タグ:カメムシの臭い

65ae214a.jpg













皆様、今晩は。

歯磨き粉のパック効いたようです!

昨日、カメムシに臭いづけされた
右手の親指と人差し指につけて
おいた歯磨き粉パックが効いて、
ほとんど一日で臭いが消えました!

何年か前に初めてカメムシに
臭いづけされた時は、その臭いが
消えるまで1週間もかかったのに。

その時も、香りのキツい石鹸や
台所用の洗剤、シャンプー等、
あらゆるものを使って、消臭を
試みたのですが、ダメでした

でもっ!歯磨き粉をしばらく塗って
おけば、1日で悪臭が取れることを
今回の実験で証明されましたぁ

ま、大した話じゃないですけど

70ecfc2c.jpg
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

03b6cad8.jpg













皆様、今晩は。

今日は夕方からミナキーガーデンの
野菜ゾーンにあるプランターを撤去。

夏にお世話になった茄子やピーマン、
シシトウ、甘唐辛子、オクラたちに
お礼を述べて、別れを告げました。

7c118cdf.jpg



















周りの枯れた花や葉や枝を刈り取り、
多少は荒れ果てた庭もスッキリして
片付いたような?逆にみすぼらしく
なったような…とにかく忙しくて
手付かずだった庭掃除に着手出来、
気分が爽やかになりました(^^♪…

…と書きたいところですが、なんと!
久しぶりに、あの臭~いカメムシを
雑草を抜く際、知らずに思い切り
掴んでしまったらしく、右手の親指、
人差し指が恐ろしいカメムシ漬けに。

以前カメムシに臭いづけされた時と
同様、あらゆる洗剤や石鹸を使い、
指の皮が剥けるほど、ゴシゴシと
手を洗いましたが、相変わらずの
強力な悪臭の前になすすべもなく、
最後の手段として、歯磨き粉を指に
そのまま置いて、パックしております。

カメムシは土の中で越冬するらしく、
水を撒くと、臭いで威嚇して来ます。

きっと「ひゃ~寒いようっ!」と、
臭いを出しながら叫んでいるのかも。

生き物たちに等しく季節は巡ります。

カメムシだって必死に生きています。

でも、この臭いだけはやめて~

歯磨きパックが効くかどうか(笑)
…笑ってる場合じゃないんですよ

明日のご報告をお楽しみに

ミニャキーガーデン、寂れたニャ…
75d88abc.jpg


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

142f2fd5.jpg88ec9ffa.jpgb9e2b7f7.jpg












2時半頃までは、左上の写真のように、花びらをいっぱいに広げるアネモネ。

3時頃からは早くも店じまい(笑)
その美しい花びらをあっけなく閉じてしまいます。

でも、何日もこうして閉じたり開いたり・・・息が長く丈夫で長持ち、
次から次へと花芽をつけ、私たちの目と心を楽しませ、癒してくれます。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

皆様、今晩は。 
春爛漫ですが、今日はちょっと怖い話を・・・


子供の頃、足ののろい子と手をつなぎ、足の速かった私は、
その子が少しでも速く走れるようにと、いざなったものでした。

すると、その気持ちが通じたのか、その子は少し速く走れるようになりました。

でも、普段の動作は相変わらず、のろく、男の子たちから、からかわれて、
可哀そうだったので、いつも私がそばにいて、守ってあげておりました。

内向的な子は、イジメの対象になりやすく、今ほどではありませんが、
その子も、相当傷つくようなことを言われたり、意地悪をされていたようです。

見るからに暗い子でしたので、どうして私がその子とつき合うのか、
怪訝に思っている人たちが多く、よく尋ねられました。

だって、可哀そうでしょ?・・・

そんな気持ちからだったのですが、元来、私は人や動物や草花たちから
頼りにされるのが好きで、色々な小動物を飼っておりましたから、
お世話するのはそれほど苦にはならず、むしろ、私が守ってあげなければ!
と、いうような、生きる上での強いパワーを頂いたことに感謝している位です。

でも、何とか、その子をみんなの輪に入れるようにさせたくて、
あの手、この手で誘い出すのですが、実のところ、凄く頑固で手に負えず、
本当は、私を好きだと言ってくれてる他の陽気な子たちと遊びたかった私を
手こずらせ、結局、その子を守るようにして過ごした小学校時代でした。

でも、その子は私が面白いことを言うと、お腹を抱えて笑い、時々その勢いで
オナラが出たりして、大爆笑!・・・可愛い子だったのです。(バラしてゴメン!)
私の愛?を独り占めしている時は、学校での彼女とは違って生き生きしておりました。

ある時、あることに気が付きました。

それは、その子をバカにしたり、虐めた子は、不思議と、ちょっとした怪我や
アクシデントに見舞われることが多く、その子自身もそれには気付かなかったようで、
私も、その子が、そこまでは虐められた相手をしつこく恨んではいないだろうと思い、
言わなかったのですが、その子の守り神が虐めっ子たちを懲らしめたのではないか
・・・なんて、思い過ごしかもしれませんが、子ども心に考えたりしていたものでした。

話はもっと恐ろしい話に変わりますが・・・
今年もまた、ついに、あの「カメムシ」がーっ!・・・現れたのでありますっ!(゚ロ゚;)エェッ!?

そうです!あのツタンカーメンの呪いよりも恐ろしい「カメムシ」の呪い!! 

詳しいことは、アメブロ時代の記事を検索してください(笑)

実は今日、猫の額ほどの庭を見ると、アネモネがぐったり・・・そう言えば、
私も、お花見の時から38度の熱があり、昨日までぐったり・・・と、言っても、
寝こむ暇も無く、寒気と闘いながら、ゼナの力を借りて、この4日間、気丈にも
頑張っていたものの、水をあげる気力すら残っておらず、危なく大事な花たちを
枯らすところでありまして、痛む足を引き摺りながら、救済へと乗り出した訳です。

鬼の霍乱で、頭痛と咳に苛まされながら、水道の排水溝に溜まったゴミや、
落ちた椿の花を除けようと、掴んだその瞬間、ぷ~ん・・・うげげ~っ!?Σ(`□´/)/

カ、カ、カメ~・・・カメムシやんけ~!?左手が!左手が!左手の指が~ぁぁぁ・・・

一昨年、カメムシは「のろい」と、バカにした為か、首筋を襲われ、
昨年も、カメムシが大発生して、世にも恐ろしい目に遭いました・・・

10種類の洗剤(シャンプー・歯磨き粉も含む)で、気が狂ったように、手を
洗いましたが、1週間以上も「カメムシ」の臭いは取れませんでした(泣)・・・

それまで、苦手な虫、第一位だった「ゴキブリ」を抜き、
一昨年、見事、トップに躍り出た「カメムシ」。

苦手なワケが「ゴキブリ」に関しては『動きが速過ぎて生意気』・・・だったのに、
「カメムシ」は、『臭くてのろい』なのですから、皮肉なものです・・・はっはっは・・・

のろいと、いつまでもそこにいますからね・・・
あの臭いまで、ずっと漂っていますからね・・・

皆様も「のろいもの」を、決してバカにしないように。
『のろい』の『呪い』ほど、恐いものはありません・・・

明日の晩までに、この指の臭いを取らなければ。

「指、そう、ナイス!To Come Home To」が歌えない!

そう、明日は、定期ジャズライブの日ですよ~
皆様、お待ち致しておりま~すヾ(´ω`=´ω`)ノ

9708f2a8.jpg3139590ワイングラスピンクバラ






『イベントハウス・メロディー』
定期ジャズライブ・桜フェア


水木翔子with隼トシヒデ&シーバード

1.stage 19:00~20:00
2.stage 
20:30~21:30
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ