タグ:カヴァーポップス



皆様、今晩は。

一昨々日の7日に放送されました
インターネットTV歌番組
<第1回ミナクルミナキー>の
セットリストをご紹介致します。

❶悲しき60才「坂本九」
❷ステキなタイミング「坂本九」
❸電話でキッス「ダニー飯田とパラダイスキング」
❹シェリー「九重佑三子&ダニー飯田とパラダイスキング」
❺月影のナポリ「森山加代子」
❻悲しき片想い「弘田三枝子」
❼恋人は海の彼方に「スリーファンキーズ」
❽レモンのキッス「ベニ・シスターズ」
❾悲しき願い「尾藤イサオ」

ゲストに、カヴァーポップスから
和製ポップスへと、昭和の日本の
歌謡ポップス界の全盛期を築いた
元東芝レコード・ディレクターで
今も現役で音楽プロデューサーを
なさっている草野浩二さんを招き、
草野さんが東芝時代に担当された
歌手の方々の作品をお届けした
新番組<ミナクルミナキー>は、
<ミナキーの洒落と歌の日々>と
同じ欄に並んでございますので、
下にある小さい方のTV画面に
目を移し、番組名と日付を確認後、
その画面をクリックしてから再度、
大きな画面に戻ってご覧ください。

今年81歳になられる草野さんと。
af69cff2.jpg




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



皆様、今晩は。

いよいよ明日3月7日㈬19時40分に
スタートするインターネットTV
<ミナクルミナキー>のゲストは、
日本にカヴァーポップスを流行らせ、
和製ポップス全盛時代を築き上げた
元東芝EMIミュージックジャパンの
名ディレクターであり、今も現役で
カリスマ音楽プロデューサーとして
ご活躍中の『草野浩二』さんです。

坂本九さんを始めとする数多くの
実力派スター歌手を育成すると共に
たくさんの作詞作曲編曲家も育てた
草野さんのプロデューサーとしての
センスと才覚、そして人間味溢れる
仕事ぶりとそれによるヒット作品は、
草野さんが東京芝浦電気レコード
事業部に入社された1960年当時の
高度成長期に伴う日本人の向上心と
プライドへの活性剤のような役割を
担っていたのではないかと思います。

世界中でヒットした坂本九さんの
『上を向いて歩こう』を口ずさみ、
日本人みんなが上を目指して働いた
あの活気溢れる良き時代のお話を
伺いながら、今回はカヴァー曲を
中心に、草野さんが育てられた
歌手の方々の代表ヒット作品を
時間までお届けしてまいります。

どうぞ、明日の放送をお楽しみに
生放送直後から再放送が半永久的に
ご視聴頂けますのでご安心ください。

「草野浩二 画像」の画像検索結果
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ