タグ:カヴァー曲

FullSizeRender

















【本日お薦めの逸曲№16】

 シェリー
「ザ・キングトーンズ」

作詞:ボブ・ゴーディオ
作曲:ボブ・ゴーディオ


元歌:フォー・シーズンズ

インターネットTV歌番組
ミナキーの洒落と歌の日々

2020.6.3㈬第219回放送
テーマ:懐かしの洋楽
ポップスカヴァー曲特集

こちらからもご覧頂けます。
  ↓  ↓  ↓  ↓
https://www.ustream.tv/recorded/126839002

IMG_3696











1962年に数週間にわたり、
全米ヒットチャート第1位
を獲得し、大ヒットした
「フォー・シーズンズ」の
「シェリー」のカヴァー。
フォー・シーズンズ「シェリー」ジャケ写











フランキー・バリの強烈な
ファルセットが魅力のこの
曲は、私の尊敬する音楽
プロデューサー、草野浩二
さんが担当された歌手の
九重佑三子さんとダニー
飯田とパラダイスキングの
カヴァーの方が、日本では
大ヒットしましたが、この
ザ・キングトーンズさんの
メインヴォーカルであり、
昨年他界された内田正人
さんのファルセットによる
歌唱も素晴らし過ぎるので、
今回はこちらを選びました。

カヴァーから歌謡ポップス
黄金時代を築き上げたのが、
レジェンド・草野浩二さん。

FullSizeRender




















この番組にも特別に1年間
ご出演くださった草野さん。

所謂、オールディーズと
呼ばれているこの時代の
カヴァーソングは、私も
大好きで、ライブではよく
歌わせて頂いております♬

そのほとんどの曲の訳詞を
手掛けているのが草野さん
の兄でもある漣健児さんで、
元シンコーミュージックの
社長「草野昌一」さんです。

さて、キングトーンズさん
と言えば、1968年ヒット曲
グッド・ナイト・ベイビー
で、フランキー・バリさん
のように、ファルセットが
魅力的なメインヴォーカル、
内田正人さんの歌唱が絶品、
ぜひ、お聴きくださいませ。

改めて、内田正人さんの
ご冥福をお祈り致します。

FullSizeRender































    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

⑦時間のない街「鈴木トオル」















【本日お薦めの逸曲 №6】


 時間のない街
「鈴木トオル」


作詞:鈴木トオル
作曲:中村由利子

リリース 1994年

1994年 映画
「毎日が夏休み」主題歌
金子修介 監督
佐伯日菜子 主演


インターネットTV歌番組
ミナキーの洒落と歌の日々

2020.6.10㈬第220回放送
テーマ:時・時間・時計
「時の記念日」を記念して


こちらからご覧頂けます。
  ↓  ↓  ↓  ↓
https://www.ustream.tv/channel/22002572

IMG_3696












鈴木トオルさんの声を私が
初めて聴いたのは、実は
1993年になってからでした。

ノエビア化粧品①














ノエビア化粧品のCMとして
中森明菜さんのカヴァー曲
「スローモーション」を
歌うその独特な高音の声に
惹かれ、たまたまお世話に
なっていたディレクターに
鈴木トオルさんのカヴァー
曲集デモ歌音源を頂いた為、
聴いている内に、益々その
歌い終わりの哀愁を帯びた
歌唱法や声のセクシーさに
感応したのがファンとして
ハマったキッカケでした

鈴木トオル LOOK 切り抜き










バンドLOOKのギターと
メインヴォーカルを担当。

1985年4月21日、シングル
「シャイニン・オン 君が
哀しい」(サントネージュ
ワインのCM)でデビュー。
20万枚を売り上げるヒット。

鈴木トオル 可憐①















現在もライブ活動や新曲を
発表するなどしてご活躍を
されていますが、コロナの
影響でライブの予定などが
変更となっておりますので、
ホームページをご覧になり、
諸々の確認をされて下さい。

TORU SUZUKI OFFICIAL
WEB SITEは、こちらから。

  ↓  ↓  ↓  ↓

http://www.the-musix.com/tohru/index.html

鈴木トオル オフィシャル①

































    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

加山雄三 ヨットの上、右手上げ水色のTシャツ















【本日お薦めの逸曲№2】

ハワイアン・ウェディング・ソング
「加山雄三」


詞:A.Hoffman・D.Manning・C.E.King
曲:C.E.King


リリース 1971年
アルバム「TRIP OF DAVID」

インターネットTV歌番組
ミナキーの洒落と歌の日々

2020.6.3㈬
第219回放送
往年の日本人歌手が歌う
懐かしの洋楽スタンダード
ポップスカヴァー曲特集

こちらからご視聴頂けます。
  ↓  ↓  ↓  ↓
https://www.ustream.tv/recorded/126839002

IMG_3696













番組でもお伝えしましたが、
子供の頃、加山雄三さんの
大ファンで、初めて買って
もらったレコードアルバム
「ハワイの休日」を何度も
聴いては、その声や詩曲に
酔いしれたものでしたが、
アニメに夢中になっている
同級生の子たちに比べると、
やはり、マセていたかも?

FullSizeRender






















とりあえず、新曲が出たら
シングルも買い、アルバム
が出れば、それも買い続け、
小学校を出るまでは律義な
ファンでいた私でしたが、
中学生になると、身近な
男の子へとその興味は移り、
加山雄三さんの結婚を機に
レコードは買わなくなって
しまったという訳で、この
ハワイアン・ウェディング
ソングが入っているという
カヴァーアルバムは手元に
無かったのでありました

FullSizeRender














ちなみに、若大将シリーズ
マドンナ役の星由里子さん
ほど美しい女優はいないと
思っていた少女の頃の私は、
星さん以外の相手役の時は、
ジェラシーを感じましたね。

エレキの若大将①












その星さんももうこの世に
いないと思うと、寂しくて、
余計に若大将には頑張って
もらいたいと思うのですが、
青大将役の田中邦衛さんも
お噂では車椅子の生活とか、
認知症がすすんでいるとか、
芳しくないお話をお聞きし、
誰でもが人はいつか死ぬと
解っていても胸が痛みます。

南太平洋の若大将①






















ところで、このハワイアン
ウェディング・ソングは
色々な歌手の方々が歌って
おられ、そのメロディーの
高低差の美しさが魅力的と
言えますが、英語の発音は
もちろん、加山雄三さんが
ご自分のオリジナル以上に
上手く歌われていたので、
今回のカヴァー曲特集には
採り上げさせて頂きました。





こちらのハワイの歌姫?
Cathy Foy Mahiさんとの
デュエットヴァージョンも
良いですが、ソロの方が
個人的には好きです(笑)

何故かいつも色々な困難に
見舞われながらも、元気な
お姿を私たちに見せてくれ、
明日への希望の灯りを点し
続けて来てくれた加山さん。

永遠の若大将として、まだ
歌い続けて行ってほしいと
心から願っております

青い海にハンモックとヤシ





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ