タグ:命

FullSizeRender














皆様、今晩は。

今日は久しぶりに
台風一過ではない(笑)
青空が広がりました。

千葉では先月、台風15号が、
そして、先週は台風19号が
猛威を振るい、関東から
東北に、まるで川津波とも
言えるような恐ろしい雨の
被害をもたらしたのでした。

我が家もまだ15号の爪痕が
ミナキーガーデンを悲惨な
状態にしたままで、日々の
暮らしに追われ、なかなか
片づけられずにおりますが、
とりあえずは、命が無事で
あったことに感謝をしつつ、
父が天に召された49年前の
10月に思いを馳せています。

青空とコスモスSP①














当時の青空の美しいまでの
哀しみや、風に揺れていた
薄紅色の秋桜と赤い鶏頭の
涙を焦がすほどの鮮やかな
想い出を綴らせて頂いてる
今の私が、こうしてここに
存在しているのは、あの日、
死ぬことより生きることを
選んだからに他なりません。

今も被災地で苦しんでいる
被災者の皆様、天を恨まず、
この哀しみを、この運命を、
希望の色に塗り替え、空を
爽やかな気持ちで、仰げる
日が来ることを信じながら
頑張ってほしいと思います。

父を追って死のうとした
少女の私がこうして今月、
父の五十回忌法要を営み、
あんなに悲しかった青空も
今では美しく思えるように
なったこの年月を振り返り、
少しでも悲しんでいる人の
役に立てるようなことを
させて頂くことが、人々に
優しかった父へのご供養に
なるのではないかと信じて
これからも、私は私なりの
出来ることで、人に尽くし、
社会に奉仕してまいります。

FullSizeRender














只今、宮城県に救助活動に
行っている知人から連絡が
入りましたが、テレビ等で
報道されている以上に酷い
状況のようで、雨の、水の
恐ろしさを目の当たりにし、
今も必死に作業中とのこと。

泥の中に埋もれないように
気をつけて救助活動に励む
ように…と、伝えましたが、
そういった方々も、本当に
大変で、救援物資も足らず、
今日一日、おにぎり1つで
労働しておられたそうです。

それでも、被災者の方々を
慮り、自分の健康も顧みず、
救助活動に従事されている
関係者及び作業員の方々に、
心から感謝と労いの言葉を
送らせて頂きたく存じます。

どうぞ呉々もお気をつけて。

アメブロの記事も読んで
頂ければ嬉しく思います💖

下記をクリックしてネ
 ↓  ↓  ↓  ↓
https://ameblo.jp/karankoe612-15/entry-12537681707.html

天は地にあり、神は人にあり

FullSizeRender
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

枯葉が何枚かノートの上












皆様、今晩は。

少し秋らしい気温に下がり、
体調を崩している方が多い
今日この頃ではありますが、
どんなに具合が悪くても、
休む訳には行かない理由を
抱えている私にとっては、
季節とか気温など関係なく、
一日一日が人生の勝負です。

レッスン日の今日も、無事、
授業を終わらせ、こうして
ブログ日記を書いていると、
とりあえず、今日の命に
感謝したくなるのですから
ブログ日記を続けることは
素晴らしいことなんですね。

父の50回忌が近づきました。

生きている父への親孝行が
本当はしたかったのだけど、
まさかあんなに早く天国に
召されるなんて、思っても
いなかっただけに、今回の
50回忌法要は私にとっての
大切な親孝行となるのです。

では、せめて50回忌法要の
当日を迎えられますように、
朝にならない内に休みます。

大事なことはまた明日中に
お知らせしたいと思います。

今日も一日お疲れ様でした。


7a673c92.jpg








    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

FullSizeRender

皆様、今晩は。

彼岸明けの今日は、久々に
一日中、家におりましたが、
あっという間に一日が過ぎ、
また作品を仕上げる時間を
失い、焦りつつもブログを
書き始めたところです。

FullSizeRender

彼岸花が今年はだいぶ遅れ、
彼岸最終日の今日辛うじて
咲き始めてくれましたので、
台風15号の爪痕がまだ残る
荒野のミナキーガーデンも
本格的な秋へと季節を移す
準備が整ってまいりました。

FullSizeRender

今月は色々な行事に追われ、
忙しさも盛り沢山でしたが、
何とか、こうして無事生き、
曲がりなりにもそれほどの
迷惑を世間にかけもせず(笑)
歌の道を突き進んで来れた
ことは、ひとえに応援して
くださる皆様のお陰でしか
ないと思っております

FullSizeRender

来月も、父の50回忌を控え、
何かと忙しいとは思います。

9月は彼岸花の赤、そして、
10月は父の命日を彩る赤い
鶏頭の花が、鮮やかな命を
新たに吹き込んでくれると
信じている私でありますが、
どうか、私にとって大切な
皆様もお元気に季節の色を
塗り替えて、最後の時まで
赤々とした命の炎を燃やし
続けてほしいと願います

FullSizeRender

ご先祖様、所縁のご精霊の
皆様、呉々もお気をつけて
霊界へお帰りくださいませ。

また春のお彼岸の例会には
霊界からお越しくださいね。

FullSizeRender



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ