タグ:打ち上げ

8519e91d.jpg













皆様、今晩は。

今日は個人レッスンの日でした。

レッスン後、先日のコンサートの
打ち上げも兼ねて、三鶴さんで
お食事会を愉しみました

99ccc418.jpg













今月もあと僅か…

慌しくも、それなりに充実した
10月ではありましたけど、
年頭に誓った諸々のことが
今年も出来ず仕舞いに終わるのか
…と、思うと情けなくなります。

2f1bbfe8.jpg













ま、目的は果たせずとも、無事、
今日まで生きて来られたのだから
良しとしなくてはいけませんね

大事な生徒さんたちと一緒に
美味しい時間を共有出来ただけでも
今日という日の値打ちがあります。

心寄せ合える人がいることに感謝!
美味しいものを頂けることに感謝!

92b9fe0a.jpg



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

b0ef5168.jpg





























皆様、今晩は。

「日韓文化交流Festival」が無事終わり、
まだ余韻も冷めない内に、私のライブの
企画が持ち上がり、打ち上げを兼ねて、
打ち合わせに行ってまいりました。(笑)

5年前の韓国クンポ市民会館で行われた
コンサートが好評だったことから、
また韓国でとの話も出ましたが、先ずは
東京で、Kポップの歌手の方々と共演し、
イムさんの目指すところのステージ実現に
向けて企画を練って行くことになりました。

いつものように話が弾み、一次会では
「とんかね」さんの美味しいとんかつや
お刺身や煮物で、至福の時間を過ごし、
二次会では「やすらぎ」さんで盛り上がり、
三次会では初めて伺った居酒屋さんで
美味しい餃子と日本酒にとどめを刺された
肝臓と共に(笑)、深夜までお付き合いし、
よろよろと帰宅、寝たのが朝7時頃という、
青春時代を彷彿とさせるひと時を、久々に
味わった「打ち上げ&打ち合わせ」でした。

ところで、メニューに「桔梗」があったので
注文すると、キムチのような漬物でした。

桔梗の花を韓国語で「トラジ」と言い、
その根っこを食べるのですが、食感は良く、
漢方薬としても、身体に良いとのことで、
かなり辛そうでしたが、頂いてみることに。

喉には悪そうなので、少し頂き、代わりに
「トラジ」を歌ってみようと思いましたが、
出て来るメロディーは「アリラン」ばかり。

そんな訳で、「アリラン」と共に世界でも
有名な韓国民謡の「トラジ」を聴きながら、
今夜は、一日の疲れを癒し、明日への
パワーを補充させて頂こうと思います。

皆様、今日も一日、お疲れ様でした~

 
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

青ピンク黄グリーンのチョークで土に描いた♡














皆様、今晩は。


音楽の仕事をしている人たちの多くは、仕事の後の打ち上げが
楽しみで、仕事をしているようなもの…と、言いますが、解るな~

特に、仲間内のスタッフになってから「お疲れさま~」の乾杯の、
あのビールの味は格別ですもの!そして、次に地酒と美味しい料理…

でも、今日は、初めてのスタッフの方々でしたので、わがままも言えず、
借りて来た猫のように、おとなしく仕事をして帰って来たのでありました(笑)。

ま、仕事をさせて頂いただけでも、本当にありがたいことです。
色々な方たちとも、お会い出来て、人間観察が出来、愉しかったし、
30日に行われるショーの参考にも、反省にもなりましたから。

宴会の余興で歌うというのは、ある程度の覚悟と観念が要ります。

先ずは、殆どの方々が話をしているか、食べたり飲んだりしている中で、
余計なことに気を使いながら歌わなくてはならないという覚悟と観念。

私自身がディナーショーを見に行くのが苦手な訳は、食事中、歌手に
気を使いながら、食べなくてはならないという面倒臭さがあるからです。
歌手の方が歌い終わると、持っている箸やフォークを、慌てて置いて、
儀礼的な拍手を贈る…と言う作業が、時に苦痛に感じることも…。

ですから、お客様には「そのまま召し上がっていてくださいね~
拍手は要りませんよ~」等と、お伝えしながら歌うこともしばしば…
いつでも、お客様や相手の立場になって、自分のメッセージを
伝えることに気を使い、歌を歌ったり、話をさせて頂いております。

次に、一般宴会用の、劣悪な音響と環境で歌わされる覚悟と観念。

今日も、うっかり、マイマイクを忘れて行ってしまいましたが、
音響の機械そのものが、そういったレベルではなかったので、
それなりに、一生懸命歌わせて頂くしかないという覚悟と観念。

歌のゲストとして、イベントの主催者から招かれる喜びと、
コンサートの主役として、自分がゲスト(お客様)を招く喜び…
どちらもそれぞれに大変ではありますが、喜びには変わりありません。

ただ、自分のコンサートには、私の歌が聴きたいと思ってくれている人が
集まって来てくれている訳ですから、こちら側も変な気は使わずに済みますし、
落ち着いて、楽しく、得意の駄洒落も連発したりして、盛会に終わるのですが、
ある意味、部外者として出演させて頂く、今日のようなステージの場合は、
やはり、お客様の反応が気になりまして、いつものような訳には行きません。

たまたま、ツイッターで知り合ったnemoさんという方から、一昨日、
こちらを向いてくれない人や、眼をそらして話す人へのメッセージを
どのように発信しているのか…というようなご質問を頂いたばかりで、
そのタイムリーさに驚いている次第でありますが、こちらを向かなくても、
耳は、心は、きっと傾けてくれているに違いないと信じて、ただひたすらに
話し、歌い、思いを真剣に発信していれば、それなりの応えは意外とすぐ、
返って来るのだということを、今日のステージでも感じ取ることが出来ました。

ハッキリ言って、今日のお客様も、こちらを向いて私の歌を真剣に
聴いてくださっている方は少ないように思え、少々ガッカリしましたが、
後で、お声をかけてくださった方の中には、社交辞令もあるでしょうけど、
ああ…けっこう心を傾けて聴いていてくださってたんだなぁ…と、思われる
感想やコメントをくださった方もいらして、感動することしきり…

若い頃には、全ての人を振り向かせよう、大ヒットを飛ばそうと、
躍起になって、自分が持っている力以上のことをしようとし過ぎ、
それが思うようにいかず、悩んだりしたものでしたが、
今は、自分を信じつつ、気負うことなく、驕ることなく、その日、
そこにいた人たちの中のたった一人の人だけにでもいいから…
と、いうような気持ちのもとに、一生懸命、誠実に、歌や作品、
そして、ブログで、メッセージを送り続けている私がおります。

一昨日のTV収録の際も、カメラの向こうの見えない相手に向かって
<手をつなごう>のメッセージを送った訳ですけれども、
きっと、この思いは伝わると信じて、歌わさせて頂きました。

目の前にいても、こちらを向いてくれない人には…

『目には目を、歯には歯を』ではなく、思いやりを持って、
『目には詞を、歯には微笑を、耳には歌を、心には全てを』 

捉われ過ぎず、根気よく接してまいりたいと思っております。

今日も、お世話になった方々へ…心より感謝申し上げます。

おやすみなさ~い☆彡 

d76be29e.jpg











※ 上の写真は、「うお処・兆一」さんのお通しの写真です。
こんな夜は、たまらなく「兆一」さんに行きたい!

あ、先日の「兆一」さんでの記事、明後日アップ予定です。

明日は、吉祥寺から中継予定。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ