カテゴリ:想い出の小箱 > アニメ・アニソン

27









皆様、今晩は!

ベテラン名声優「中田譲治」さんを
ゲストにお迎えして、35年ぶりの
再会に感動した先週のWebラジオ
<ミナキーの洒落と歌の日々>の
余韻がまだ残る中、今、帰宅して
明日の準備をし始めたところです。

先週は譲治さんのファンの方々が
たくさん、番組を視聴して下さり、
少しですが、アニソンもおかけして、
私自身も、楽しく新鮮なひとときを
過ごさせて頂くことが出来ました。

実は、譲治さんを番組のゲストに
お迎えするにあたって、数十曲以上、
懐メロアニソンから新しい作品まで、
改めて色々な曲を聴き直しました。

それはもう、頭がガンガンするほど
次から次へと聴きまくりました(笑)

すると、驚くほどの名曲が宝の如く、
ザクザク現れるではありませんか

アニソン、キャラソン、恐るべし!

これもかけたい!あれもかけたい!
迷いに迷って、そんなにかけたら
35年ぶりにお会いする譲治さんとの
トークの時間が無くなってしまう…
と、考え直しての先週の選曲でした。

心惹かれたアニソンの名曲特集は
またの機会に必ず放送致しますので、
アニソンファンの皆様はもちろん、
ポップスファンの皆様もお楽しみに。

さて、明日の虫食いセトリクイズは
次のページで発表させて頂きます

40072508.jpg


向こうに行く黒トラの猫に話しかける薄いグリーンの服を着た女の子










皆様、おはようございます!
今日は5月5日、こどもの日であり、立夏でもあります。
柏餅を頬張り、ちまきを齧り、菖蒲湯に入って、健康を願う…
大人であっても、今日は子供に還って元気に過ごしたいものですね。

吉祥寺で生まれた私は、子供の頃、ずっと銭湯に行っておりました。
毎年、5月5日は銭湯でも「菖蒲湯」、しかも、祝日ということで、
特別に、お昼から営業しており、菖蒲の葉がいっぱい大きなバケツに
用意してあって、家にお風呂がある人もその日は銭湯に来て、
その菖蒲の葉を入浴後、持ち帰るという、大らかな時代でありました。

確か、お菓子も貰ったような気がします。

その頃の菖蒲の匂いは、深い緑の芳しさでいっぱいでしたが、
今の菖蒲と言ったら、その頃の菖蒲とは勝負にならないほど(笑)、
香りが感じられないのです。全くしないと言っても良いでしょう。

想い出は香りと共にあると言っても良いほど、匂いは大事です。
その匂いを嗅げば、大抵の記憶が蘇るとも言います。

あの、手が切れそうにシャープな菖蒲の真っ直ぐに伸びた葉を
ふんだんに湯船に放ち、他人の子も自分の子と同じように
元気に真っ直ぐ育てと願ってくれた、当時の大人たちの温かさを、
こどもの日くらい噛みしめたいのに、菖蒲の葉の匂いがしないせいで
想い出まで薄れそうな…そんな気がして、少し寂しい私です。

でも、結構蘇って来ますけどね。「ぼたん湯」と言う名のお風呂屋さんでした。
下町の銭湯よりは広かった気がします。懐かしいなあ…

お風呂上りには、コーヒー牛乳か、パンピーオレンジをゴクゴク飲み、
小さな池のある庭の縁側で、鯉を見ながら涼み、
汗が引いたら着替え、バスグッズの入ったプラスチックの桶を抱えて、
さっぱりとした顔と足取りでぷらぷらと家路に着いたものでした。

ああ…紛れもなく、私は昭和の真っ只中に生まれたんだな~
菖蒲湯の匂いこそ、五月の昭和を代表する匂い、
汚れの無い子供の匂いと希望の匂いのような気がします。

さて、今日は、何年経っても色褪せない「クレヨンしんちゃん」の
泣ける絵たちをご紹介致します。

私も実は「しんちゃん」の大ファンでして、身近に血液型もO型で、
綺麗なお姉さんが好きで、面白くて…そして、何より正義感に熱く、
人情味があり、じっとしていられない性質という、
しんちゃんのモデルのような職人の親方がいるものですから、
アニメの中では1番親近感を覚えるキャラクターなのであります。

20年前にお会いした時は、本当にそっくりでした(笑)
ちなみに、私、声は「しんちゃん」そっくりに真似出来ますよ…


当時、人気が出た半面、PTAなどから、教育に良くない等と
批判を浴びたこともあった「クレヨンしんちゃん」でしたが、
こうして長い間続いて来たのは、物語の底辺、基本に、
しっかりとした「家族愛・人類愛・動物愛」というテーマが、
ブレずに根付いているからなのでしょう。

そして、「5歳児」という設定が、私は素晴らしいと思うのです。
何故なら、1番ピュアで、1番賢い年齢が「5歳児」だからです。
人格の基礎は、この年頃に創られると言っても過言ではないと思います。

そんな主人公に、愛情溢れる父と母と妹の家族…
ふざけているようですが(漫画ですから面白くて当たり前)、
このストーリーの環境は、しんちゃんの人格形成にはモッテコイの内容で、
同じ年代の家族を持つ方々にとっては、「子育て」の手本となるところも
多々あるのではないかと思うのです。

YouTubeに「名言集」もあるので、ご存じない方は、必見です。

どうでしょう?こどもの日の今日、全国を走り回って働いている(笑)
「クレヨンしんちゃん」の魅力に触れて頂くのもいいかな?と、思いまして
とりあえず、歌のワンポイントアドバイスの前に、ご紹介させて頂きました。


  臼井儀人先生追悼曲 <さよならありがとう> 小林幸子

私たちも、いつまでも「こどもの心」を失わない大人でいたいものです。

ただし、大人になり切れず、ダダをこねるような「子供のような大人」ではなく、
「しんちゃん」のように、「5歳児であっても大人」のようなしっかりとした考えと
愛情を持ち、ピュアな人格を備えた人間としての「大人」であることの上に、
「こどもの心」というものを、常に大切に祀っておきたいものですね。

さあ、菖蒲湯に入ってこようかな!想い出の香りが今年はするかしら?



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ