タグ:サリン事件

FullSizeRender


皆様、おはようございます。

考えてみると、3月という
月は、色々な意味で、何と
騒がしい月なのでしょうか。

吉凶合わせると、毎日が
忘れられない記念日だらけ。

先ずはおめでたいことから
あげると、親しい人たちの
誕生日が結構多く、例えば
うちのおばあちゃんは25日。

他に、親友、恩人等、割と
気の合う人の誕生日が多く、
命日も季節柄多いようです。

行事もこの時期はひな祭り、
ホワイトデー、春分の日、
卒業式、お花見等といった
大事なイベントが目白押し。

ところが、コロナウィルス
騒動で、卒業式もお花見も、
中止にするというところが
多くなってしまい、まるで
街はゴーストタウンのよう。

ゴーストタウンと言えば、
9年前の東日本大震災の為、
原発のある福島県楢葉町の
田舎の親戚は全員、故郷を
捨てざるを得ず、ゴースト
タウンと化してしまった
あの恐ろしい3月11日から、
私の中の3月は災難の方の
占める割合が圧倒的に高く
なってしまったのでした。

そして、少し遡り25年前の
今日3月20日に新宿にある
仕事関係の店の開店祝いに
向かった際、サリン事件が
起き、電車が不通となって
大変な目に遭い、その3日
後に、私は過労が引き金と
なり、持病が悪化、意識が
無くなるほどの激痛と共に
入院し、手術で一命を取り
留めたのでございました😅

もっと遡れば、父が他界し、
悲しみのあまり、この世に
未練が無くなって死のうと
したのも3月のことでした。

まだまだ思い起こせば色々
3月の記念日はある筈です。

激震の3月‼️激痛の3月‼️

インターネットTV歌番組
ミナキーの洒落と歌の日々
スタートしたのも4年前の
3月でしたし…あっという
間に5年目突入なんですね。

私の人生において3月ほど
激動の月は無いでしょう。

皆様は、如何でしょうか?


FullSizeRender





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

337a36cf.jpg















皆様、今晩は。

実は最近、足がパンパンに浮腫んで、
首筋、肩、腕、そして、心臓が痛くなると
いう症状が続き、辛くて仕方ないのですが、
前向きに頑張っておりますO(≧∇≦)O

20年前の私も、今頃は倒れる寸前で、
忘れもしない、サリン事件の3月20日、
身体の痛みに耐えながら、知人の店の
開店祝いに、新宿へと出掛ける途中、
事件が起きたことを知ったのでした。

義理を欠いてはいけないと、病気の体を
引きずって、出掛けた矢先の事故ですから
それはそれは辛かったこと…あの痛みは
生涯ずっと、忘れることはないでしょう。

まだ携帯電話がそれほど普及していない
時代でしたから、公衆電話の前はどこも
長い行列が出来、タクシー乗り場も、
タクシーが来ない為、長蛇の列が出来、
立っているのがやっとなほどの状態の私は
足がつり、腹痛と出血で、貧血になり、
その3時間後、ようやく向かうことに
なっていたお店の方からお迎えが来て、
仕事先へと辿り着いたのでありました。

その3日後、激痛でショック状態になり、
病院へ搬送され、翌日、緊急手術をし、
一命を取り留めたという、サリン事件の
被害ではないものの、多少はその影響も
あったのではないかと思われる、個人の
歴史においても忘れられない日なのです。

11日の東日本大震災の日も、丸の内に
向かう為、家を出ようとした矢先に発災、
帰宅難民になる寸前で、難を免れまして、
3月というのは、何かと賑やかしい月で
あることを記憶した次第でございます。

祖母の他界から10年、サリン事件から
20年、東京から千葉へ越して30年…
戦後70年を含めまして、今年は節目の年。

とりあえず、私の場合、今年は人生の
再スタートを切る助走の一年として、
人の役に立てるように、色々な分野の
勉強や研究をして、「厄年」を「役年」に
替える努力をしてゆきたいと思っています。

では、皆様、今夜も遅くまで、こんな私に
お付き合い頂き、ありがとうございました。

今夜は暗い内に…おやすみなさい。

f0a66575.jpg

















    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

f4e32791.jpg















皆様、今晩は。

また今日も、あっという間に日が暮れて、
想い出と現実と未来とが交じり合う様を、
夕焼けの彼方に見送った後の、静寂に
抱かれながら、この部屋へ来た私ですが、
皆様は、如何お過ごしでしたでしょうか?

今朝のブログでお知らせしましたように、
今日は祖母の命日で、ちょうど10回忌に
当たりますが、面白いことに、私がもし、
あの時、名医に巡り会えず死んでいたら、
今月23日が20回目の命日だったのです。

平成7年に救急で運ばれ、運良く次の日、
緊急手術を受けることが出来たお陰で、
20年も命を存えることが出来ました。

こうして見ると、三月という月は、
命に係わる記念日が多いということに
気付かされ、不思議な因縁を感じます。

昭和20年3月10日 東京大空襲記念日
平成 7年3月20日 サリン事件勃発
平成 7年3月23日 ミナキー倒れる
平成17年3月17日 祖母逝去
平成23年3月11日 東日本大震災発災

ちなみに、祖母の誕生日が
大正3年3月25日で、生まれた月も
没した月も、3月ということですから、
数字が導く運命的な出来事の神秘を、
改めて感じつつ、10年前の今日を
心で辿って過ごした一日でございました。

10年ひと昔、20年ふた昔…
あっと言う間の人生模様、これからも
皆様と共に、昔を楽しく振り返ることが
出来るよう、未来に希望を持って
生きてゆきたいと思っております。

次のページで、母でもある祖母への
鎮魂歌「母ふたり」の詞を、勝手ながら
今年も掲載させて頂き、祖母の命日に、
冥福を祈らせて頂きたいと思います。

来る4月5日(日)の「たんぽぽ」さんでの
ライブには、私と同じように、二人の母を
持つ「磯千鳥サチ子」さんが、この曲を
歌いに来てくださいますので、ぜひとも、
『花よりカラオケ・レクチャーライブ』に
ご参加の程、宜しくお願い申し上げます。

1aa55101.jpg



















いよいよ、我が家自慢の「八重椿」が
咲き始めてまいりました。綺麗でしょ?


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ