タグ:審査員

FullSizeRender













【本日お薦めの逸曲№14】

 雨の日のひとりごと

「八神純子」

作詞:八神純子
作曲:萩田光雄

リリース 1974.12.10
デビュー曲

第8回ヤマハポピュラー
コンテスト優秀曲賞
第5回世界歌謡祭出場曲

インターネットTV歌番組
ミナキーの洒落と歌の日々

2020.6.17㈬第221回放送
テーマ:雨の歌特集

こちらからもご覧頂けます。
  ↓  ↓  ↓  ↓
https://www.ustream.tv/recorded/126968044

IMG_3696














当時「ポプコン」と
呼ばれていたヤマハの
コンテストに、1982年5月、
私も審査員として参加した
ことがありましたが、
その時は「あみん」さんの
「待つわ」がグランプリを
獲得し、大ヒットしました。

銀座で弾き語りをしながら、
作詞作曲家として、仕事を
こなしていた私は、青春の
真っ只中で、公私共に充実、
一番輝いていた時でした

img062





















あれから38年…

あっという間に月日が流れ、
相変わらずの毎日ですが、
雨の日もあれば、晴れの日、
風の日、雪の日、曇りの日、
雷の日…天に明日を委ねて
今日まで生きて来た私です。

辛いことや、悲しいことは
雨の日にそっと呟き、また
これからも、皆様と一緒に、
頑張ってゆくつもりです

宜しくお願い致しますね

今日も最後まで、ご覧頂き
ありがとうございました


ハートに折ったページに懐中時計 モノクロ








































    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

カラオケしている赤い女性20141020



















皆様、今晩は。

昨夜は、忙しくて疲れて、ブログ部屋に来ることが出来ませんでした。

今日は、連日の睡眠不足を「ゼナ」で補い、伊藤楽器のカラオケ大会に
死ぬ気で出掛けたものの、爽やかな青空とは裏腹に、気分はブルー。

誰が聴いても、感動するような表現力と歌唱を発揮出来た優勝候補の
私の生徒さん2人が、優勝するどころか、他の賞にすら入らなかったのです。

スポーツなどの速さや点数などを競うものと違って、歌や芸術は、感性で
決まる「勝負の無い勝負」ですから、優勝などの「結果」は審査員の主観に
全て委ねられてしまう訳で、それが「正解」でも「不正解」でもありません。

賞に入った方は、たまたま、その審査員の好みだったり、感性が合う歌い方
だったということであり、素直に喜べばいいし、惜しくも賞に漏れた方は、
今日の審査員の方と、相性が合わなかったのだと思えば良いでしょう。

それにしても、です・・・。

でも、慰めでも何でもなく、多くの方々がその生徒さんの優勝を信じ、私も
間違いないと思うほど、最高の出来映えだったのですから、今日の歌唱に
自信を持って、この先も、皆に感動を与え続けて行ってほしいと願うばかりです。

そんな訳で、今日は人間らしく(笑)「ヤケ酒」。 そして、明日はスッキリ!!

「たんぽぽ教室」は明日13時からですよ~ 頑張るゾッと!\(^o^)/

★カラオケ「発表の部」「審査の部」 共に、参加者募集!
詳細は<手をつなごう会>事務局 ☎047-711-7690 まで。
img320
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ