タグ:お釈迦様

98a4e675.jpg












皆様、今晩は。

今日は4月8日、お釈迦様のお誕生日。
相変わらずの忙しさで、灌仏会にも
参加出来ず、花祭りの行事も行えず、
罰当たりな一日を過ごしております。

昨日の強風で、ミナキーガーデンの
可愛い草花たちは茎や枝が折れたり、
鉢ごと吹っ飛んでバラバラになって、
崖から吹き上がって来る風の威力に
またもや嘆き悲しんだ一日でした

b6a27b02.jpg






















実は、5日の清明の日に佐倉市内の
勝寿寺という由緒あるお寺に参拝し、
ライブの打ち合わせをした際、本堂
正面の入口の階段下に、お釈迦様の
像が置かれ、甘茶を注ぎ、誕生日を
お祝い出来るようにしてくださって
あったので、今日、灌仏会に参加を
することが出来なかったけど、多少、
言い訳にはなるかな?と自分勝手に
解釈して、胸を撫で下ろしています。

840c821d.jpg






















お寺で初ライブをするという告知は
Facebookに投稿させて頂きました。

歌供養  ミナクルミナキー・ライブ
~ 弥勒菩薩と共に ~ In 勝寿寺

 日時:来月5月27日㈰15時~
 ライブ会場:勝寿寺の本堂
千葉県佐倉市弥勒町95-1
 詳細 090-4545-3131(殿)

今回は無料ご招待致しますが、
お席に限りがございますので、
お早めにお申し込みください

eb363afc.jpg





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

桜ぼかしデザイン20150314












皆様、今晩は。

昨日はお釈迦様がお生まれになった日。

イラスト お釈迦様甘茶 20150408













花祭りとも言い、甘茶をお釈迦様の像に
おかけして、誕生を祝う灌仏会が全国でも
開かれており、超忙しいと言いつつも、
庚申のお祭りと花祭りを兼ねて、お寺に
お参りに出掛ける予定でおりましたところ、
2日前に加山雄三さんの関係者の方から
「ゴー!ゴー!若大将FESTIVAL」への
お誘いがありまして、全てをキャンセル、
東京国際フォーラムAホールにまっしぐら、
11日に79歳のお誕生日をお迎えになられる
若大将のお姿と歌声をお釈迦様の代わりに
拝見拝聴して来たというファン歴〇〇年の
仏教徒失格・若大将信者のミナキーでした。

父も祖母もまだ生きていた私の幼い頃、
テレビに加山さんが出られる度に私を呼び、
その照れくさそうに歌っている姿をみんなで
拝見していた訳ですが、当時の男性の髪は
長髪が流行っており、そんな中できりっと
短くしていた加山さんの髪形は万人から
好感を持たれ、その人気は絶大でした。

MASAYUKI SUZUKI TASTE OF MARTINI TOUR 2015 “STEP 1.2.3
MASAYUKI SUZUKI TASTE OF MARTINI TOUR 2015 “STEP 1.2.3" 〜Martini Dictionary〜 [ 鈴木雅之 ]

昨日のゲストのお一人、鈴木雅之さんも、
今年還暦を迎えられるそうで、やはり、
子供の頃、加山さんに憧れ、レコードを
買う為に貯めたお年玉を握り締めて、
新曲が出る度に近所のレコード屋さんへ
走ったという話をされておりましたけれど、
私も同じく、吉祥寺駅東口の公共トイレの
隣にあった新星堂さんへ通ったものでした。

他のゲストの方々も、会場のお客様方も、
恐らく心の中で、若大将のファンとしての
自慢話を共有して愉しんでいたかのように
感じられる和やかで懐かしい時間でした。

もちろん、当時のレコードは私のお宝です。

早くレコードからCDに録音出来る機械を
購入して、自分のネットラジオ番組から
「弾厚作」作品を流したいと思っています。

それぞれのシングルジャケットも鮮明に
憶えておりまして、鈴木雅之さんが探した
「蒼い星くず」「夕陽は赤く」で着られた
ストライプのTシャツに胸マークの装いの
カッコ良さも、今度ラジオでお聴かせする
「たった一つの恋」のジャケットで煙草を
片手に背広を着てらっしゃる加山さんも、
波乗りしている天然胸毛マークの(笑)
裸の若大将のどれもが眩しいほど素敵で、
当時のファンにとっては憧れの象徴でした。

加山雄三さんの話になると、とめどなく
延々と続いてしまいますので、明日の為に
今夜はこれくらいにさせて頂きますね

【CD】加山雄三 シングル・コレクション加山雄三 [MUCD-1047]
【CD】加山雄三 シングル・コレクション加山雄三 [MUCD-1047]

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

桜 黄緑の葉と淡い薄ピンク 20150408











早速ですが、今夜は『ケ・サラ』の利き歌を
皆様と一緒にさせて頂きたいと思います。

三人三様の「利き酒」ならぬ「利き歌」。

先ずは、元祖・ホセ・フェリシアーノさん、
続いて、日本の女性歌手・岸洋子さん、
そして、イチオシのナポリ出身の男性歌手、
パトリツィオ・ブアンネさんらの歌声を
聴きながら、平和であることへの感謝と、
その裏に潜む、この世の「無常観」とを
花まつりの今日、噛み締めてみるのも
タイムリーなことではないかと思います。

平和も、人の心も、この世の全てが無常。
お金も、名誉も、愛さえも「常」ではない。
だから、欲に捉われずに生きなさい…
そんなメッセージをこの歌から感じます。

たまたま、お釈迦様の誕生日にこの歌を
聴きたいと思ったのは、不思議な気が…

悟りを開いたお釈迦様が生きていらしたら、
鼻歌でこの歌を歌われるかもしれないなと
思ったら、何だか楽しくなって来ました。

いらすとや お釈迦様 20150408

















ケ・サラ~ ケ・サラ~ ケ・サラ~ 

お釈迦様だったら「袈裟だ~ 袈裟だ~」
私だったら「今朝だ~ 今朝だ~」なんて
歌っちゃうかも(笑)…あ、本当に今朝だ!

皆様、おやすみなさ~い( ̄▽ ̄;)zzz







<手をつなごう>も、お釈迦様イチオシ!
お忘れなくね!\(^o^)/\(^o^)/

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ