タグ:冥福

Kichan 花びらの舟 20140813












皆様、今晩は。

6日の夕方、恐らく私を1番理解し、
母親以上の思いで尽くしてくれた
大切な生徒さんが急に亡くなって、
そのご子息が私に会いたいと言い、
雨の中、訪ねて来てくれました。

まるで母親であるその生徒さんが
ご子息と共に会いに来てくれたと
思えるような感覚の再会でした。

一人息子のYさんには子供も無く、
昨年、父親を、そして、この6日に
母親を失くされ、どんなにか寂しく
悲しく、お辛いことだろうと思うと
涙が止まらず、そんな失意の底の
ご子息の背中を押して、お母様が
私の元に向かわせたのではないか?
という気さえして来るのでした。

美しく、お優しく、上品なYさんの
お母様は仲間の生徒さんたちからも
憧れの的で、歌唱力も抜群でした。

雨女でもあり、旅行に行けば必ず雨。

一昨日から降り出した雨は果たして
最後のお別れの土曜日まで続くのか

晴れ女の私が一緒だと曇りになった
想い出が鮮やかに蘇ってまいります。

昨夜、ご子息が待つお店に急いだ時、
道を横断しようとして転んでしまい、
また、以前骨折した同じ所を強く
地面に打ち付けてしまいました。

幸い、骨折は免れたものの、今は
その痛みが雨音と共にシクシク疼き、
泣き虫だったYさんの最期を思うと
誰にも看取られずにどんなに苦しく
心細かったことか…胸が痛みます…

だいぶ足も痛くなって来たのでまた。

Yさんのご冥福をお祈り致します。

img268

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

お正月羊くん梅に鶯

















皆様、今晩は。

今日は午前中から「新春の宴」という
伊藤楽器の歌の催しがございまして、
西船橋まで出掛けてまいりました。

相変わらず、2時間しか寝ておらず、
絶不調でしたが、傍目には元気に
見えるらしく、またもや歌など歌い、
たくましく生き抜いてしまいました。

実は、このところ体調が悪かった
理由に、イスラム国に拘束された
後藤さんの安否が気がかりだった
ことがあり、これまで人道支援の為、
危険を顧みず、現地の情報を世界に
発信しようと、ジャーナリストとして
立派で温かい行動を続けて来た人が、
何故、殺されなければいけないのか、
その理不尽さ、そして、イスラム国の
惨忍さに、怒りや哀しみを超えた
虚しさを感じ、何をしていても気が
塞ぐばかりで、その結果、腹痛や
頭痛、肩凝り、吐き気、腰痛までも
引き起こしてしまったという訳です。

もちろん、レッスンや打ち合わせの
最中には仕事に集中しておりますが、
帰宅後は、後藤さんのことが心配で
ブログどころじゃなくなり、夜な夜な
ネットを検索、事件内容だけでなく、
つい色々な人が投稿したコメントを
読んでしまい、心無い意見、後味の
悪い文章等に愕然とすることも多く、
イスラム国やテロの恐怖と並行して、
ネット社会の恐ろしさも味わうことに。

とにかく、非常に残念な結末となり、
後藤さんのご家族、友人、知人の
方々の落胆と悲しみは如何許りかと…

心からご冥福をお祈り申し上げます。

心臓がまた痛み出して来ましたので、
今夜はこれくらいにしておきます。

おやすみなさい

世界のどこかで今も たくさんの人が
見えない敵に怯えて 暮らしているよ

久しぶりに、<手をつなごう>を。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

fda6a95d.jpg5769ad15.jpg












皆様、今晩は。

やっと風が止み、夕方、2輪の「夜顔」が、白く美しい
その顔に、爽やかな微笑を咲かせてくれました。

昨日、蕾のまま命を終わらせた薄幸の「夜顔」の分も、
今夜一夜を精一杯生きてほしいと願うそばから、
今度は、雨が容赦なく「夜顔」のうなじを叩きます。

この写真を撮った直後、二つの「夜顔」は雨に打たれ、
その美しい花姿をあっけなく乱されてはしまったものの、
束の間の夜に漂う「生まれて来た証」のような残り香は、
私の胸にいつまでも甘く切なく消えずにいることでしょう。
b30537c1.jpg865d0e4b.jpg














さて、今日は、520人が犠牲になった日航ジャンボ機
墜落事故から29年目の「8月12日」。

お盆の入りの一日前、そして、この家に引っ越して来る
二か月前の出来事ですから、忘れることが出来ません。

当時の私は、芸能界の片隅で、人間不信に陥り、
何もかもに嫌気がさして、違う土地で人生をやり直そうと、
生まれ故郷の東京を後にする決意を固めたとこでして、
夏の暑さに汗を掻き掻き、ここ八千代の家に越す準備の為、
通っている最中に飛び込んで来たニュースでありました。

人は死を目の前にした時、どういう精神状態になるのか・・・

二度と生きて踏みしめることの出来ない大地を思い、
空中を彷徨う飛行機の中で、恐怖に怯えながら、
犠牲者の方々が家族に最期のメッセージを残したメモを、
私たちも生きる指針として忘れてはなりません。

いつどうなるか分からない「命」。

草花にも、虫たちにも、動物にも、人間にも、
全ての生き物にはかけがえのない「命」が宿っています。

でも、皆、その期限に保証はありません。

たった一夜の命しか授けられていない「夜顔」だって、
一夜に咲くことが出来たらラッキーなのです。

30分だけでも、今日の「夜顔」のように、花を開かせることが
出来ただけ、蕾のまま散って逝った昨夜の花よりは幸運です。

ジャンボ機墜落の犠牲者の方々が遺した家族宛ての
メモに託された走り書きから、最終的に感じ取れるものは、
恐怖や絶望を超えた涙に光る「崇高な愛」であることです。

この家に越して来た年に起きた史上最悪の航空機墜落事故。
二度とこのような事故が起きないよう、祈ると同時に、
犠牲者の皆様のご冥福を祈り、清らかで美しい花の命を捧げます。

何でも「明日から」と言って、物事を先延ばしになさっている方、
明日はどうなるか、命はまだあるか、誰にも分かりませんから、
「明日から」を「今から」に変えて、今を生きることに専念致しましょう!。

とっさに今、死が迫ったら、最後のメッセージが書けますか?
「感謝」の言葉で、最後の手紙を綴れるように、日頃から
その日その一瞬を大切に、家族や友人と過ごしたいものですね。

ああ…千葉県人になって29年も過ぎちゃったんですね~
犠牲者の方々の分も、頑張って生き生きと、生きなければ!

そして、もっと生きたかったであろう身近な人たちの為にも、
不平不満をこぼさず、授かっている命を輝かせて生きなければ!

・・・そう、思います。

では、今日の最後に「花のお届け」でお馴染みの『Kichan』様から、
哀しみを鎮める美しい花の画像を、お借りしてまいりましたので、
明日の『お盆の入り』を迎えるにあたって、ご先祖様への思いと、
29年前の『日航ジャンボ機墜落事故』犠牲者の方々への冥福とを
併せて祈り、心の献花を捧げさせて頂きたいと思います。 合掌。

Kichan ブルーのバックに水色の花20140716








    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ