タグ:日本武道館

砂に書いたI Lov You













皆様、今晩は。

音楽業界も、この10年ですっかり様変わり。

特に、この数年は、自分の生活習慣さえも
激変してしまい、何が何だか分からぬまま、
とりあえず、目の前に示されたありがたい
仕事をお引き受けしている毎日であります。

皆様の毎日はどのような感じでしょうか?

さて、明日はCD発売日でもある水曜日。
そんなギョーカイであっても新曲は出ます。

30代、40代を中心に根強いファンを持つ
<DEEN>も、44枚目のニューシングル
『ずっと伝えたかったI love you』を発売、
tvk「ありがとッ!」(12:00~14:00)の
音楽コーナー「オトモノ!」に秀ちゃんが
生出演致しますので、ぜひ、ご覧ください。

それにしても、一昨年、あの幻の名曲を
発表されるのかと思い、プロデューサーと
一緒に武道館へ足を運んだのにお蔵入り?

結局このまま、あの名曲が日の目を浴びず、
埋もれてしまうのか…それとも出す機会を
狙っているのか?…お蔵入り楽曲を専門に
抱えている私としては(笑)人のことながら
非常に気がかりな上に、残念でなりません。

今回の曲も、ファン好みの素敵な作品では
あるけれど、個人的には大人の雰囲気の
漂うSwingのノリで、秀ちゃん独特のあの
こくまろvoice(笑)にぴったりの作品を
再度聴きたいと切望する大人過ぎな私です。

でも、毎年武道館でライブをされるなんて、
本当に素晴らしく、ご立派なことですね!

いつもオフィシャルサイトを拝見する度、
そのセンスの良さに感心してしまいます。

<DEEN>は、素晴らしいスタッフと
ファンの皆様に支えられているのですね!

いつの日か、池森秀一さんの歌声で、
あの幻の名曲が聴けることを楽しみに、
これからも<DEEN>を応援し続けます。

『DEEN LIVE JOY Special
日本武道館 2015』 10月11日(日)18:00

あと5日!素敵なステージを期待してます。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5fb53411.jpg31550fba.jpgd4ef9645.jpg












皆様、今晩は。

今、外に出てみたら、しとしとと雨が・・・
気温もだいぶ下がり、久々に冷房をかけずに眠れそうです。

c8df365e.jpg
  今日は、伊藤楽器のレッスン後、
  『あがりゃんせ』さんで会食。

  なかなか手に入らない山形の銘酒
  《十四代・七垂二十貫》をご馳走になり、
  ちょっとお疲れ気味?の、心身に、
  元気を頂いて、帰ってまいりました。

  酒の肴は、イカの肝を凍らせた珍味。
  これが実に美味しく、自慢の塩辛と共に、
  他の店では味わえない逸品です。

  
さて、先週は、20日、中野サンプラザで行われた「西城秀樹」さん他、
往年の歌手の皆さんたちのコンサート、そして、23日、最年長記録を
更新した77歳の若大将「加山雄三」さんの単独日本武道館ライブ、と、
贅沢にも2回、観客として愉しませて頂いたそれぞれのステージでの
熱い感動が、夏の終わりの花火の如く鮮やかに、胸を彩ってくれました。

Kichan 鮮やかな色の花火 20140827











奇しくも、若くして、2回も「脳梗塞」で倒れられた「西城秀樹」さんと、
77歳にして元気はつらつ、豊かな才能を意のままに活動されている
「加山雄三」さんのステージを、この短期間に拝見させて頂く機会に
恵まれた訳ですけれども、どちらもその存在は私たちを勇気づける
ものであり、心からお二人に敬意を表すると共に、それぞれの限界まで、
少しでも長く頑張って頂きたいと願いながら、応援してまいりました。

私も、誰かの心を勇気づけたり、支えたり出来る人間になりたいと、
常々思っていながら「不運」に泣くことが多く、応援してくださる方々に
なかなか恩返しすることが出来ず、もどかしい毎日を送っております。

試練と言うにはあまりに惨く、哀しい出来事が多過ぎる人生・・・
何を信じて良いのか、時々、押し潰されそうになる心を抱えながら、
辛うじて今日の命を存続出来たことに、ただただ感謝するばかりです。

皆様の今日は如何でしたか?命を輝かせることが出来ましたか?

「生かされている」ことの役割を信じ、「西城秀樹」さんや「加山雄三」さんを
見習って、与えられた環境の中で精いっぱい夢に向かって努力を続ける・・・

それが、様々な困難や障害を打破する「祈り」にも似た私の命の輝かせ方です。




MESSAGE~加山雄三 J-Standardを歌う~
加山雄三
Dreamusic
2013-07-03


CD/水木翔子/三面鏡/今日は久しぶりに/TKCA-90438
CD/水木翔子/三面鏡/今日は久しぶりに/TKCA-90438


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

683dc034.jpg












皆様、今晩は。

どのように書き始めようか、まだ興奮が覚めやらぬ私ではありますけど、
この感動を先延ばしにはしたくない一心で、ブログ部屋にまいりました。

77歳喜寿のお祝いも兼ねた<加山雄三 LIVE in 日本武道館>は、
2014年8月23日(土)、観客の皆様に、夢と勇気と感動を与え、無事、
大成功に終わりまして、その余韻に浸っているところでございます。

とにかく、若い!カッコいい!77歳でありながら、あれだけの歌唱力と、
ギター、ピアノ、ウクレレ等の楽器を弾きこなす能力を持続され、加えて、
衰えぬ記憶力・・・45曲のセットリストを、順番も間違えずに進めてゆく、
その「間」のテンポの良さに、感心頻り・・・何もかもが勉強になりました。

この頃、往年の歌手が懐かしい持ち歌を歌っているのを、テレビ等で
拝見することがありますが、聴いていられなくなるほどの歌唱力に
愕然となり、プロとして恥ずかしくないのかと思うことが多々あります。

歳のせい?・・・いやいや、うちの生徒さんは、年配の方でも年々、
上達してゆくし、私だって、まだまだ開発の余地は残っております(笑)

心当たりのある歌手の方は、「加山雄三」さんを見習って、プロらしく、
発声、歌唱力を磨く訓練をされ、懐かしいあの歌を、私たちの耳に
気持ち良く安定した歌い方で届けて頂けたら、どんなに嬉しいでしょう。

過去の栄光に留まらぬ向上心、探究心を持ち続けることこそが、
今の能力をキープし、さらなる上達へのステップを踏む鍵となることを
今日の「加山雄三」さんの「これが本道」とも言える<LIVE>から学び、
『若大将』の称号は、永久不滅に彼のものであると、確信した次第です。

実は今日、殆どずっとステージを見上げ、腕を高くして手拍子や応援を
続けていたせいか、首と腕と肩甲骨が痛くなって来てしまいました・・・

その上、前半のステージでは、歌詞も殆ど覚えている曲ばかりでして、
ついつい加山さんと一緒に歌っておりましたら、キーが違うこともあり、
咽喉に負担がかかって、今になって疲れが・・・いや、この気怠さは?・・・
そうだ!・・・帰りに寄った『兆一』さんで、美味しい利き酒を呑んだから?

「一白水成」、「東洋美人」、「鍋島」、どれも、心まで潤わせてくれる銘酒。

「加山雄三」さんの記念すべき77歳のLIVEが観られ、大好きな『兆一』さんで
美味しい利き酒が呑めて、今日は何というハッピーな日だったのでしょう!

あ、そうそう、ステージの最後の方で、「桑田佳祐」さんが花束を持って登場!
「加山」さんには知らされていなかったみたいで、驚きと喜びで感激しつつ、
<君といつまでも>を二人で熱唱され、会場はさらに熱気に包まれました。

余談ですが、私の作曲の原点は「弾厚作」さん、つまり「加山雄三」さんで、
今日歌われた曲以外にもたくさんの名曲があり、ずい分影響を受けました。

そして、「桑田佳祐」さんのメロディーも、懐かしい味があって大好きです。
お洒落なセンスと、バタ臭い哀愁が、バランス良く漂う曲調に惚れてます。

あ・・・また長くなってしまいましたね。この続きはまた明日!(^.^)/~~~

(祝)77歳喜寿記念に「加山雄三・オリジナル・ワイン」を頂きました~
694e4a44.jpg9d36249d.jpg988dedbb.jpg


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ