タグ:包容力

FullSizeRender














皆様、今晩は。

昨夜は、リスナーさんと
放送局との板挟みになり、
クレーム処理に追われ、
疲れ果ててしまいましたが、
一晩寝たらすっかり元気に。

他にもガックリ来るような
出来事があったのですけど、
気持ちを切り替えました。

常に、相手の立場を思える
自分の包容力がどんな時も
解決策を導いて来てくれた
背景には、子どもの頃から
人や動物にやさしく接する
父の後ろ姿を見て育った私
の生い立ちや、元々の性格
というものがあるようです。

それでも、容赦のない攻撃、
自分よがりの言い分などで、
相手を攻め続ける人も多く、
確実に、時代はクレームの
激流に飲み込まれていると
思わざるを得ない風潮社会
となって、益々昭和という
時代のぬくもりを引き継ぐ
世代の我々を時代の外へと
追いやろうとしているのが
感じられるようになっては
来ましたが、若者の中には
まだ、捨てたもんじゃない
と、思わせてくれるような
人たちもいることはいます。

いや、歳は関係ないかな⁉
私より年上の人でも自己中
極まりない人がいますもの。

∞YOUNG20131003















「手をつなごう」という
私の作品の詞のフレーズに
「許し合い~、認め合い~
力を合わせて~」という
大事な箇所があるのですが、
最近は「絶対に許せない!」
と言い、自分の主張だけを
突き付ける人たちが多くて、
本当に哀しくなりますね





せめて、このコロナを機に、
人間として思いやることの
大切さ、助け合わなければ、
生きていけないんだという
当たり前のやさしさを胸に
また歩き始めてみませんか。

許し合い、認め合い、感謝
し合うことで、ウィルスは
死滅するかもしれませんよ。

感情という、心の情脈を
綺麗に生き生きとさせれば、
病気に打ち勝つ抗体さえも
生まれて来るかも知れない。

強い人ほどやさしさを持ち、
些細なことで人を責めたり、
罵倒したりしないものです。

先が見えないこの状況下で、
理想論ばかり唱えていても
呆れられちゃいそうなので、
今日はこの辺で失礼します。

最後までお読み頂きまして、
ありがとうございました💖

いらすとや 猫にパソコン作業を邪魔される





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

a9d8cdde.jpg













皆様、今晩は。

今日は「納めの大師」。

私は割と昔から、「納め役」に
回ることが多く、小学生の頃も、
虐められている転校生をかばい、
その泣き虫の男の子たちがみんなに
受け入られるように仕向けて行く
算段をしたりすることが得意でした。

あくまでも目立たぬように(笑)

恩を着せるのも、着せられるのも
好きではありませんが、正直、
そういった子たちが、やがて、
何事も無かったようにみんなと遊び、
私などに見向きもしないようになると、
少し寂しいような気持ちになり、
「恩も忘れて…」と、思いもします。

でも、男の子は男の子同士で
仲良くすればいいだろうと思ったし、
女の子にはけっこうモテたので、
それはそれで、楽しく、懐かしい
想い出として、今も胸に鮮やかな
明かりを灯し続けてくれています。

それから〇〇年…

不思議なことに、小学生の頃と
そう大して変わらない役割を
自分が担っていることを、最近
感じるようになって来ました。

大人の社会も、子どもの社会の延長。
でも、子どもの社会より、ちょっと
厄介で、納まりがつかない状態に
なることが多いような気がします。

それは、子ども自体が大人だった
昔と比べ、未熟な思想のまま
姿だけ大人に成った子どもたちが
社会を形成しているからであり、
人の痛みを解ろうともせずに、
自分の主張ばかりを通そうとする
幼児的人間が増えたからでしょう。

『納めの親善大使』に任命された
私にとって、納めづらくなって来た
世の中と、人々の関係ですが、
根気よく、人の意見や考えを聞き、
その心の悩みや哀しみに、そっと
寄り添えるような包容力と人間力を
磨く努力を、これからも惜しみなく
続けて行くつもりでございます。

肌と肌を通して、心を磨き合った
子どもの頃の感動が懐かしくもあり、
ネット社会の今こそ、重要なこと
ではないか…と、思うこの頃です。

何か、納まりのつかない文章に
なってまいりましたので、この辺で。

今日は「納めの大師」。
私は「おかめの大使」。

…だめじゃ、こりゃ!納められずに
今日が終わってしまう~(ToT)/~~~

おやすみなさ~い☆彡

cdf2e6a0.jpg


















    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ