タグ:ご先祖様

FullSizeRender
















皆様、今晩は。

忙しい中、番組収録の為、
マネージャーが来てくれ、
全世界へ発信する放送を
録画して行く訳ですけど、
毎日ほとんど寝る暇も無く、
お彼岸だというのに、
ご先祖様のお供物も買いに
行けない状態の中、疲れが
ピークに達し、とうとう
今日は収録を中止にして、
その代わり、ご先祖様に
ご供養のご馳走を作ろうと
いうことにしましたが、
収録よりも却って疲れが
出たものの、気分的には
清々しく満足感を得ました。


FullSizeRender




























ミナキーガーデン産の
じゃが芋や野菜を使って、
得意の肉じゃがや、
茄子とピーマン、青唐、
きのこ類の鍋しぎ風炒め物、
豚バラ大根などを作って
ご仏壇にお供えしました。

美味しく出来たので、つい
また食べ過ぎてしまった私。

「暑さ寒さも彼岸まで」と
言う通り、今日は肌寒い
一日となりましたけれども、
体調には呉々も気をつけて
連休明けを明るく健やかに
お迎えくださいね\(^o^)/


FullSizeRender





































    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

FullSizeRender
























皆様、今晩は。

先程の続きです。


牛ヒレのステーキは
フランス料理ですと、
味付けがイマイチで、
好みではない私ですが、
こうして石焼で和風の
味付けにしてもらえると、
お腹がいっぱいでも
食べられるんですよね~

お料理が美味しいと
ついついお酒も進みます。

FullSizeRender

















美味しいものを頂くと
何故か、すいません💧って、
謝りたくなるんですよね。

FullSizeRender

















祖母が亡くなってから
縁が出来たお店だけど、
その前に連れて来て
あげたかったな~と
いつもしみじみ思います。

FullSizeRender



























最後に栗ご飯と思いきや、
栗の他に沢山の木の実が⁉

デザートも美味しくて
別腹が喜びの声を上げます。

FullSizeRender
















「燈々庵」さんがいつも
最後に出してくださる
お抹茶と花豆の甘納豆が
これまた美味しいんです。

FullSizeRender













これぞ、口福!\(^o^)/

FullSizeRender















後ろ髪を引かれつつ、
「燈々庵」さんを出て
ご先祖様と帰路に就きます。

FullSizeRender













その前に、合掌造りの
旧館をご案内しましょう。

FullSizeRender















FullSizeRender















今年の十五夜は10月1日。
何年か前に「燈々庵」さんの
庭から見上げた中秋の名月は
風情があって美しかったです。

FullSizeRender
























こちらから月を愛でました。

FullSizeRender














さあ、それではいよいよ
我が家へと向かいましょう。

今日は月は見えませんが、
運よく雨に遭遇しなかった
だけでも良しとしなくては。

FullSizeRender














皆様、今日も最後まで
お付き合いくださいまして
ありがとうございました!

FullSizeRender
































    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

FullSizeRender


















皆様、今晩は。

たった今、帰省中の(笑)
父や祖母やご先祖様を
お見送りしたところです。

名残り惜しくて、ついつい
引き留め、危なく日付けが
変わってしまうとこでした。

FullSizeRender
















一般的には、日が沈む前に
送り火を焚いてご先祖様を
お見送りしなければならず、
夕食も早々と済ませないと
ならないようなのですけど、
我が家では、ギリギリまで
団欒を共にして、しばしの
別れを惜しみつつ、お盆を
過ごさせて頂いております。

FullSizeRender

















お盆以外にも地方によって
風習が違うことがあります。

また色々な行事がそれぞれ
様々なスタイルで行われて
いることを、違っていると、
とやかく批判する人もいて、
余計なお世話だと言いたく
なる時も、実はありますが、
教えて頂き、ありがとうと
素直に感謝するも、形式と
いうものにはこだわらずに、
相手とか対象とするものを
先ずは第一に尊重しながら、
実行するようにしています。

お供物も故人が好きだった
食べ物を用意して、一緒に
頂く楽しさを味わうのです。

ご先祖様や故人を敬い偲ぶ
お盆を、皆様はどのように
お過ごしでしたでしょうか。

FullSizeRender


















































    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ