タグ:伊藤咲子

ecc485cc.jpg













皆様、今晩は。

昨夜はインターネットラジオの私の番組
<ミナキーの洒落と歌の日々>を
視聴頂きまして、ありがとうございます!

番組終了後、大変なことに気が付きました。

ゲストの原ゆう子さんからリスナーの
皆様に明日の歌謡ショーのチケットを
プレゼントするはずでしたのに、後で
お知らせすると言っておいて、ケロッと
忘れてしまいまして、番組が終わってから
あっ!と気が付き、青ざめました

番組のメール、またはツイッターのDMで
お申込み頂いた先着三名様の方に
明日7月1日(金)15:00開場 15:30開演
「夏の歌謡フェスティバル」日本歌手協会
主催のチケット(6000円)を差し上げます。

13列目のとても良いお席です。

原ゆう子さんの他に、田辺靖男さん、
千昌夫さん、田川寿美さん、伊藤咲子さん、
じゅん&ネネさん、司会の北川大介さん等、
新人歌手の方々も大勢ご出演なさる予定で、
その中で、原さんは私の曲《海が匂う》を
ご披露してくださる予定でございます

今、ツイートでもお知らせ致しましたので、
お早めにご連絡をください!(;^ω^)

では、お申込みをお待ち致しております。

あ!場所は《かめありリリオホール》です。

また肝心なことを忘れるところでした

63f2eece.jpg

海青20140709














皆様、今晩は。

そろそろ、夏の疲れが出る頃かと案じておりますが、
皆様の健康状態は如何ですか?

ここに来て、体調を崩す方が続出!・・・
これだけ暑くては、普段丈夫な方でもマイッテしまいそうですね。

私?・・・う~ん・・・なんとか踏ん張ってはいるものの、
正直、絶好調!とは言えないカンジではあります。

が、しかし! 仕事柄、弱音は吐けない、愚痴れない・・・
なので、今日も空元気でカラカラッと笑って頑張っております。

倒れそうでも頑張れる力は、どこから湧いて来るかと言うと、
頑張っている人の姿から、そのパワーを頂くことが殆どです。 

ですから、私も頑張ることで、誰かしらに元気を与えていることになり、
その元気が「笑顔」というカタチで、また自分に跳ね返って来る訳で、
人から元気や笑顔を頂いて、少しでも気分良く毎日を過ごしたいならば、
先ず自らが明るい笑顔で、人に対して包容力を持ち、優しく、元気よく、
行動するよう、常に心がけながら、頑張っているつもりでおります。

<情けは人の為ならず><笑顔は人の為ならず>でございますね~

さて、若い頃と違って、その日の疲れは翌日よりも、その翌々日あたりに
出て来るようになったと感じている方も多いのではないかと思うこの頃、
一昨日の『同窓会コンサート』の出演者はどうなのかしら?と想像しつつ、
感動の余韻は、それと反比例して、昔よりは早く消えてしまう・・・と言うか、
単に、忘れっぽくなって来た・・・ということなのか(笑)、どちらにしても、
「中高年」の部にいつの間にか所属している身としては、もう少し、他の
出演者の方々の素晴らしさを、忘れない内に(笑)書き留めておきたく、
8月20日の昼の部の『同窓会コンサート』の感想第3弾をここにまとめました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…

このコンサートでは、60~70年代のヒットソングを中心に、その頃活躍された
歌手の方々が13組ほど出演され、変わらぬ歌声を披露してくださいました。

アイドルだった「あいざき進也」さんも50代とは言え、変わらぬ甘い声と
シャープな動きで観客を魅了され、司会業もイケるのではないかと思うほど、
トークが良かったのには驚きましたし、フィンガー5の「晃」さんの歌唱力も健在で、
狩人の「高道」さんも期待を裏切らない歌唱を披露、素晴らしかったです。

昨日も書かさせて頂きましたが、元かぐや姫の「山田パンダ」さんは、
今回初めて、じっくりソロを聴かせて頂き、失礼ながらこんなにお上手とは
存じなく、「落陽」の歌と共に1番印象に残っただけに、「22歳の別れ」を
また機会があったら、ハモリ上手な方と共に歌ってもらいたいと思いました。

他に、男性軍では、「タケカワユキヒデ」さん、「加橋かつみ」さん等が、
いい味を醸し出し、私の好きな「ガンダーラ」や「花の首飾り」等を披露、
一緒に歌ったりして、懐かしい時間を過ごしてまいりました。

女性軍も、総合司会?の「あべ静江」さん、「伊藤咲子」さん、「今陽子」さん、
元青い三角定規の「西口久美子」さん、「LILIES」のお二人・・・と、皆さん、
昔と変わらぬプロポーションと歌声で、魅せてくださり、あっと言う間に終了。

「チェリッシュ」のお二人からも《大切なもの》が伝わり、『同窓会コンサート』は
ほのぼのとした温かさと懐かしさが込み上げてくる珠玉のコンサートでした。

表舞台では、皆、笑顔を輝かせ、元気にステージを務められておりますが、
中には、「西城秀樹」さんだけでなく、病気や色々な問題と闘われながら、
満身創痍で出演されている方もおられるようで、本当にいつも頭が下がります。

それにしても、「尾藤イサオ」さんの動きと抜群の歌唱力には、毎回、
興奮させられますね(笑) 恐らく今回の出演者の中では1番のご高齢?・・・

「尾藤」さんには、リアル若者に負けない歌唱力とダンスとパフォーマンスで、
いつまでもカッコ良いステージを魅せ続けていってほしいと望みます。

そして、数々のヒット曲を飛ばして来た「西城秀樹」さん、どうか、いつまでも
その不屈の精神で、ステージに立ち続けていてください!私たちの為にも。

最後の曲はもちろん<ヤングマン>、私も踊りながら歌いましたよ!

死ぬまで「ヤングマン」でいる為には、笑顔と希望を絶やさないこと。
それには、こうして頑張っているアーティストたちのステージを観に行き、
その姿を刻み付け、応援すると同時に、対抗意識も持つことが大事です。

元々、骨太で、手足が太く、身長も低い私ですから、「西口久美子」さんや
「LILIES」さん、「今陽子」さん、「あべ静江」さん、「伊藤咲子」さんのような
プロポーションの良い方々とは、とうてい対抗なんぞ出来っこありませんが、
歌唱力では負けないぞ…と、思ってみたり、あの動きだったら私の方が…等と
思ってみたり、美意識を常に持ち、音感をさらに鍛え、私は私なりの場所で、
観に来てくださった方々に、元気と刺激を与え続けさせて頂くつもりでおります。

『同窓会コンサート』出演者の皆様、元気と刺激と感動をありがとうございました!
img319









このページのトップヘ