タグ:忙しい

春の空と梅 20150311












皆様、今晩は。

今日もまた忙しさに追われ、
家の片づけが出来ませんでした。

この数年で、ゴミ部屋と化した
寝床と着替え室を今年こそは
綺麗にしようと思っていたのに
次から次へと押し寄せて来る用事。

良いことも、悪いことも含めて
年がら年中、問題に振り回されて
パニック状態の私ではありますが、
相変わらず、驚異の3時間睡眠で
風邪一つ引かず、頑張っております。

「忙しい」と「睡眠不足」は、
結局は自慢だと人は言いますが、
確かにそうかもしれません(笑)

「大変だね」「すごいわね」等と
言ってもらえると嬉しかったりして。

でも、この状況は何とか変えて
行かなければ…と、年の節目には
思うのでありますが、節分を明日に
控え、せいぜい柊鰯を玄関に飾り、
恵方巻をかぶりつくという儀式で、
立春を迎えることを許して頂こうと
開き直る情けない私がいるのです。

明日は、皆様も豆まきをしたり、
恵方巻を食べたり、神社へ参拝に
行かれたりとお忙しいでしょうが、
高齢の方は特に、年の数だけ豆を
食べてお腹を壊さないように(笑)

二月イラスト 2016①
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

f2df7a99.jpg











皆様、こん…ばんは。
まだ夕方5時前だというのに、すっかり暗くなり、寒々とした景色が広がっています。

今日木曜日は、個人レッスン日。
ちょうど今、生徒さんが帰られて、次の方を待っているところでありまして、
あれやこれやと、スケジュール調整を行いながら、沈む夕日を目で追いかけていたら、
あっと言う間に、真っ暗…10日後は「冬至」ですものね、暗くなるのが早いはずです。

12月も半ばに入りますと、忙しさに加速がついて、誰も彼もが半狂乱みたいに、
「忙しい、忙しい」を連発、本当に忙しいのか、そのムードに乗せられているのか、
人間の滑稽さを感じるシーズンでもあり、面白いと言えば面白い「師走」であります。

仏教徒であろうが、クリスマス! なかなか柔軟な日本人の12月の煌びやかさ。

綺麗な物は、とりあえず大好きな私ですから、少しだけクリスマスっぽいお飾りを
玄関に施してみましたが、子供の頃の夢が蘇り、胸がキュンとして静かに感動…

サンタさん、今年は来てくれるかしら? いつになく寂しい今年のクリスマス…

本当は、自分がサンタさんにならなければならないのに、
なかなか思うように行かない運命を、呪いたくなる時も正直ありますが、
ここまで来たのだからもう少し…その繰り返しが出来るだけでも、人生、
まだまだ捨てたもんじゃないと思って、頑張るしかありませんね。

さんざん苦労したサンタクロースのクリスマスプレゼントは(笑)、
愛がいっぱいですよ~\(^o^)/  皆様、楽しみにしていてくださいね~

では、またレッスン後に、お会い致しましょう!

クリスマスおとぎの国3.


















    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ガラスの真空瓶から飛び出す蝶々

















皆様、今晩は。

夕暮れの風が、昼間の熱を宿している家具たちの表面を撫でて、
網戸越しに、南の窓から北の窓へと通り抜けて行きます。

猛暑、酷暑の今年の夏も、ここに来て若干、勢力が落ちつつあると
感じられるようになって来た、葉の落ちる月、葉月19日の宵ですが、
皆様の体力は如何でしょうか? 落ちていないことを、祈ります。


ところで、皆様は常にお忙しいですか?

「忙しい」が口癖の人は、私の周りにたくさんいます…と、言うより、
殆どが、ビョーキのように?「忙しくて、それどころじゃない!」と、
半分、疲れた顔で、そして、半分、誇らしげな感じで?言い放つ
その相手の表情を拝見していると、あぁ、元気そうで何よりだな…と、
妙に安心してしまうのです。普通、心配するらしいのですが…。

「忙しくて死にそう」は、元気な証拠。

危険なのは「退屈で死にそう」という人。

  【笑顔で「忙しい自慢」をしよう】

今日の食い扶持を稼がなければ生きて行けない者から見れば、
生活に困らず、あらゆる遊びに飽きて「退屈だ」なんて言っていられる
御身分の方が羨ましいところですが、そういった裕福な人の方が、
「鬱」になりやすく、「認知症」を引き起こす可能性が高いとの声を聞くと、
生きる為に死にそうな?忙しさを、天から賜っている我々は、
「忙しい不満」を排除し、もっと笑顔で「忙しい自慢」をすべきだと思うのです。
そして、幸せであることを認知し、感謝して「忙しさ」に身を投じる…

認知症にならない為にも、毎日、1つでいいから
<幸せの認知>をすると良いですね。

例えば、「今日も忙しくて何も出来なかった…」と、後悔している人は、
何をしていて忙しかったのか…を、振り返ってみると、
ささやかなことであっても、今日したことが、
目標としている大きな仕事の大事な部分の1つであったということに気が付き、
ちょっとした充実を得られることでしょう。

  【危険な「退屈」】

生き物は、感覚的な刺激をたえず求めていると言います。
単細胞のアメーバーでさえも、新しい光や熱を求めて
動き回ると言うのですから、自然界から隔絶され、
精神的な刺激を得られなくなった動物は、単調で危険な行動を
繰り返すようになるのも当然、動物園の動物たちが狭いオリの中で、
狂ったようにうろつき回ったり、自らの毛をむしり取ったり、
と、いった現象が起きるのも、「退屈」のせいだと言われています。

人間だって、檻の中に閉じ込められたら、気が狂ってしまうでしょう。

ただ、幸いなことに、人間は高い知能を持ち、考えることが出来る…
監獄へ入ったとしても、それなりに仕事はあるし、本や筆記道具も与えられ、
辛いながらも、その思いや希望を文章にする時間は得られますから、
その体験を綴った本などを出版して、有名になった方もいたりして、
監視されるというストレスを除けば、動物園の動物たちの「退屈」よりは、
危険が少ないのかもしれませんが、「塀の中」は、お薦め出来ません…。

  【退屈は贅沢?】

「何もしたくない!」「お金ももういらない!」「旅行も飽きた!」
「何を食べても美味しくない!」「欲しいものは何もない!」
「もう、死んじゃいたい!」…毎日このように言っておられる鬱の方が
身近にもおりますが、周りからすると、「贅沢・我が儘病」扱いで、
原因は「退屈」から来てるのに、本当に気の毒な気が致します。

  【したいけれど出来ない。出来るけれどしたくない。】

ゲーテの言葉に、『生活はすべて次の二つのことから成り立っている。
したいけれど出来ない。出来るけれどしたくない。』という、深く頷きたくなる
名言がございますけれど、全く以てその通り!

私の場合、「したいけれど、資金が無くて出来ない」ことばかり。
ま、だから、その資金を稼ぐ為に、貧乏暇無しで、忙しいのですが、
「したいけれど出来ないこと」を出来るようにする為に、
何らかの仕事が出来るということは、やがては、したいことが出来るように
なるかもしれない…と、いう可能性をも秘めている訳で、
「出来るけれどしたくない」よりは、生きて行く上でのパワーを
頂いているという、幸せの認知が常に出来ている状態でありますから、
堂々と、「忙しい自慢」をしたっていいじゃないか!…と、
ひとり呟く、段取りが悪いだけの「忙しぶりっ子・ミナキー」なのでした…。

  【忙しい中高年】

ちなみに、凄い形相で「忙しい!」と、言っている中高年の方の
スケジュール手帳を拝見させて頂いたら、なるほど、びっしり予定が…

月曜:〇〇病院  火曜:カラオケ  水曜:ダンス  木曜:詩吟  
金曜:〇〇歯科  土曜:道の駅巡り  日曜:発表会・イベント等々

この他に、親の介護、孫の世話、旅行、習い事、ボランティア…
確かに忙しいようです…

なんと、皆様、幸せなことでしょう! 

病院に行ける人だって、ある意味、元気だから歩いて行ける、
あの長い待ち時間、耐えられるだけの体力があるから
診察を待っていられるワケで、私なんか、たまに病院に行くと、
具合が悪くなって、病気にでもなったかと、心配して帰って来てしまいます。

内容はどうであれ、「忙しい」と感じることは、
「退屈」と感じることよりも、幸せなことだと思った今日のミナキーでした。

皆様~、今日も一日、お疲れ様~! ラストサマ~! おやすみサマ~!

5a0f41a4.jpg
明後日は満月。

今宵の月も綺麗でしたね。

今月8月は、「葉月」の他に、
「月見月」とも言われております。

段々と、秋の気配が
漂ってまいりました…

夏の疲れが出ませんように。









    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ