タグ:アーカイブ放送

https://www.bsfuji.tv/hitsongmakers2020/pub/index.html


FullSizeRender











皆様、おはようございます。


早速ですが、本日18時より
BSフジサンデースペシャル
『HIT SONG MAKERS〜
栄光のJ-pop伝説〜2020年
追悼スペシャル『消えゆく
昭和の音楽の星たち』に、
レジェンド・ディレクター
草野浩二さんもご出演され、
昨年亡くなられた偉大な
作詞作曲家や担当歌手の
お話をされますので、ぜひ、
ご覧頂きたいと思います。

草野さんは私の番組にも
一年間ご出演下さいまして、
今月丁度アーカイブ放送を
お届けしているところです。

こちらの方もご覧頂けたら
大変嬉しく存じます。
 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓












    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

FullSizeRender












皆様、今晩は。

今月は私ごとで恐縮ですが、
悪化した目を休ませる為に
パラオリンクスWebTV
歌番組「洒落と歌の日々」
を、2018年に1年間限定で
放送させて頂いた姉妹番組
「ミナクルミナキー」の
アーカイブ放送で補わせる
ことにし、隔月のゲストと
して、当時担当されていた
歌手のエピソードや、制作
秘話等、貴重な解説をして
くださった元東芝レコード
レジェンド・ディレクター
草野浩二さんのお宝映像を
放送させて頂いております。

その内容のクオリティーの
高さを存分に味わって頂き、
昭和という時代に築かれた
日本の流行歌謡曲黄金期の
音のきらめきを感じ取って
頂ければ嬉しく思います

FullSizeRender























今日の特集は、ハワイアン
歌手から歌謡曲へ転向した
渚ゆう子さんのアーカイブ
放送でしたが、どの作品も
素晴らしく、渚さんの声の
特色と妙にマッチしており、
改めて草野さんの音楽監督
としての偉大さを知らされ、
感性が揺さぶられた私です。

FullSizeRender


















皆様、ぜひともご覧下さい。

再放送には再発見が付き物。

新鮮な気持ちでご覧頂ける
内容だと自負しております。

先々週の坂本九さん特集、
先週の奥村チヨさん特集、
そして今日の渚ゆう子さん、
どの特集も皆、草野さんの
解説のお陰で、本当に一流
歌謡番組となっております。

来週の特集は欧陽菲菲さん。

こちらも面白い裏話が沢山
草野さんの口から飛び出し、
私までが聞き入ってしまう
始末でして、必聴必見です。

下記の枠内をクリックして、
こちらからもご覧頂けます。

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓












    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

FullSizeRender


















呪われた水曜日としか
思えない放送事故が、また
今夜も起きてしまいました。

皆様、今晩は。

先週は音声と映像のズレが
生じ、まるで口パクででも
歌っているように思える程、
観ていておかしかったので、
途中で放送を中止しました。

お詫びの貼り紙をしての
この1週間は、何だかんだ
忙しく、番組を振り返る
暇も無いほどで、まさか
先週に続き、今週もまた
同じようなアクシデントに
見舞われるとは…思っても
いず、ガックリであります。

今夜は目の良くない人には
分からないかも知れないと
いう程度の、音声と映像の
ズレでしたが、最後の曲で
奈落の底に突き落とされて
しまうほどのズレが生じて
いくら何でも酷過ぎる為に、
抗議する気にもなれないで
今に至ってしまった訳です。

もう写真も探す気になれず、
これからお風呂に入ろうと
思っておりますが、番組を
楽しみにしていて下さった
皆様、先週に引き続いての
編集ミスをお許しください。

プロデューサーに聞いても
原因が分からないそうです。

そもそも収録をする時間が
無い為に、アーカイブ放送
となり、編集をしてもらい、
お届けしている訳ですので、
本来は新しい内容の放送を
皆様は期待しているはずで、
どちらにしても、こちらが
悪いのだと反省しています。

これでは来週もアーカイブ
放送をした場合、どうなる
ことやら?…どうするか今、
思案中の私でございますが、
とりあえずはこれに懲りず、
一応、来週も番組をご覧に
なって頂きたいと思います。

カメラマンさんが忙しい為、
収録が出来ないというのが、
一番の問題なのですけどね。


IMG_6587




































    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ