの舞台が
素晴らし過ぎるので、これにてブログ終了。

老歌手・ミナキーは寝床に去りゆく(笑)
おやすみなさ~い(-_-)zzz☆彡

イタリア海が見える鉄の扉20150515























皆様、こんにちは。

サンレモ音楽祭が華やかだった頃、
カンツォーネという言葉の響きに魅せられ、
歌を始めた私は、聴く歌聴く歌どれもが
新鮮で、私好みの曲が多く、すっかり
カンツォーネにハマってしまったのでした。

例によって、私の煩悩を揺さぶる三連の
メジャーの名曲をご紹介したいと思います。

今夜は俳優としても活躍されました
<ジャンニ・モランディ>さんの素敵な
歌声で、3曲の利き歌を愉しみましょう!

1曲目は私の十八番でもあります1966年の
ヒット曲から『貴方にひざまづいて』。

2曲目は『Non son degno di te』

3曲目は『Se non avessi piu`te』

こういう曲と歌声を久々に聴くと、やはり
カンツォーネ歌手に憧れた昔を思い出し、
若さが蘇って来て恋でもしたくなりますね。

あぁ…いい男をひざまづかせたい(笑)






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

362e2958.jpg




















皆様、今晩は。

五月の代表的な花と言えば、バラの花。

秋に咲くバラもありますが、イメージ的に
バラと聞けば、五月を連想するくらい、
この季節に相応しい花の女王・バラ。

我が家のバラたちも、黄バラをトップに
次々と、可愛い蕾を膨らませ始めました。

a7e60884.jpg




















今日はお薦めのシャンソンを聴いて頂く日。
でも、それは置いといて、ジャンル問わず、
「バラをテーマにした曲」で、私の好きな
作品を選んでみましたので、ご覧ください。

ジャンルや順番はバラだけに、バラバラ…
皆様のお好きな曲がありますでしょうか?

酒とバラの日々(スタンダード・ジャズ)
恋は赤いバラ(加山雄三)
君は薔薇より美しい(布施明)
ローズ・ガーデン(リン・アンダーソン)
薔薇のことづけ(カンツォーネ)
バラの花咲く時(シャンソン)
バラのほほえみ(カンツォーネ)
バラ色の人生(シャンソン)
バラ色の月(布施明)
バラ色のときめき(シャンソン)

この中から3曲を、今日の利き歌に選曲。
おやすみ前のひとときを、ローズティーが
あれば、一緒に飲みながら、まったりと
過ごしたいものですが、無い…ので(笑)
昆布茶とほうじ茶とお抹茶の利き茶でも
しながら、利き歌を愉しもうかと思います。

1.バラの花咲く時(シャンソン) 
  歌:アダモ

2.バラ色の月(歌謡曲) 
  歌:布施明

3.薔薇のことづけ(カンツォーネ) 
  歌:ジリオラ・チンクェッティ



上の3曲は、もちろん私の十八番です。
ぜひ、ライブにいらして聴いてくださいね。

皆様もご存じの「バラ色の人生」は、
色々な歌手の方の歌でお聴きでしょうから、
好きですが、今回はあえて省きました。

バラ色とは程遠い私のボロ色の人生(笑)

バラバラに散らかっている部屋の断捨離を
すれば、少しはバラ色に近づくような気も。

酒腹(バラ)も改めて、バラ色の未来目指し、
頑張ります!(残り少ない未来ですが…)

それでは、また明日!お疲れ様でした~

ab16445b.jpg














このページのトップヘ