タグ:懐かしの

FullSizeRender

















【本日お薦めの逸曲№16】

 シェリー
「ザ・キングトーンズ」

作詞:ボブ・ゴーディオ
作曲:ボブ・ゴーディオ


元歌:フォー・シーズンズ

インターネットTV歌番組
ミナキーの洒落と歌の日々

2020.6.3㈬第219回放送
テーマ:懐かしの洋楽
ポップスカヴァー曲特集

こちらからもご覧頂けます。
  ↓  ↓  ↓  ↓
https://www.ustream.tv/recorded/126839002

IMG_3696











1962年に数週間にわたり、
全米ヒットチャート第1位
を獲得し、大ヒットした
「フォー・シーズンズ」の
「シェリー」のカヴァー。
フォー・シーズンズ「シェリー」ジャケ写











フランキー・バリの強烈な
ファルセットが魅力のこの
曲は、私の尊敬する音楽
プロデューサー、草野浩二
さんが担当された歌手の
九重佑三子さんとダニー
飯田とパラダイスキングの
カヴァーの方が、日本では
大ヒットしましたが、この
ザ・キングトーンズさんの
メインヴォーカルであり、
昨年他界された内田正人
さんのファルセットによる
歌唱も素晴らし過ぎるので、
今回はこちらを選びました。

カヴァーから歌謡ポップス
黄金時代を築き上げたのが、
レジェンド・草野浩二さん。

FullSizeRender




















この番組にも特別に1年間
ご出演くださった草野さん。

所謂、オールディーズと
呼ばれているこの時代の
カヴァーソングは、私も
大好きで、ライブではよく
歌わせて頂いております♬

そのほとんどの曲の訳詞を
手掛けているのが草野さん
の兄でもある漣健児さんで、
元シンコーミュージックの
社長「草野昌一」さんです。

さて、キングトーンズさん
と言えば、1968年ヒット曲
グッド・ナイト・ベイビー
で、フランキー・バリさん
のように、ファルセットが
魅力的なメインヴォーカル、
内田正人さんの歌唱が絶品、
ぜひ、お聴きくださいませ。

改めて、内田正人さんの
ご冥福をお祈り致します。

FullSizeRender































    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

FullSizeRender

















皆様、おはようございます。

インターネットTV歌番組
ミナキーの洒落と歌の日々
第219回は本日20時~21時、
我が教室で収録した動画が
パラオリンクスで編集され、
皆様へのお届けとなります。

今回の企画は、懐かしの
洋楽ポップス&往年の
ポピュラー歌手カヴァー
ソング特集ということで、
スタンダードポップスや、
ジャズ、オールディーズ、
ハワイアンソングなどを
往年の実力派シンガーの
歌声でお送りさせて頂き、
昭和の歌謡ポップス黄金
時代に流行ったお洒落な
歌番組のような雰囲気を
味わって頂ければ嬉しく、
今日の放送を、私自身も
楽しみにしている次第です。

万が一、視聴しそびれても、
パソコン・スマホで世界中
どこでもいつでも何度でも
再放送がご覧になれます!

新型コロナウィルスによる
放送局の封鎖が解除となる
まで、今しばらく教室から
番組を配信してまいります。

どうぞ宜しくお願いします。

IMG_3696






























    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

FullSizeRender

インターネットTV歌番組
ミナキーの洒落と歌の日々
第187回【セットリスト】

ゲスト:井上喜夫様
日本クラウン元ディレクター

テーマ:懐かしの青春歌謡
日本クラウン所属歌手特集
彼岸花の歌・名曲集

こちらからご覧頂けます💁‍♀️
   ↓    ↓    ↓    ↓    ↓


1.君だけを『西郷輝彦』
FullSizeRender

2.三日月のバロック
『西郷輝彦』
FullSizeRender

3.裁き『美川憲一』
FullSizeRender

4.お金をちょうだい
『美川憲一』
FullSizeRender

5.いたずらっぽい目
『由美かおる』
FullSizeRender

6.花はおそかった
『美樹克彦』
FullSizeRender

7.夜明けの停車場
『石橋正次』
FullSizeRender

8.チンガラホケキョーの唄
『渥美清』
FullSizeRender

9.昭和最後の秋のこと
『桂銀淑』
FullSizeRender

10.彼岸花『森昌子』
FullSizeRender

11.旅愁『島津亜矢』
FullSizeRender

12.彼岸花の咲く頃
『中澤卓也』
FullSizeRender

13.彼岸花より紅く
『倉橋ルイ子』
FullSizeRender

如何でしたでしょうか?

日本クラウン元ディレクター
井上喜夫さんのお話は大変
面白く、活気溢れる昭和と
いう時代の流行歌にはまだ
カタチこそ変われど純粋な
愛と呼べるものが息づいて
いたと感じさせられました。


FullSizeRender



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ