d66b8a0a.jpg













皆様、今晩は。

第三金曜日は「まほうの家」の
ボイトレ&歌謡教室レッスン日。

今日も入居者の皆さんを中心に、
リハビリも兼ねての発声訓練や
発音・活舌・呼吸法等の訓練後、
懐メロの歌唱指導を行ないました。

課題曲は田端義夫さんのヒット曲
「かえり船」でしたが、もちろん
聴いたことはあっても、歌うのは
初めてで、詞の内容すら知らず、
てっきり漠然と、海の歌、船の歌、
漁師さんの歌だとばかり思い込んで
いたので、今日改めて歌詞を拝見し、
戦地からの引き揚げ船の歌だったと
知り、涙が込み上げてまいりました。

反戦歌の一環として歌わさせて頂く
懐メロの中に「星の流れに」がある
私ですが「かえり船」と同じ作詞家
『清水みのる』さんが作られたもの
ということも、今日初めて知らされ、
私自身も勉強になった今日でした。

高齢の男性の入居者の方々に最後、
仕上げの歌唱をして頂いたところ、
お若い時に耳にしておられたせいか、
お上手にお歌いになられた方が多く、
中には泣き出してしまわれた方も…

故国に帰ることの出来ぬ戦友を思い、
故国で待つ家族を思い、戦争という
悲惨な体験に打ちひしがれながらも、
波の背の背にゆられてゆれて故国に
帰る途中の船上で「あの娘」への
思慕を募らせ、熱い涙を流す主人公。

日頃は平和の歌<手をつなごう>を
歌い、穏やかに反戦を唱えている
私ですけど、こういった懐メロにも
穏やかな反戦歌があり、胸を打つ
名曲が沢山あることを知りました。