カテゴリ:教室・イベント案内 > 歌唱法「ワンポイントレッスン」

いらすとや キーボードを弾いている女性














皆様、今晩は。

今日の「たんぽぽ教室」の課題曲は、
嬉しいことに<セーヌの雨傘>でした。



通信カラオケには私の作った曲が
結構入っておりますが、実は遠慮して
自分から課題曲に取り上げることはせず、
ただひたすら、誰かが課題曲にしよう!と、
言ってくださるのを、待っているだけの
奥ゆかしい(笑)私なのでございます

ですから、譜面を渡された時には(笑)
印税が入る(微々たるものですが…)
と、感動にむせび泣いてしまいました

え?生徒さんから譜面を渡されるの?
ですって?…そうですよ。(?_?)

ま、今回は私が書いた譜面ですけど(笑)

団体レッスンの課題曲の選曲は、
殆ど生徒さん任せにしておりまして、
当然ながら、私も知らない曲を初見で
指導させて頂くことになる訳ですが、
生徒さんにとって、これが上達の秘訣の
一つでもあると、私は確信しております。

どういうことかと申しますと、通常では、
団体レッスンの歌唱指導をされる先生方は
生徒さんに指導する前に、自分がしっかり
練習を重ねて、自信を持って歌えるように
なった曲しか教えてくれないことが多く、
歌い方が一方通行になりやすいという
傾向が見られ、癖のある歌い方をされる
先生のお弟子さんは、その癖を受け継いで
しまいがちだという危険性(笑)が

ある教室で何年も歌を習っていた人が
なかなか上達されないので、紹介されて
私の教室に来られた際、初めてお聴きした
その人の歌い方が、別の方の歌い方に
そっくりだったので、その別の方も、以前
習われていたという教室の名前を挙げたら、
何故分かったのか?驚かれておりました。

良い癖なら問題はありませんが、まるで、
親の病気の遺伝を引き継いだかのような
デタラメな発声法で歌を歌わされ続け、
楽しくもなく、一向に上達もしないという
方々にお会いする度、気の毒になる私です。

話を元に戻しますと、オリジナル曲を除き、
課題曲は殆ど私の知らない曲ですから、
生徒さんたちと、同じ目線、耳線、声線で
指導させて頂くことになりますよね?(笑)

だから、一つ一つのフレーズをじっくりと
丁寧に確認しながら歌い進んで行く訳で、
生徒さんたちと心一つに歌を共有し合う
楽しさを味わって頂ける…ということが、
歌唱上達に繋がっているのだと思うのです。

もちろん、全く聴いたことのない曲でも、
譜面づらを見れば、初見でだいたいは
分かりますので、2度3度歌えば、200回
歌ったのと同じくらいの出来になります。

そんな私と一緒に勉強して行く訳ですから
上手くならない訳がありません!(笑)

今日も、「たんぽぽ教室」の生徒の皆様の
歌唱力にびっくり!生徒さんが天才なのか、
作品が良いのか(笑)どちらもですネ

…と、言う訳で、今日の記事は全面的に
大自慢ブログになってしまいましたが、
決して、大風呂敷を広げている訳では
ございませんので、そこんとこヨロシク

それでは、皆様、今日もお疲れ様でした!
歌える喜び、語り合える幸せを胸に、
感謝を込めて、おやすみなさい☆彡 

いらすとや マイクを持っている女性











白い服の娘が壁に譜を書く左ギター




















皆様、今晩は。

早速ですが、明日の新講座のご案内を!

都民の日でもある明日10月1日(木)は、
「シダックスカルチャークラブ」さんでの
新講座開講初日のレッスンがございます。

①13:00~14:30 カラオケ歌唱上達法
②14:45~16:00 懐かしの洋楽ポップス

どんなレベルの方でも、ワンランク上の
レベルへと、懇切丁寧な指導で、確実に
歌唱力がアップすることをお約束致します。

①は、基礎のボイトレから高度な技術まで。
②は、歌えないと思い込んでいるような
誰でもが知っている洋楽ポップスの名曲を。

シダックスさんの素晴らしい音響による
カラオケをお借りしつつ、細かい個所は
ピアノを使って、丁寧に解りやすく指導、
仕上げはそれぞれの音域にキーコンして、
どんな歌も歌えるようアドバイス致します。

割と多くの方々が、自分の音域を知らずに
歌手と同じキーで、無理して歌われており、
勿体無いな~と、思うことがよくあります。

歌手は自分のキーで歌うから上手いのです。

皆様も自分の声の魅力を知ることが必要で、
自分のキーに直して歌うと、どれだけ得か、
目からウロコ、口からタラコ、耳から翔子
…もとい!耳から証拠のレベルアップした
自分の歌声に遭遇することが出来るはず!

あんなこんなを楽しく指導させて頂き、
皆様の歌唱力を必ず上げると約束致します。

明日の皆様のお越しをお待ちしております。

カラオケしてるサラリーマン2013926

イヤホーンのチャトラン猫















皆様、今晩は。

歌う阿呆に、聴く阿呆、同じアホなら
歌わにゃ損、損!等と申しますが(笑)、
人前で歌う場合には、迷惑をかけない
歌い方をしたいものですね(^^♪

声が出るからと言って、やたら大きな声で
マイクを近づけたまま、歌っている方が
おられますが、あれほど迷惑なことは無く、
でも、ひょっとしたら、耳に問題があるかも
知れず、お友達の方は、その事をやさしく
お伝えするつもりで、マイクの使い方など、
お教えしてみては如何でしょうか?

うちのお祖母ちゃんも耳が遠かったせいか、
声が馬鹿デカく(笑)しーんと静まり返った
病院の待合室等で、色々な患者さんが
前を通る度、「ずい分太った人だね」とか、
「あの人、色が黒いね」とか、退屈紛れに
私に話しかけて来るのですが、その声の
大きさに、一瞬、何十人と言う患者さんが
いっせいに私たちの方を見るものですから、
常に人に見られることに慣れている私でも、
顔から火が出るほど恥ずかしかったことを
懐かしく思い出しては、在りし日の元気な
お祖母ちゃんの、屈託のないあの大きな
ダミ声の内緒話(笑)を恋しがっています。

耳の遠い人は、当然ながら、どうしても
声が大きくなりがちですので、マイクを
近づける傾向があるようですから、逆に
それを難聴の始まりと捉え、それ以上
悪くならないよう注意する必要があります。

予防としては、風邪をひかないこと。
風邪は万病のもとと言われる所以で、
咳をしたり、鼻を強くかみ過ぎたりすると、
鼻腔内に圧力がかかり、鼻の奥にある
耳管を通して、急性中耳炎になったり、
鼓膜が破れたりして、耳に悪影響を及ぼし、
やがて、難聴を促すことにもなります。

思い起こすと、うちのお祖母ちゃんも、
よく、思い切り強く鼻をかんでいましたね。
「あースッキリした!」などと言いながら。

耳は歌手にとって命です。同じように、
三度の飯より歌が好きだというあなた! 
出来れば、風邪をひかないように、そして、
ひいてしまったら、鼻を強くかみ過ぎずに、
穏やかにかむことを心がけてくださいね!

音程、リズム感共に、優れている人は、
耳の聴こえが良いからなのです。

「話し上手は聞き上手」とよく言いますが、
「歌い上手も聴き上手」なのです。

今日の<サンデーボイトレ>は、
実践ではなくて、申し訳ありませんが、
歌唱にとっては大切な『耳寄りな耳の話』。

永く歌を愉しむ為にも、「耳」をお大事に。

そして、耳が聴こえ、歌が歌えることに
感謝して、音楽と暮らしてまいりましょう。

※耳が悪くなくても、マイクの使い方が
良くない方もいらっしゃいますので、
また後日、レッスンさせて頂きますね

375ea9a0.jpg



















~ 猫ピッチャー・ジュリーから一言 ~

「耳寄りな耳の話」参考になったかにゃ?
ちなみに、家にいる時は、イヤホーンを
出来るだけ使わない方が良いと思うよ。

にゃに?延長戦で、タイガースが負けた!?
僕を登板させてくれなかったからだにゃ!

耳障りな話はやめてくれ!トロ、ヤケ歌だ!
僕と同じタイガースのジュリーの歌で、
きめてやる今夜…決めてやるぞ!勝負!

こんな時は、耳の為にあらかじめマイクの
ボリュームを絞っておけよ!シャウトだ!
絞らなきゃ、耳がアウトになるからにゃ!

こちらは高音質の『決めてやる今夜』です。



「耳」大事にしろよ!またにゃ!=^_^=

このページのトップヘ