タグ:まほうの家

16㈮













皆様、《まほうの家》から今晩は!

もうすぐ同窓会シーズンですね
今から練習すれば間に合います。
そんな同窓会ソングをご紹介します。

毎月1回、ボイトレ&歌謡教室を
開かせて頂いている《まほうの家》

今月のレッスン曲は私のオリジナル
<今日は久しぶりに>でした

『三面鏡』のカップリング曲です。
この曲は男性に人気で通信カラオケ
DAMとJOYSOUNDで歌えます。

男性のキーは「-5」か「-6」が
ノーマルな方は歌いやすいでしょう。

hakucho_4111021535













  
【 今日は久しぶりに 】

1.
名残り惜しいけど そろそろお開き
最後に1曲 みんなで歌おう
心寄せ合って 生きてた時代の
街に流れてた 胸焦がすメロディー

今日は久しぶりに すごく楽しかった
鮮やかに蘇る 青春の1ページ
今日は久しぶりに うんと若返った
また会える時まで 元気でいよう

2.
未来と呼ぶには 短い明日でも
君と一緒なら あの日に還れる
情熱のかけら 残っているなら
燃やしてみないか 枯れないうちに

今日は久しぶりに 旨い酒が呑めた
お互いの生きざまを 語り合い称え合い
今日は久しぶりに 恋を思い出した
ほろ酔いの涙に 乾杯しよう

今日は久しぶりに すごく楽しかった
鮮やかに蘇る 青春の1ページ
今日は久しぶりに うんと若返った
また会える時まで 元気でいよう

また会える時まで 元気でいよう

宴会イラスト①20150124


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

4f2c7e52.jpg

























皆様、今晩は。

今日第3金曜日は『まほうの家』の
ボイトレ&歌謡教室レッスン日

2f59fde4.jpg

























今月1日にインターネットラジオ
<ミナキーの洒落と歌の日々>に
ご出演頂いた『まほうの家』代表の
横田治絵さんが番組内で歌われた
《十三夜》が大変好評でしたので、
課題曲としてレッスン致しました。

2794bfca.jpg

























歌ってみたらとても歌いやすい上に
詞、曲共に充実した内容でしたので、
私もこの先、十八番にして歌おうと
思うほど、気に入ってしまいました。

いつか着物が買えるようになったら
オリジナル作品の「牡蛎船情話」や
「天城越え」などと共に着物を着て
歌ってみたい曲の一つでもあります。

ある時はジャズ歌手、またある時は
シャンソン歌手、そして、ある時は
演歌歌手⁉(笑)、本業は作詞作曲家。

最近はラジオパーソナリティー(笑)

ネトラジ ミナキーの洒落と歌の日々










「まほうの家」は四季折々の花や
景色で美しく彩られています

0d23b25d.jpg





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

7a42bacf.jpg















皆様、今晩は。

昨夜は、サ高住《まほうの家》の
代表:横田治絵さんをお迎えして
十三夜に因み、「月」をテーマに
お送りしたインターネットラジオ
<ミナキーの洒落と歌の日々>
第88回の生放送日でございました。

月に1度、第3金曜日にお伺いして
《まほうの家歌謡教室》を開き、
発声の基礎から楽しく歌唱上達の
手ほどきをさせて頂いております。

番組でもお伝えしましたように、
評判を聞いて、入居希望の方々が
殺到し、今は順番待ちだそうです。

私も時々お邪魔しては、こんな家に
住みたいな~と、密かに思ったり…
ヘルパーの資格を取って働こうかと
考えてみたり…とにかく「サ高住」
《まほうの家》は人間らしい最期を
全う出来る理想的な終の棲家です。

パソコンでご覧の方は上の画面から
スマホ等でご覧の方は下のURLから
<ミナキーの洒落と歌の日々>
第88回放送をご覧下さい\(^o^)/

リズム感を心配されていた横田さん、
昨夜は何とか遅れずに歌えましたし、
鈴の音のような美声とコブシも回り、
髪型も決まってバッチリでしたよ

今月のボイトレ&歌謡教室は17日㈮

どなたでも無料でご参加頂けます

http://www.ustream.tv/channel/uXMDeX5vaTS

d66b8a0a.jpg













《まほうの家》の会報には
愛がいっぱい詰まっています💕

皆様にも差し上げておりますので、
お気軽にご連絡をくださいネ

b6192880.jpg
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ