タグ:新曲

FullSizeRender




























皆様、今晩は。

新型コロナウィルスの
終息も見えない最中に
新曲を出そうとしている私。

それは、今年がデビュー
40周年であり、これまで
10周年も、20周年も、
30周年もやらずに来た
自分の仕事へのケジメで、
たまたま新型コロナという
ウィルスと遭遇しただけの
ことだから、それを理由に
やめる訳には行かないし、
50周年まで生きていられる
保証も無いので、年内に
是が非でも、記念の新曲を
出さなければ、死んでも
死に切れないという訳です。

「三面鏡」をリリースした
2011年は、東日本大震災に、
そして、今年は新型コロナ
ウィルスに行く手を阻まれ、
子供の頃からタイミングの
悪さに泣かされて来た私の
人生を象徴する形となった
デビュー40周年記念新曲の
レコーディングが終わって、
とりあえずは安心しました。

でも、最初のスタジオから
新型コロナウィルス感染の
一報が来た時は、またかと
運の悪さを嘆きましたけど、
いつも通り何とかなる私の
不幸中の幸いパワーを感じ、
逆響に立ち向かう勇気が
漲ったのを覚えています。

泣いても笑っても、もう
歌うしかない!(笑)🎤🎶

また逆境の中、船出します。

皆様の応援が力となります。

どうか力を貸してください。


FullSizeRender





















































    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ト音記号モノクロ20140620













皆様、今晩は。

新型コロナに関係なく、
何やら色々忙しく過ぎた
3月後半から今日までの
6ヵ月間でありましたが、
こんな時期に新曲を出す
私の逆境人生はまだまだ
止まりそうにありません💧

…っていうか、明日はその
新曲のレコーディングの日。

昨日も早速、予定していた
スタジオが、コロナ感染で
使えなくなるし、何か必ず、
私の人生の節目には起こる
という因縁を抱えながらも、
めげずに懲りずに何度でも
立ち向かうのが私の性分で、
何とか別のスタジオを探し、
明日は2曲、明後日は4曲、
レコーディングの予定です。

今、メインの曲の詞が完成、
1人、悦に入っております。

ハッキリ言って自信作(笑)

いつもそうなんですけど、
シンガーソングライターと
言っても、私は作詞作曲家
として、大御所の先生方や、
レジェンドディレクターに、
作品を認めて頂いたという
自負がありまして、どんな
歌手の方にでも手抜きせず、
渾身の力と愛情を注ぎ込み、
作らせて頂いております。

明日は、自分への提供曲と
なりますが、いつもと同様、
素晴らしい出来に仕上がり、
清書前の小自慢ブログを
書かせて頂いた次第です

皆様は如何お過ごしですか。

では、また明日のご報告を
楽しみにしていて下さいね。

今日も一日お疲れ様でした。

FullSizeRender




































    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

サーモンバラゴールドカップ














毎年、この日が来ると、
岡村さんの苦しみや
無念の涙を思い起こし、
胸が潰れそうになります。

「手をつなごう」という
多くの人たちから、今も
絶賛してもらえる平和の
歌を作らせて頂いた恩人、
岡村勝輔さんは、99%、
私と似ている性格だと
思ってくれて、私もそう
感じていただけに、突然
亡くなられてしまわれた時、
自分自身が半分無くなって
しまったような感覚に
捉われ、あまりの悲しみに
しばらく立ち直れなくて
周囲の人々を心配させて
しまうほどだったのが
いつの間にか、また歌に
助けられ、6年が過ぎて、
今年7回忌を迎えることに。

img133














月日が経つのは早いもので、
あまりにも思い出が多過ぎ、
語り尽くせないほどですが、
当時、一緒に目指した夢を
あきらめず、頑張っている
私を見守っていてくれると
信じ、久々に新曲を作り、
12月にリリース予定です

デビュー40周年記念曲は
マネージャーも太鼓判を
押してくれている詩曲で
お洒落でありながらも、
力強い愛の歌であります

次の曲を準備していたのに
出してやれなかったという
無念と共に逝ってしまった
岡村さんを安心させたくて
一生懸命頑張って来ました。

その作品は私ではない人に
泣く泣く提供しましたけど、
やっとこうして新しく曲を
書かせてもらい、ご褒美に
自分自身が出すことに決め、
準備を進めてるところです。

レコードをかけている。針














最期のお別れの時、ふいに
棺の中で流した岡村さんの
涙を一生忘れないでしょう。

その涙が喜びの涙に変わる
よう、またも逆境に向かい、
進もうとしているこの私を
どうか守っていて下さいね。

合掌。

img028





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ