タグ:引っ越し

レトロなピンク☎20131003













電話が鳴った…

六畳一間の
何も無い部屋の床の真ん中に

ポツンと取り残された電話器が
まるで生き物のように声を上げた

誰だろう?

5年間住み慣れたこの借家を
今 出て行こうとしている時に…


「もしもし…」

「もしもし、俺。」

「あ…」

「本当に結婚するんか?」

「うん…」

「考え直してくれんかのう」

「そんなこと言われても、つき合ってた訳でもないし。」

「幸せにするから…」

「だからね…私はもう…」

「俺と結婚してくれ」

「何言ってんの? ごめん…もう行かなくちゃ…」

「どんな奴なんだ?」

「やさしい人だよ」

「頼む!俺と一緒にいてくれ!行かないでくれよ!」

「ごめんね!みんな待ってるから…切るよ サヨナラ。」

「待ってくれ!…愛してるんだ!」


やめてよ…なんだっていうの…

勝手にアツくなって
急に そんなこと言われても…


タンスも 机も 冷蔵庫も 荷物はすべて
トラックに積み込んだ

カーペットも剥がされた がらんどうの板の間で
まだ電話は鳴り続けている

私が冷たいわけじゃない
あの人が勝手なだけだ

勝手にそんな…思い込まれても困る
まるで私が悪者みたいじゃないの…


あの人が 私を好きだったのは知っていた

でも デートらしいデートもしたことがないのに
いきなり愛してるなんて言われても…

それも 引っ越しの日の何も無い部屋で


あの人の勝ちだ

あの電話を使って 私に魔法をかけたんだ…

切ない愛の叫びを この胸に埋め込んで
いつの間にか 私の心に棲みついていたあの人

あの日 あの部屋にあったものは
電話と あの人の声と 「愛」らしきもの

そして 私の「同情」らしきもの

あれから長い時間をかけて
あの日の切なさが あの人への
「愛」らしきものに変わろうとしている…

あの人の勝ちだ

引っ越しの日の何も無い部屋は
あの人に味方した

あの電話に今日の日を仕掛けたのは
いったい誰なんだろう

あの人? 神様? もう一人の私?

10月の陽だまりの中で
狼狽している愛を抱えながら

二度と会えないあの人を想ふ… 





皆様、こんにちは(^o^)丿
キャンディーズの「微笑がえし」をバックに、お引越し、無事に済みました~!

今日から、ミナキーのブログ・ハウスの大家さんは「ライブドア」さんです。

新居のドアを開けると、そこは、ミナキーの「ライブハウス」!

まだ、勝手が分からず(お勝手はどこ!?…)、ミスもあるかと思いますが、
心癒す素敵な歌と、心酔わす美味しいお酒をご紹介しながら
花の心で皆様の至福のひとときをおもてなしさせて頂きたいと思っております。

 皆様のお越しを心よりお待ち致しておりますよ~\(^o^)/よろしく!!

さて、今日は3月30日ということで、やはりこの歌を聴き、
フランシーヌさんの反戦への思いというものを味わってみたいと思います。

 ちょうど45年前にもなりますが、ベトナム戦争への抗議としての焼身自殺。

当時は反戦運動が盛んで、フランシーヌさんのように
命を賭けての行動も多かったように思われます。

でも、残念なことに、愚かなことに、未だ、戦争は世界各地で続いています。

フランシーヌさんも含めて、戦争による様々な犠牲者のおみたまが
真の成仏を得られるのは、仇を討ってあげることではなく、
武器や兵器の無い平和な世界にすることなのだということを知ってあげれば、
その命も浄化することが出来るはずなのです。

年々多くなっている異常気象による自然災害は、
嘆き苦しむ犠牲者たちの慟哭がもたらす霊的現象でもあるのでは?…

憎しみの輪廻を断ち切らねば、やがて人類は滅亡してしまうでしょう。

相手を許す勇気こそが、最大の平和への行動だと、私は思います。

今日は、「ライブハウス」というよりは「歌声喫茶」みたいな雰囲気かしら?

新谷のり子さんの懐かしい歌声で「フランシーヌの場合は」を聴きながら、
共に歌いましょうか(^^♪  平和への祈りを込めて…

新谷さんの場合は「フランシーヌの場合は」ですが(笑)、
ミナキーの場合は、もちろん「手をつなごう」で平和活動をしてまいります!

皆様、応援してくださいね(^o^)人(^o^)人(^o^)
       
c36a80f0.jpg
 


このページのトップヘ